お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気
  4. 大阪ガス
  5. 大阪ガスの電気は一人暮らしにおすすめ?料金比較でわかったメリット・デメリット。セットでお得なのかも徹底検証!
\ たった10秒! /
お得な電力会社が見つかる料金シミュレーション
電気
咲山美穂子 2022年9月16日

大阪ガスの電気は一人暮らしにおすすめ?料金比較でわかったメリット・デメリット。セットでお得なのかも徹底検証!

大阪ガスの電気は一人暮らしにおすすめ?料金比較でわかったメリット・デメリット。セットでお得なのかも徹底検証!

「自分は一人暮らしだけど、大阪ガスの電気はどんな人が合ってる?」そんな疑問をお持ちのみなさん。

結論、大阪ガスはAmazon PrimeやABEMAなどのサブスクをお得に契約できたりdポイントなどのポイントが貯まるプランがあり、電気やガスの使用量が多くない一人暮らしの方でもそのようなサービスを活用できる方におすすめができます。

また、経営基盤やサービスにも定評がある誰もが知る大手会社のため、初めての新電力への切り替えにも安心と言えるでしょう。

この記事を読めば、一人暮らしの方が大阪ガスに乗り換えると安くなるのか、ガスとのセットについてもお分かりいただけます。

良い面も悪い面も紹介していくので、ホームページを見てもよくわからなかったという方にこそぜひ、読んでいただきたいです。

咲山美穂子
執筆者
ネット・電気・ガス全般に精通するインフラアドバイザー
咲山美穂子 プロフィール

某新電力会社で営業中、自社の電気を万人におすすめしていることに疑問を抱き、ひとりひとりに合った電気の紹介がしたい!とWebライターに。また、携帯販売員としての経験もあり。企業側もユーザー側も経験しているからこそ見える幅広い視点で、フラットに電気やガス、ネット会社を紹介していきます!気になったことはとことん調べ上げる性。隈なくリサーチした結果をもとにわかりやすく紹介していきます。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
結論|大阪ガスの電気はこんな一人暮らしにおすすめ

関西エリアにお住まいの方が利用している大阪ガス、最近は電気のCMも目にする機会が増え、電気についても気になりますよね。

そんな大阪ガスの電気がおすすめな一人暮らしの方はズバリ!こんな方です。

  • 電気の利用でサブスクやポイントが貯まるサービスを活用したい方
  • 安定した電力供給を重視する方

大阪ガスの電気は、電気の契約を通してサブスクを通常よりお得に利用したり、ポイント活用を生活に活かしたい方に向いています。

PayPayなどのキャッシュレス決済が可能なのも、手軽に支払いができて還元もあり嬉しいポイントです。

2
大阪ガスの電気は一人暮らしで安くなる?ガスとのセットも含め徹底検証

まずは一番気になる部分、電気代について説明していきます。

結論、大阪ガスは電気料金だけを見れば多々ある新電力の中でも安い方です。

しかし、電気とガスの合計料金では他のセット料金と比べても平均的で、安さを実感しにくいのが本音です。

ただ、電力会社の選び方は人それぞれ。料金の差がさほどないのであれば他の部分で検討するのもひとつの手ですよね。

ここでは具体的な料金について詳しく説明していきます。ぜひ最後まで読んだ上で総合的に判断をしてみてはいかがでしょうか。

2-1
電気代は関西電力より安くなる?

大阪ガスの家庭用電気プランは多数ありますが、大阪ガスの都市ガスを利用している方が対象となるのが「ベースプランA-G」です。

ではまず、このプランの料金単価の説明をしていきます。

電気料金の仕組み

関西エリアでの月々の電気代は、電力会社ごとに決められた一律の最低料金と、使用した分だけかかる電力量料金の合算で成り立っています。

最低料金はいくら?

最低料金と電力量料金から成る電気代。電気使用量が少ない一人暮らしの方にとって、電気代の中でも最低料金の占める割合が必然的に多くなるため、最低料金は節約できるかどうかの大事な判断基準となります。

大阪ガスの「ベースプランA-G」と関西電力の「従量電灯A」の最低料金は以下の通りです。

大阪ガス(ベースプランA-G)関西電力(従量電灯A)
285円341.01円

大阪ガスの「ベースプランA-G」の最低料金は285円と、関西電力の341.01円に比べ60円弱安くなっています。

※上記のテーブルは最低料金のみを記載しています。実際の電気料金は燃料費調整額などを含みます。燃料費調整額が高騰している間は、新電力各社が関西電力より割高になる可能性があります。現時点での燃料費調整額は各社公式サイトで確認してください。

電力量料金は?

続いて、使用量に応じて加算されていく電力量料金を見ていきましょう。

電力量料金は、一時間に使用した電気量を表すkWh(キロワットアワー)という単位で測ります。

電気使用量大阪ガス
(ベースプランA-G)
関西電力
(従量電灯A)
15kWh~120kWh20.31円20.31円
121kWh~300kWh24.9円25.71円
301kWh~27.83円28.70円

120kWh以上の電力量料金に差が見られますが、120kWhというのは月々の電気代が2500円くらい、日中は外出しているなど電気使用量が少な目〜普通くらいの方が使う量です。

電気使用量が一定以上になれば大阪ガスが安くなることがわかりますね。

※上記のテーブルは電力量料金のみを記載しています。実際の電気料金は燃料費調整額などを含みます。燃料費調整額が高騰している間は、新電力各社が関西電力より割高になる可能性があります。現時点での燃料費調整額は各社公式サイトで確認してください。

電気をたくさん使う人はkWh数が大きい部分の電力量料金を見ると良いということだね!

一人暮らしの具体的な電気料金は?

次は、ベースプランA-Gと関西電力の電気料金を使用量ごとに見ていきましょう。

月々の電気代を思い出してご覧ください。

関西電力(従量電灯A)大阪ガス(ベースプランA-G)
2,500円2,443円
5,500円5,348円
8,000円7,771円

※上記のシミュレーションは燃料費調整額、再エネ賦課金を含んでいません。燃料費調整額が高騰している間は、新電力各社が関西電力より割高になる可能性があります。現時点での燃料費調整額は各社公式サイトで確認してください。

一人暮らしの電気使用量では、どの電力会社と比較しても大きな料金の違いを実感することが難しいため、少しでも節約できるに越したことはないですよね。

「ベースプランA」は微妙

これまで大阪ガスの都市ガスを利用している場合についてお話してきましたが、大阪ガス以外でガスを契約している方ももちろん、電気のみの利用ができます。

ただし、電気のみの契約の「ベースプランA」は正直安さを実感しにくい料金設定となっています。

電気のみの契約の場合ガスとセットにした料金よりも高くなるため、他のガス会社を利用しているのであれば、安さに優れた他の新電力を利用した方がより電気代を抑えることができると言えます。

2-2
電気とガスをセットにした場合は?

普段大阪ガスを利用している一人暮らしの方は電気とガスをまとめると「セット割はあるのか」、「ガス代は安くなるのか」など気になってきましたよね。

細かい話をする前に、結論をまとめたのでご覧ください。

  • 電気とガスをまとめても料金は変わらない
  • 電気は関西電力、ガスは大阪ガスと別々で契約した場合よりは料金が安くなる可能性が高い

ガス代は「一般料金」のまま

大阪ガスの都市ガスを利用している大半の方は「一般料金」プランで契約をしていますが、セットにした際も一人暮らしの方が安くなるプランはないため、一般料金をそのまま利用し続けます。

そのため電気とガスをまとめても、ガス代はまとめる前と変わりません。

「まとめ得」プランは高くなるのでNG

例外として、大阪ガスには電気も契約をしていると利用できる「まとめトク」プランがありますが一人暮らしの方には向いていません。理由はこちらのグラフを見ると一目瞭然です。

大阪ガス まとめトクプラン

このように、まとめトクの安さが発揮されるのはガスの使用量が15㎥以上からです。一人暮らしの平均が5㎥であることを踏まえると、大量にガスを使用するほんの一部の方のみが対象となります。

通常のガス使用量であればまとめトクは一般料金よりも高くなってしまうため、電気とまとめる場合でもプランの変更はせずにいましょう。

まとめトクという言葉につられて変更しないように、検針表などを見て普段のガス使用量を把握しておくといいね!

セット割引がない

大阪ガスで電気とガスをまとめてもガス料金が変わらないもう一つの理由として、セット割引がないことが挙げられます。

そのため、単純に電気代とガス代を足した合計がそのまま毎月の支払い額となります。

関西電力の電気・ガスのセットと比較すると?

ここまでで、一人暮らしの方が大阪ガスで電気とガスをまとめてもさらに安くなることはないとわかりましたが、関西電力の電気・ガスのセットと比較するとどうでしょうか。

電気は関西電力、ガスは大阪ガスがそれぞれでまとめるとどうなるのか、具体的な金額を見てみましょう。

関西電力+大阪ガス大阪ガス関西電力
4,000円3,942円3,793円
8,500円8,355円8,201円
13,000円12,072円12,050円

※上記のシミュレーションは燃料費調整額、再エネ賦課金を含んでいません。

比べてみると、わずかですが関西電力の方が安くなることがわかります。

関西電力はセット契約にすることで電気代・ガス代の両方が安くなりますが、大阪ガスは安くなるのは電気代のみです。

とはいえ、ほとんど差はないので、『一人暮らし必見!大阪ガスの電気でお得に生活する裏技』で紹介するサービス面を総合的に考慮して決めるのもいいでしょう。

ガスをかなり多く使う人はあんまり料金が変わらないから、他の部分で検討してみても良いね!

2-3
他の新電力と比較すると・・・

ここでは、他の新電力と料金比較をします。細かい話は後にして先に結論を言うと、大阪ガスの電気は電気のみの場合でも電気とガスをセットにした場合でも、新電力の中で安い方です。

では、具体的にどのくらい料金が変わるのかを見ていきましょう。

電気だけでは安い方

電力自由化以降様々な会社が電気事業に参入し、数々の新電力が誕生してきました。

ここでは一部の新電力の電気代のみで比較をします。関西電力の電気料金との差額でご覧ください。

関西電力大阪ガスauでんきリミックスでんきLooopでんきENEOSでんき
2,500円-63円-7円-132円+585円-63円
5,500円-98円+16円-270円+569円-252円
8,000円-157円+23円-410円+440円-434円

※Looopでんきは2022年6月以降の料金改定後の金額で計算しています。

上記を見ると、電気使用量が少ないとかなり安い部類に入り、使用量が増えても中間くらいの安さがキープされていることがわかります。

加えて、新電力は供給安定性がネックとなりますが大手の大阪ガスにその心配は無用、トータルで見ても大阪ガスの電気は一人暮らしの方が乗り換えない理由がないくらいおすすめできます。

※再エネ賦課金、燃料費調整額を除いて計算しています。実際の請求額とは異なる場合があります。 ※燃料費調整額は電力会社によって異なる場合があります。燃料調整額によっては大阪ガスの方が高くなる可能性があります。

電気使用量が少ない一人暮らしはお得感得やすい

先ほどの表から、電気使用量が増えるにつれて安さが埋もれていくことがわかります。これは、使用量が増えることで電力量料金がよりお得になっていく会社の安さが優れるためです。

一人暮らしでそもそもの料金が低いと安さは実感しづらいですが、その中でも電気をあまり使わない方の方が実はお得になるのです。

電気・ガスのセットでも安い

続いて、電気とガスを同じ会社でまとめたい一人暮らしの方向けに、ガスの提供もしている新電力で電気・ガスを合わせた料金の比較をします。平均的な使用量の電気150kWh、ガス10㎥で比較をしました。

電気代+ガス代
大阪ガス5,663円
楽天エナジー6,629円
HTBエナジー6,031円(2022年8月の電源調達調整費を加算)

上記の表をみると電気とガスをまとめても新電力内ではかなり安い方であると言えます。

そのため単純に安さを求めて新電力と比較をしている方であれば、大阪ガスに乗り換えるのがおすすめです。

最安を求めるなら別々に契約を

大阪ガスの電気は関西エリアで安い方ですが、ガスはミツウロコガスなど他に安いところがあります。

そのため一円でも安く電気とガスを契約したい一人暮らしの方は、別々の会社で契約することをおすすめします。

管理のしやすさを優先するのか、料金の安さを優先するのか考えてみてもいいね!

3
一人暮らし必見!大阪ガスの電気でお得に生活する裏技

一人暮らしをしていて節約をしようと光熱費を見直すとき、どうしても料金自体に目が行きがちですが、実は陰に隠れたお得なプランを見つけることも節約に繋がるひとつの手です。

まさに大阪ガスには、サブスクを通常契約するよりも安く利用できる電気プランや、ポイントやギフト券を生活に活用できる方に向いている電気プランがあり、そのような特典を利用して生活に活かしたい一人暮らしの方に向いています。

3-1
ライフスタイルに合ったプランで実質お得に

大阪ガスにはAmazon Primeを初めとするサブスクが利用できるプランや、dポイントが貯まるプランなどがあります。

様々な会社と提携したプランがあるのは大手ならではの魅力であり、サブスクは一人でも楽しめるものなので自分に合ったプランが選べるのが嬉しいですね。

では、プランの特徴についていくつかを紹介していきます。

電気代は割高でも・・・

このようなプランは一見かなり魅力的に見えますが、サブスクの利用料金を大阪ガスが代わりに支払うことで成り立っており、電気代は割高になることと利用料金が丸々浮くわけではないことを覚えておきましょう。

例えばAmazon Primeの年会費を負担してくれる「スタイルプランP」は、電気を別々に契約するより年間1000円ほどお得に契約することができます。

1000円だけだと正直物足りないですが、初年度はギフト券が2000円分もらえることも含めると実質的に3000円分と十分お得になります。

また、dポイントが貯まる「スタイルプランd」では使用量の少ない一人暮らしの方はポイントが貯まりにくいですが、契約三か月後に2000ポイントがもらえることを考慮すると悪くないと思います。

一人暮らしの電気使用量では、他社と比較しても料金自体が大きく変わることは少ないです。そのためこのような特典で実質お得になるところを選ぶのも賢い選択と言えますね。

この他にも「ウィズABEMAプラン」や「ウィズradikoプラン」などがあるため、気になった方はぜひ大阪ガス公式サイトをご覧ください。

4
一人暮らしの引っ越し先で大阪ガスの電気にするには?

引っ越し先で新たに大阪ガスの電気を契約したい場合の、申し込みから利用開始までの手順をご紹介します。

主な手順は3つです。

  • 引っ越し先の住所・退去日・利用開始日を定める
  • 大阪ガスの電気公式サイトから申し込む
  • 現在の電力会社の解約手続き

順にご説明します。

4-1
引っ越し先の住所・退去日・利用開始日定める

まずは以下3つを定めます。

  • 引っ越し先の住所
  • 現在のお住いの退去日(=現在の電気を停止する日)
  • 引っ越しする日(大阪ガスの電気開通日)

4-2
大阪ガスの電気公式サイトから申し込む

3つが定まれば、大阪ガスの電気公式サイトからWEB申し込みを行います。

引っ越し先の情報と、契約者情報を入力し、電気のみ、電気とガスのセット契約かを選択します。

入力情報に間違いがないか確認し、申し込みを完了させましょう。

4-3
現在の電力会社の解約手続きを行う

ご実家から一人暮らしを新たに開始する場合を除き、すでに一人暮らしをしていて引っ越す場合は、今の電力会社の解約手続きを自身で行う必要があります。

解約は現在の電力会社の公式サイトや専用の電話窓口ですぐ可能です。

特に引っ越しシーズンの繁忙期は手続きが込み合う可能性がありますので、解約日が決まったら早めの手続きをおすすめします。

一人暮らしの引っ越しでも、以下の手順を踏めばきちんと大阪ガスの電気に乗り換えられますので、ぜひトライしてみてくださいね。

あわせて読みたい

5
まとめ

一人暮らしの方にとって、大阪ガスの電気はおすすめできるのかについて知っていただけましたか?

再度、一人暮らしの中で大阪ガスの電気が向いている方についてまとめました。

  • 電気の利用でサブスクやポイントが貯まるサービスを活用したい方
  • 安定した電力供給を重視する方

大阪ガスの電気は解約金・違約金などは一切かからないため、少しでも気になった方はお試し感覚で契約をしてみてはいかがでしょうか。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村