お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. 電気
  4. ソフトバンクでんき
  5. ソフトバンク「自然でんき」の評判から知ったメリットやデメリットを紹介
\ たった10秒! /
お得な電力会社が見つかる料金シミュレーション
電気
加藤朗 2022年9月1日

ソフトバンク「自然でんき」の評判から知ったメリットやデメリットを紹介

ソフトバンク「自然でんき」の評判から知ったメリットやデメリットを紹介

最近では、環境問題に配慮した電力会社を選びたいといった方が増えています。

そんな人におすすめなのが環境への配慮と安さを両立したソフトバンクの「自然でんき」。

今回の記事では、自然でんきのメリットやデメリット、詳細な料金体系や他社と比べてどのくらい安くなるのかなどを徹底解説していきます。

  • 実際月々いくらになるのか知りたい
  • 他社と比べて安いって聞いたけど本当?
  • 申し込み手続きから利用までの流れを知りたい

などなど、プランの解説から実際の契約方法までを丁寧に解説します。

自然でんきが気になっている、環境にもお財布にも優しい電気を選びたいという方はぜひ最後までお読みください。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
結論|ソフトバンク「自然でんき」のメリット・デメリット

結論から述べますと、自然でんきは他社の再エネプランに比べても優秀で、かなりおすすめできる電力プランです。

そんな自然でんきのメリットを以下にまとめました。

1-1
メリット

自然でんきのメリット

  • 再エネプランの中では最高水準の安さ
  • 電気の使用量が多いほどオトクに
  • 再生可能エネルギー実質100%を実現

自然でんきは再エネプランのなかでは最高水準の安さをほこり、電気の使用量が多いほどオトクになる設定になっています。そのオトク度は再エネ比率が低い新電力会社のプランに匹敵します。

さらに、実質的に再生エネルギー100%を実現しているので、環境に優しい点も大きな強み。

1-2
デメリット

いっぽう、デメリットは以下のとおりです。

自然でんきのデメリット

  • 低価格な新電力プランよりは高い
  • 契約アンペアや電気の使用量が少ないと割高なことも
  • おうち割が適用されない

再生エネルギーを使用した電気プランは、どうしても低価格な電気プランよりも高くなりがちです。またくわしくは後述しますが、契約アンペア数や電気の使用量が少ないと割高になってしまう可能性もあります。

またソフトバンクでんきの割引サービスである「おうち割」の適用対象外であることもデメリットだといえるでしょう。

以上をまとめてみると、自然でんきは安い再エネプランを探している人におすすめで。電気の使用量が多い方やファミリー世帯などであればさらにオトクに使えることでしょう。

2
ソフトバンク「自然でんき」の評判を紐解こう

ここからはクチコミを交えながら、自然でんきの料金の詳細や実際にどのくらい安くなるのかを紐解いていきましょう

自然でんきに関するクチコミは概ね良好で、たとえば以下のような感想が見られました。

自然エネルギーを選びたい方のなかでも、自然でんきの安さは魅力に映っているようです。確かに、今よりも電気代が安くなり、かつ環境に配慮できるならば、じゅうぶんに切り替えの理由になりますね。

いずれのクチコミも、メリットで解説したとおりの内容となっていますので、ソフトバンクでんき側の発表とユーザーの感想はしっかりとマッチしていると考えてよいでしょう。

次の項目からは、より具体的な料金体系やどのくらい安くなるのかをくわしく解説していきます。

2-1
自然でんきの電気料金はお得?

結論から言うと、自然でんきの電気料金は電気の使用量が多いほどオトクで、他社の再エネプランと比べてもトップクラスの安さを実現しています。

クチコミでも安さについて触れられているものが見られました。

再エネプランだけでなく、大手の新電力会社のプランと比べても同等のケースがあり、金額面ではかなり優秀だといえるでしょう。

基本料金が無料&電力量料金が一律

自然でんきの料金の特長は、基本料金が無料で電力量料金が一律なこと。

以下にエリア別の電力量料金をまとめました。

エリア電力量料金 / 1kWh
北海道電力エリア31.57円
東北電力エリア27.5円
東京電力エリア26.48円
中部電力エリア27.5円
関西電力エリア23.42円
中国電力エリア25.46円
四国電力エリア25.46円
九州電力エリア24.44円

電力量料金がどの程度かというと、たとえば東京電力の従量電灯Bの場合、〜120kWhまでは19.88円、120kWhをこえ300kWhまでは26.48円、300kWh以上は30.57円となっています。

自然でんきの東京エリアは26.48円ですから、2段階目の電力量料金と同じで、3段階目から安くなる設定です。そのため、電気をよく使う家庭ほどお得になります。

利用しているユーザーの意見を参考にしてみると、以下のようなクチコミが見られました。

1段階目の料金は地域電力会社の方が安くなりますが、電気をたくさん使うことで同等、または安くなる傾向であるのは間違いありません。

実際にどのくらい安くなる?【電気使用量別】

では、実際にどのくらい安くなるのかを、電力使用量が100kWh・250kWh・350kWhのケースを想定して試算してみましょう。

東京電力は従量電灯Bプラン(対象月2022年4月)。100kWhは30A契約、250kWhは40A契約、350kWhは50A契約での利用を想定

電力使用量東京電力料金自然でんき料金
100kWh3,409円3,211円
250kWh8,379円8,027円
350kWh12,081円11,238円

上記の試算では、いずれの電力使用量でも自然でんきの方が安くなるといった結果になりました。

やはり電力の使用量が多いほど金額差が大きく、350kWhでは年間で約12,000円ほどオトクになる計算です。ほぼ1ヶ月分の電気代が浮くようなイメージですので、かなり家計が助かるのではないでしょうか。

【注意】契約アンペア数や電気の使用量が少ないと割高に

試算では電力使用量が100kWhの場合でも、自然でんきの方が安くなっていますが、契約アンペア数や使用量がより少なければ、割高になってしまう可能性もあります。

たとえば、20Aで月100kWhの電力使用量ですと、東京電力エリアでは116円ほど高くなってしまいます。

いっぽう、30A契約であれば50kWhの電力使用量でも自然でんきの方がオトクになります。

よって、一人暮らしで20A契約で利用しているといった方は割高になりますので注意が必要です。

他社の再エネプランと比べても優秀

自然でんき以外にも、さまざまな電力会社が再エネプランを用意しています。

そこで、自然でんきは他社再エネプランと比べてオトクなのかどうかを検証してみましょう。

比較に用いるのは以下の4プランです。

  • 自然でんき(ソフトバンクでんき)
  • スローエナジープラン(下町でんき)
  • ミツウロコグリーンプラン(ミツウロコでんき)
  • アクアエナジー100(東京電力)
  • グリーンプラン(小田急でんき)

各プランとも、東京電力の従量電灯B換算で電気代が3,000円・10,000円・15,000円になるケースを想定し、電気代を試算してみます。

電力会社3,000円10,000円15,000円
自然でんき2,633円9,572円13,958円
下町でんき2,908円8,176円14,506円
ミツウロコでんき3,370円8,503円14,326円
東京電力4,256円9,576円16,373円
小田急でんき3,005円10,008円15,002円

表の数値は30A / 108kWh(3,000円)・40A / 356kWh(10,000円)・50A / 510kWh(15,000円)契約を想定

上記のとおり、いずれの電気料金帯でも優秀で、やはり電力使用量が多い場合の金額差はかなりのものだといえるでしょう。

また、基本料金が0円なので、他の再エネプランに比べて電力使用量が少ない場合でもオトクになりそうです。

再エネ100%プランの中では最安クラス

比較に利用したアクアエナジー100やミツウロコグリーンプランは、自然でんきと同じく再エネ100%プランとなります。

またこれ以外の再エネ100%プランと比べても、自然でんきの電気料金はかなり優秀で、最安クラスと判断して問題ないでしょう。

環境配慮と安さを両立させたい方にとっては、まさにピッタリなプランといえます。

再エネ比率の低いプランと同等水準を実現

自然でんきは他社の再エネ比率の低いプランと比べても、同等水準の価格を実現しています。

たとえば、再エネ比率の低いLooopでんきと比べてみても、東京電力の従量電灯B、50A契約、電力使用量500kWh / 月の場合では、Looopでんきが13,200円、自然でんきは13,685円といった試算結果となりました。

やはり再エネ率の低いプランには及びませんが、十分に同等の水準だと考えて差し支えないといえるでしょう。

2-2
非化石証書で再生可能エネルギー100%実現

自然でんきは「非化石証書」を利用していて、再生可能エネルギー100%を実現しています。

非化石証書とは、太陽や風力発電などがもっている「二酸化炭素を排出しない」といった環境的価値を電気から取り出したものです。

カンタンに言ってしまえば、非化石証書とは「再生可能エネルギー由来の電気を使用していますよ」といった証明のようなものです。

自然でんきは、この非化石証書の電気を調達することで、「再生可能エネルギー比率実質100%」「CO2排出量実質ゼロ」を実現しています。

実際の電源構成は卸電力取引所も含む

SBパワー株式会社の「自然でんきおよびFITでんきプラン(再生可能エネルギー)の2020年度電源構成と非化石証書の使用状況について」によると、自然でんきの電源構成は以下の構成となっています。

  • FITでんき(60.7%)
  • 卸電気取引所(39.3%)

これらに再エネ指定の非化石証書を使用することで、実質的に再生可能エネルギー100%を実現しています。

2-3
森林保全プログラムに貢献できる

自然でんきの魅力は、環境に優しい電力を使えることだけではありません。

自然でんきは加入時に全国の森林保全団体から1団体を選びます。母体であるSBパワーの収益の一部から、選択した団体に毎月50円を支援する取り組みに参加できます。

つまり、自然でんきに加入すればその時点で森林保全団体に支援ができますので、より環境問題に貢献できることになります。

支援先も北海道から沖縄まで、日本全国から選べますので、地元や好きな地域などから選べる点も好印象です。

3
ソフトバンク「自然でんき」の申し込みから利用までの流れ

最後に、自然でんきの申し込みから利用までの流れをカンタンに解説していきます。

申し込みは24時間対応しているWebでの手続きがおすすめです。ソフトバンクの「申し込み手続きの前に」にアクセスし、質問に答えていきます。

ちなみに電話窓口は0120-829-572(9:00〜18:00 / 年中無休)です。

検針票の有無、利用している通信サービスを選択し、申し込み手続きに入ります。

手続き自体はフォームの案内に沿って進めていけば、特に問題ないでしょう。

申し込みが完了したら、10〜20日後にお客様番号などが記載されたハガキが届きます。

また従来型の電力メーターが設置されている物件では、スマートメーターへの交換が必要です。とはいえ、立ち会いや費用負担は不要ですのでご安心ください。

その後、ご利用開始日のお知らせに記載されている利用日になれば、電気の利用が開始できます。

手続きに関しては、だいたい1ヶ月前くらいに連絡をしておくとよいでしょう。

4
ソフトバンク「自然でんき」に関する疑問

4-1
ソフトバンク「自然でんき」キャンペーンは?

ソフトバンク「自然でんき」のキャンペーンは現在実施していません。

2017年に3カ月間のみ、申込み者にアマゾンギフト券3,000円分の配布と、宿泊券を抽選でプレゼントしたことがあります。

何年もキャンペーンを実施してないことから、今後キャンペーンが実施される可能性は少ないでしょう。

情報が分かり次第こちらでお伝えいたします。

4-2
ソフトバンク「自然でんき」と「おうちでんき」の違いとは?

ソフトバンクでんきには、「自然でんき」の他に「おうちでんき」というプランも用意されています。

以下の項目では、自然でんきとおうちでんきの違いを解説していきます。割引に関する違いもありますので、念のために確認しておくと失敗がありません。

自然でんきは「おうち割」対象外

まず最も大きな違いとしては、自然でんきは「おうち割」の適用対象外です。

おうち割は、「おうちでんき」に適用される割引で、ソフトバンクのスマホやタブレット1回線につき、毎月110円が値引きされます。また電気代が1%オトクになります。

環境問題と電気代の安さは天秤にかけられるものではありませんが、安さを重視する方はおうちでんきの利用を検討してもよいかもしれません。

とはいえ、ソフトバンク以外で端末を契約している方であれば、それほど違いはないとも言えます。

自然でんきは解約金が0円

ソフトバンクでんきのプランによっては、解約事務手数料や契約解除料がかかる場合があります。以下の表を参照してみてください。

プラン解約事務手数料契約解除料
おうちでんき550円なし
おうちでんき(N)
(関西電力エリア)
550円5,000円(契約更新月以外の解約)
自然でんきなしなし
くらしでんき550円なし

上記のとおり、自然でんきは解約事務手数料や契約解除料ともに「なし」となっていますので、お試し感覚で利用できるのも大きな魅力だといえるでしょう。

実際に、ネット上のクチコミでも以下のような意見が見られました。

「おうちレスキュー」は自然でんきも利用可能

自然でんきは「おうち割」の適用外にはなるものの「おうちレスキュー」は利用可能です。

おうちレスキューは水回りのトラブルや鍵の紛失、ガラスのひび割れや破損などに対して24時間365日対応してくれる駆けつけサービスです。

直接電気と関連するようなものではありませんが、「いざ」という時にあると便利ですので、嬉しい付帯サービスだといえるでしょう。

5
まとめ

今回は、ソフトバンクでんきの「自然でんき」について、メリットやデメリット、くわしい料金体系やどのくらい安いのかなどを、クチコミなども交えながら解説してきました。

自然でんきは他社の再エネプランと比べても価格面が優秀で、実質100%の再生エネルギーを実現しています。

環境に優しい電力の利用を検討している方は、ぜひ自然でんきを候補に加えてみてくださいね。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村