お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ガス
  4. 解約
  5. 東京ガスの解約方法を解説!引越しや現住所での切り替え、ガス会社の乗り換えにも対応
ガス
加藤朗 2022年3月1日

東京ガスの解約方法を解説!引越しや現住所での切り替え、ガス会社の乗り換えにも対応

東京ガスの解約方法を解説!引越しや現住所での切り替え、ガス会社の乗り換えにも対応

東京ガスの解約は、電話またはWebサイト上で申し込むことができます。手続自体はそれほど面倒ではありませんが、必要な情報などを事前に用意しておかないと、思わぬポイントで躓いてしまうかもしれません。

そこで今回は、東京ガスの解約方法を解説するとともに、切り替え先としておすすめの会社やガス小売自由化に関する疑問点にもお答えしていきます。

本記事で紹介しているプランなどの内容は、2021年5月3日現在の情報です。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
東京ガスの解約方法

東京ガス解約

ガスの解約は、基本的に各社の「使用停止手続き」を申し込むことで解約ができます。東京ガスの場合も同じで、電話またはWebにて解約の申し込みが可能です。

Web申込の場合は、東京ガス公式サイト内の「ガス使用停止までの流れ」から停止申し込みができます。

東京ガス解約2

ページ内には申し込みの際に必要になる準備物などが記載されていますので、ステップを踏んで手続きを進めていけば問題ありません。本記事でも見ていきましょう。

東京ガスの解約手続きをスムーズに進めるためには、お客様番号などの各種情報をまとめておくことが重要です。申し込みの際に必要な情報は以下となります。

必要な情報概要
契約者・申し込み者氏名契約者・申し込み者氏名の氏名
お客さま番号検針票に記載されている番号。わからない場合は契約者名・住所・支払いに使用している口座やカード番号の下4桁で確認可能
住所使用停止を希望する住所
引越し先の住所・電話番号引越し先の住所・電話番号
建物の形態戸建て・アパート・マンションなど
使用停止希望日・訪問希望時間帯ガスの使用を停止したい希望日と、停止作業の希望時間帯
使用停止作業立ち会い者氏名使用停止作業を行う際の立ち会い者の名前。オートロック式の建物の場合や警報器取り外し作業を希望する場合のみ
ガス料金精算方法(1)引越し先が東京ガスエリアの場合に記載
ガス料金精算方法(2)最後の月のガス料金の精算方法

使用停止や訪問の希望日以外は、基本的に毎月送付されてくる検針票を見れば記載されています。申し込みの際は検針票を手元においておくとスムーズです。

ちなみに訪問希望時間帯ですが、東京ガスは年中無休で訪問を行っており、以下の時間帯から選択が可能です。

  • 9:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 15:00~17:00
  • 17:00~19:00(月曜~土曜のみ)

また、どのくらい前までに申し込めばよいかについて、東京ガスは「1日前まで」としています。ただ「引越しの日時が決まったらお申し込みください」との一文も見られましたので、解約したい日(ガスの使用を停止したい日)が決まったら、早めに連絡しておくとよいでしょう。

一方、電話の場合は、「東京ガスお客さまセンター」で申し込みができますが、引越しをするか否かや、電気・ガスをセットで契約しているかどうかでも問い合わせ番号が変わります。各ケースの電話番号を以下の表にまとめました。

ケース問い合わせ先
引越し有り / 使用停止する場所で東京ガスの電気を使用03-6838-9001
引越し有り / 使用停止する場所で東京ガスのガスのみを使用03-6838-9003
引越しなし / 使用停止03-6838-9001
引越しなし / 一時的な使用停止03-6838-9020

必要な情報は、上述したものと同じですので、検針票を手元に置いて、希望日や時間帯なども決めておくとスムーズに解約を進めることができます。

2
東京ガスを解約する際のWeb手続きと当日作業の流れを確認

解約の流れ

東京ガスの解約に必要な情報などを確認したところで、実際の手続きや、停止当日の作業の流れを確認しておきましょう。

まず、東京ガスの「ガス使用停止までの流れ」のSTEP2にある「引越しのお手続き」をクリックしましょう。

東京ガス解約3

すると「使用を停止する場所でのご契約状況」や、「使用を開始する場所でのお手続」などの選択項目が出ますので、それぞれ選んでください。「使用を開始する場所でのお手続きを選択してください」に関して、引越し先で東京ガスを使用しない場合は、一番下の「東京ガスの電気・ガスは申し込まない」を選択しましょう。

東京ガス解約4

次のページは、申込情報を入力するフォームとなります。先に挙げた必要な情報を記載していけば埋まります。

東京ガス解約4

必要な情報を入力したら、次も入力フォームとなります。最終精算方法などを記入していきます。

東京ガス解約6

入力を終えたら「入力内容の確認に進む」をクリックし、申請内容が間違えないか確認し、問題がなければ申請してください。以上で申し込みは完了です。

次に、使用を停止する際の当日の作業に関して解説します。ガスの停止作業は立ち会い不要ですが、オートロック式の建物の場合や警報器取り外し作業をする場合は立ち会いが必要です。

停止日の作業は、東京ガスから委託されている「東京ガスライフバル・エネスタ・エネフィット」のスタッフが行います。ガスメーターの栓を閉じたり、必要な場合はガス機器の取り外しや処分をしてくれます。ちなみに、建物の取り壊しでガス管を撤去する場合は、事前に申し込みが必要ですのでご注意ください。

ちなみに立ち会いをしていてもしていなくても、契約者はとくにすることはありませんのでご安心ください。

2-1
引越し時の解約方法と当日作業の流れ

東京ガスの解約は、引越し時とガス会社を切り替える際で若干の違いがあります。まず、引越し時の解約方法ですが、基本的には先程解説した流れのとおりに手続きを進めていただければ問題ありません

停止日に立ち会う必要はありませんが、ガスメーターが室内にあったり、オートロックの物件だったりする場合では立ち会いが必要になることもあります。

おさらいとして、解約に必要な情報と電話での問い合わせ先を再掲しておきますので、参考にしてみてください。まずは必要な情報です。

必要な情報概要
契約者・申し込み者氏名契約者・申し込み者氏名の氏名
お客さま番号検針票に記載されている番号。わからない場合は契約者名・住所・支払いに使用している口座やカード番号の下4桁で確認可能
住所使用停止を希望する住所
引越し先の住所・電話番号引越し先の住所・電話番号
建物の形態戸建て・アパート・マンションなど
使用停止希望日・訪問希望時間帯ガスの使用を停止したい希望日と、停止作業の希望時間帯
使用停止作業立ち会い者氏名使用停止作業を行う際の立ち会い者の名前。オートロック式の建物の場合や警報器取り外し作業を希望する場合のみ
ガス料金精算方法(1)引越し先が東京ガスエリアの場合に記載
ガス料金精算方法(2)最後の月のガス料金の精算方法

訪問希望時間帯は以下となっています。

  • 9:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 15:00~17:00
  • 17:00~19:00(月曜~土曜のみ)

電話での問い合わせ先一覧は以下となります。

ケース問い合わせ先
引越し有り / 使用停止する場所で東京ガスの電気を使用03-6838-9001
引越し有り / 使用停止する場所で東京ガスのガスのみを使用03-6838-9003
引越しなし / 使用停止03-6838-9001
引越しなし / 一時的な使用停止03-6838-9020

2-2
ガス会社を切り替える際の解約方法

東京ガスから他のガス会社に切り替える場合の解約手続きは、現住所で切り替えるか引越し先で切り替えるかで若干の違いがあります。

まず、現住所で切り替える場合ですが、切り替え先のガス会社に申し込みをすることで、そちらのガス会社が東京ガスの解約手続きを済ませてくれます。つまり、新しいガス会社に申し込みをすれば、あとは何もしなくともガス会社の切り替えは完了します。

一方、引越し時にガス会社を切り替える場合は、ご自身で東京ガスにガス停止の申し込みをして解約することとなります。解約方法に関しては、先程解説した項目を参照してください。

ガスの解約に関しては、基本的にどの会社でもここまで解説してきた内容とそれほど変わりません。以下の記事でもガスの解約や契約について触れていますので、合わせて参考にしてみてください。

「電気・ガスの解約は面倒じゃない!停止・切り替え・使用開始手続きも完全解説」
「大阪ガスの解約方法を引越し・切り替えのケース別に解説!乗り換え先のおすすめガス会社も紹介」
「ガスの停止手続きを解説!引越しや乗り換え別に必要情報や停止までの流れを紹介」

3
ガス会社を切り替える際のおすすめ

都市ガスは2017年の4月より小売自由化が解禁され、東京ガスや大阪ガスなどの大手ガス会社でなくとも、一般企業がガス事業に参入できるようになりました。

資源エネルギー庁の「スイッチング申込件数」によると、ガス会社の切り替え申込件数は関東で2,201,607件、スイッチング率は17%にのぼるそうです(令和2年12月31日時点)。

このような新ガス会社のなかには、東京ガスよりも低価格なプランを用意している会社も登場してきています。

例えば「ニチガス(NICIGAS)」では、東京ガスエリアの基準ガス単価を常に5%割引するプランを用意しています。

nichigas

月々のガス料金の計算方法は、「基本料金+単位料金×ガス使用量=ガス料金」となっており、単位料金は「変動する調整金額±基準のガス単価」で算出されます。「ニチガス(NICIGAS)」はこの、基準のガス単価が割引されます。

また、ガスと電気をまとめて契約できる「セット割り」もあり、東京ガスのガス・電気セットよりも約4,300円お得になるプランとなっています。

ほかにも、株式会社サイサンの「Gas One」は、東京ガスの一般料金から一律4%を割り引くサービスを提供しています。

gasone

1ヶ月あたり40㎥使用したと仮定すると、東京ガスと比べて年間約3,000円の節約が可能です。

このように、各社とも東京ガスと比較して低価格なプランを提供していますが、ここで気になるのがガスの供給安定やトラブル対応などについてです。

まず、新規に参入したガス会社のガスの品質や安定性に関してですが、同じガス導管から供給されるガスならば、基本的に品質は変わりません。

またガス設備の保安や事故などの対応に関しては、東京ガスや大坂ガスなどの一般ガス事業者が担いますので、ガス会社を切り替えることで対応が変わるということもありません

万が一契約先のガス会社が倒産したとしても安心です。倒産や事業の廃止などがある場合、ガス会社は消費者に対して周知することとされています。その周知期間内に別のガス会社と契約すれば、ガスが止まることはありません。また他の業者に切り替えるまでの間に東京ガスなどの一般ガス導管事業者と契約することも可能です。

他にも関連記事として、ガス会社のおすすめや、ガスと電気のセット契約、ガスの節約術などに関して下記の記事で選び方なども含めて紹介しています。

「ガス代が高い!」と感じたら3つの原因に注目!お得な節約方法も紹介」
「ガス代の平均は◯◯円?ガス料金の地域・世帯別平均額や計算方法、節約術を完全解説」

あなたにマッチしたガス会社が見つかる!

4
まとめ

今回は、東京ガスの解約方法や、切り替え先としておすすめの会社やガス小売自由化に関する疑問点などを解説しました。解約に際しては、必要な情報などを予め用意しておくとスムーズです。

東京ガスを解約する時には、ぜひ本記事を参考にしてください。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村