お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. 平均
  5. インターネット料金の平均は?料金内訳やお得なネット回線を紹介
\ たった10秒! /
お得なネット回線が見つかる料金シミュレーション
ネット回線
加藤朗 2022年1月25日

インターネット料金の平均は?料金内訳やお得なネット回線を紹介

インターネット料金の平均は?料金内訳やお得なネット回線を紹介

インターネット料金の平均は、回線業者・プロバイダ含めて1ヶ月あたり4,455円となっています。

今回は、インターネット料金の平均月額料金や内訳を紹介するとともに、インターネット料金が高くなる理由や安くするための方法なども解説していきます。

あわせて、乗り換えにおすすめのインターネット事業者も紹介していきますので、「インターネット料金が平均よりも高い」と感じた方は、ぜひ参考にしてみてください。

本記事で紹介しているプランなどの内容は、2021年5月30日現在の情報です。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
インターネット料金の平均は月額4,455円

インターネット料金 平均

インターネット料金の月額は戸建てが5,000〜6,000円程度、マンションタイプでは4,000円(いずれも光回線の場合)ほどと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

総務省の「家計消費状況調査」によれば、インターネット料金の平均は2021年3月時点で月額4,455円となっています。

この統計は2人以上世帯の全国平均ですので、戸建て・マンションタイプもまとめて算出されていますので、巷間言われている月額料金と実際の料金の差はほぼないと言えそうです。

ただ、この月額平均だけをみて「高い・安い」を判断するのは早計です。インターネットの利用には月額料金以外にもさまざまな料金が発生します。各料金の内容を、以下で詳しく解説していきます。

インターネット料金の内訳は?

インターネット契約中にかかる費用としては、回線使用料・プロバイダ利用料・機器レンタル料・オプション料金などが挙げられます。

これらは月額利用料として一括で請求されますので、どの項目がいくらくらいかかっているかを把握しておくのが重要です。

まず回線使用料とプロバイダ利用料ですが、回線業者とプロバイダを別々に契約している場合は個別に請求が届きます。一方、光コラボレーションなどで回線とプロバイダが一体化しているケースでは、一箇所への支払いとなります。

機器レンタル料は、モデムやルータなどのインターネット関連機器をレンタルしている場合に発生します。

最後のオプション料金ですが、これは契約時や利用中に加入したオプションサービスの月額料金となります。オプションは加入したまま忘れていることも多いので、ムダな支出をしていないか確認してみるのがおすすめです。

2
インターネット料金を抑えるポイント

ネット料金を抑えるポイント

インターネット料金が高くなる原因を確認したうえで、ここからはインターネット料金を抑える方法やポイントを見ていきましょう。

インターネット料金を抑えるためには、以下の4つの項目が重要です。

  • 回線業者・プロバイダの乗り換え
  • 特典の有効活用
  • 効果の高い割引サービスの利用
  • オプションの見直し・解約

回線業者やプロバイダの乗り換え、特典や割引サービスの有効活用は、主に切り替えに関して抑えておきたいポイントです。

一方、オプションの見直しや解約は現状の契約でも手軽にできる節約方法ですので、ぜひ試してみてください。

各項目を以下で詳しく解説していきます。

2-1
月額料金の安い回線やプロバイダに乗り換える

月々のインターネット料金を抑えるためには、月額料金の安い回線やプロバイダに乗り換えるのが有効です。その際は、以下で解説しているポイントもあわせて比較や検討をしていくとよりお得なプランを見つけやすくなります。

ただ、単純に安い業者を選んでしまうと、通信速度や安定性の面で不満が出てしまうケースもあります。インターネット通信は今や生活に欠かせませんから、できるだけ速度や安定性を犠牲にせずに、安い事業者と契約したいところです。

では、どのような回線やプロバイダがおすすめかというと、現在人気なのが「光コラボレーション」を提供している事業者です。

光コラボレーションとは、プロバイダが光回線を借り受けて回線・プロバイダをセットで提供している形態のことで、有名な事業者ですと「ドコモ光」や「auひかり」などが挙げられます。

月額料金はインターネットの平均金額とそれほど変わりませんが、後述するスマホ割などの各種キャンペーンやサービスが充実しているのが大きなメリット。また回線業者・プロバイダと別々に契約するよりも実質料金がお得になるケースがほとんどです。

また回線とプロバイダがセットになっているため、請求や問い合わせ先が一本化できる点も魅力です。

2-2
キャッシュバックなどの特典を効果的に利用する

キャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンや特典を上手に使えば、実質的な支払いを大幅に抑えることが可能です。

例えば、月額4,500円の2年契約プランに20,000円のキャッシュバックが付いているとしたら、キャッシュバックぶんで月額約833円ほど料金を抑えることができます。

これは工事費も同じで、月額4,500円の2年契約プランで工事費が15,000円だった場合、実質で支払う月額料金は4,500+15,000÷24(ヶ月)となり、月々5,125円となります。

一方、工事費が無料であれば月額はそのまま4,500円ですから、月に625円、年額で7,500円もの差が生まれるわけです。

キャッシュバックや工事費などは金額が大きいケースが多いため、上手に活用すれば大きな節約になります。

ただ、いずれの場合も適用条件は必ず確認しておきましょう。例えばキャッシュバックであれば、数ヶ月分の継続利用が必要で、キャッシュバックの適用期間がきたら自分で申し込みが必要などといった条件があります。適用期間になっても連絡が来ない場合も多いので、必ず確認しておきましょう。

また工事費無料キャンペーンなどの場合は、工事費の月払いぶんの金額を割り引いて実質的に0円としているサービスも多く、契約満了月以前に解約してしまうとサービス適用外となってしまい、残債を支払わなければならないこともあります。

2-3
節約効果の高い割引サービスを活用する

インターネット契約には多様な割引サービスがありますが、サービスによって割引金額や適用条件などは大きく異なります。インターネット料金を抑えるためには、そのなかでも節約効果の高いものを選ぶのが重要です。

効果の高い割引サービスとしては、「スマホ割」の存在が挙げられます。

スマホ割とは、スマホやタブレットに対して行われる割引サービスで、ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアを使用している方が対象です。

例えば、ドコモユーザーであれば「ドコモ光」と、auユーザーなら「auひかり」と契約することで、毎月のスマホ料金が割引されます。

インターネットの月額料金が割り引かれるわけではありませんが、実質的な通信量の支払いを下げることができます。

このスマホ割は割引サービスのなかでも金額が大きめで、各社とも1回線につき月約1,000円程度の割引が受けられます。1,000円割引になれば、4,500円のプランでは実質3,500円となりますから、インターネットの平均料金よりも安く利用可能です。

ただ、スマホ割はスマホ側で対応しているプランに入っていなければいけないなど、適用条件がありますので注意が必要です。

他にも、インターネット料金が1ヶ月〜数ヶ月無料になるキャンペーンや、最初の1年目の料金を安くしているプランなども登場しています。これらも比較的効果が高いので、条件に当てはまる方は選択肢に入れてみるとよいでしょう。

2-4
オプションの見直しや解約をする

インターネット料金が高くなる原因の項目でも触れましたが、オプションの見直しや解約をすることで月額を削減できる場合もあります。

例えば、500円のオプションを解約したとしたら月500円、年間で6,000円ほどインターネット料金を削減できます。オプションを解約するだけで、実質1ヶ月強ぶんの利用料が無料になると考えれば、かなり効果が高いことがおわかりいただけるかと思います。

ですので、現在加入しているオプションを確認し、不要であれば積極的に解約していきましょう。

しかし、「オプション加入が条件で割引を受けている」ケースは要注意です。オプションを解約すると割引サービスも適用外になってしまう可能性がありますので、解約前に確認しておきましょう。もちろん、解約した方がとくになる場合はその限りではありません。

オプションを見直す際は、必要でないものであれば解約し、何か条件がある場合は「解約したらお得になるか」をしっかり考えて継続か解約かを見極めてください。

3
インターネット料金が節約できるネット回線5社

インターネット料金の月額平均は、マンションタイプが4,000円、戸建てが5,000〜6,000円程度となっています。総務省の「家計消費状況調査」を参考してみますと、2021年3月では月額4,455円と発表されています。

インターネットの月額料金は、各社ともほぼ平均値に近い金額で、各種割引サービスやキャッシュバックなどによって差をつけている印象です。

よりお得にインターネット会社を乗り換えるためには、タイプや実質料金、プラン内容、キャンペーン・割引サービス、通信速度を確認していきましょう。

いずれも料金面や快適さに影響する重要なポイントです。

それでは、インターネットをよりお得に利用するためにおすすめの会社やプランをご紹介していきます。

3-1
SoftBank光

ソフトバンクひかり
比較項目概要
セット割○(SoftBank)
最大速度1Gbps
月額料金戸建て5,200円 / マンション3,800円
手数料戸建て3,300円 / マンション3,300円
工事費26,400円
キャンペーンキャッシュバック、工事費無料
出典:SoftBank光

「SoftBank光」は、ソフトバンクが提供している光コラボレーションです。

光コラボレーションはドコモ光やauひかりも提供していますが、そのなかでも月額料金が安くなっている点が大きなメリット。ただ、プロバイダが「Yahoo!BB」一択ですので、その点では注意が必要です。

月額料金の安さに加えてスマホ割も優秀で、ソフトバンクのスマホやタブレットを利用していれば、1回線ごとに1,100円の割引が適用されます。1回線のみの適用でも実質料金をかなり下げることができますので、ソフトバンクユーザーの方は選択肢に入れてみるとよいでしょう。

工事費無料や違約金の肩代わりなど、キャンペーンも豊富に行われている印象で、キャッシュバックなどの特典も積極的に提供しています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-2
auひかり

auひかり
比較項目概要
セット割○(au)
最大速度5Gbps
月額料金戸建て5,600円 / マンション5,600円
手数料戸建て3,000円 / マンション3,000円
工事費戸建て37,500円 / マンション37,500円
キャンペーン初期費用相当額割引、解約違約金相当額還元
出典:auひかり

「auひかり」では、「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム10ギガ」の3プランが展開されています。今回紹介しているのは「ホーム5ギガ」で、月額料金は少々高めなものの、5Gbpsの高速通信が可能です。

各プランとも、「ずっとギガ得プラン(3年契約)」「ギガ得プラン(2年契約)」「標準プラン(契約期間なし)」の3つから契約期間を選べる点も便利です。料金は長期契約になるほど安くなりますので、変更する予定がしばらなくないのであれば「ずっとギガ得プラン(3年契約)」が最もおすすめです。

スマホ割はauのスマホやケータイで対象のプランに加入しており、auひかり、あるいは「auスマートポート」「auスマートバリュー」との契約があれば適用されます。プランにもよりますが、1回線につき毎月550〜1,100円ほど安くなります。

キャンペーンは初期費用相当額割引、乗り換え時の解約金相当額還元などが取り揃えられています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-3
ドコモ光

ドコモ光
比較項目概要
スマホ割○(ドコモ)
最大速度1Gbps
月額料金戸建て5,200円 / マンション4,000円
手数料戸建て3,000円 / マンション3,000円
工事費戸建て18,000円 / マンション15,000円
キャンペーン他社光サービスから切り替えの場合、工事料無料
出典:ドコモ光

NTTドコモが提供している光コラボレーション「ドコモ光」のメインプランは「ドコモ光 1ギガ」で、「1ギガ タイプA」「1ギガ タイプB」「1ギガ 単独タイプ」から選択可能です。

タイプによって異なるのはプロバイダの種類で、Aは18社、Bは6社から好きな事業者を選べます。単独タイプは別途プロバイダの契約が必要ですので、料金面の観点からはおすすめできません。

ドコモユーザーであれば「ドコモ光セット割」というスマホ割が利用でき、毎月1,100円実質料金が安くなります。主回線から三親等以内の家族であれば複数台でも適用されますので、家族でドコモを利用しているならばさらにお得になります。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-4
NURO光

NURO光
比較項目概要
セット割
最大速度2Gbps
月額料金戸建て5,217円 / マンション5,217円
手数料戸建て3,300円 / マンション3,300円
工事費戸建て44,000円 / マンション44,000円
キャンペーン工事費無料、契約事務手数料無料
出典:NURO光

NURO光は、「So-net」のネットワーク基盤を利用したインターネットサービスです。

プランには「NURO 光」「NURO 光 10Gs / 6Gs」「NURO 光 20Gs」があり、今回紹介しているのは基本プランである「NURO 光」。2Gbpsの高速通信がウリです。

特典としては工事費無料、契約事務手数料無料があり、月額料金が1年間980円になるキャンペーンや、3ヶ月間500円でお試し的に利用できるトライアルプランも用意されています。

またキャッシュバックなども頻繁に行われている印象ですので、上手に活用すればかなりお得に利用できることでしょう。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-5
モバレコAir

モバレコAir
内訳料金
基本料金4,880円
Airターミナル賦払金(36回)1,500円
月月割(36回)-1,500円
モバレコAir限定 月額キャンペーン-2,910円(1〜2ヶ月目)-1,536円(3〜24ヶ月目)

株式会社グッド・ラックの「モバレコAir」は、ソフトバンク回線を利用したインターネットサービスです。

「Airターミナル」というホームルータでネットに接続し、電源を入れるだけでWi-Fi環境を構築できる手軽さが大きな魅力。

通信速度は下り962Mbpsですので、モバイル回線のなかでも比較的高速な通信が可能です。

「Airターミナル」端末は購入・レンタルともに可能ですが、端末購入では端末相当分のキャッシュバックが適用されるので、実質0円となります。

端末の購入契約の場合は、さらに月額料金が24ヶ月目まで割引されますので、よりお得に利用可能です。

また、モバイル回線はデータ通信容量が無制限のプランだとしても、一時的に大量のデータ通信を行ってしまうと速度制限がかかる場合があります。しかし、モバレコAirではこの一時的な速度制限がないため、光回線と同じようなイメージで使うことができます。

そのため、回線の引き込み工事ができない方にもおすすめです。

4
まとめ

今回は、インターネット料金の平均月額料金や内訳、インターネット料金が高くなる理由や安くするための方法などを解説しました。

あわせて、乗り換えにおすすめのインターネット事業者も紹介しています。

インターネットは生活になくてはならないものですから、できるだけお得に使いたいところです。ぜひ本記事を参考にして、より安くインターネットをお使いください。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村