お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. ビッグローブ光
  5. ビッグローブ光の評判について知りたい!お得なキャンペーンや速度も詳しく解説
  6. ビッグローブ光電話の料金やメリット、注意点を完全解説!電話番号の引き継ぎや解約方法なども
\ たった10秒! /
お得なネット回線が見つかる料金シミュレーション
ネット回線
加藤朗 2022年6月28日

ビッグローブ光電話の料金やメリット、注意点を完全解説!電話番号の引き継ぎや解約方法なども

ビッグローブ光電話の料金やメリット、注意点を完全解説!電話番号の引き継ぎや解約方法なども

ビッグローブ光が提供している「ビッグローブ光電話」。

NTTの一般加入電話に比べて基本料や通話料金が安く、またauスマートバリューが適用できればさらにオトクに利用できます。

とはいえ、「光電話についてよくわからない」といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビッグローブ光電話の料金やメリット、注意点や申し込みの流れなどをわかりやすく解説していきます。

  • ビッグローブ光電話の料金は安い?
  • 今使っている番号をビッグローブ光電話でも引き継げるの?
  • ビッグローブ光電話の解約方法を知りたい

など、ビッグローブ光電話に関するあらゆるトピックにお答えしていきます。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
ビッグローブ光電話とは

ビッグローブ光電話とは、ビッグローブ光とセットで利用できる光回線を使用した電話サービスです。

NTTの一般加入電話より月額基本料や通話料がオトクになり、現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます(一部例外あり)。

以下の項目で、上記やその他のメリットをくわしく解説していきます。

2
ビッグローブ光電話のメリット

ビッグローブ光の主なメリットは、以下の4点が挙げられます。

  • 基本料金や通話料が安くなる
  • 電話番号の引き継ぎが可能
  • 支払いをひとつにまとめられる
  • auスマートバリューが適用される

電話代の安さをはじめとして、利便性に繋がる利点もあります。それぞれ魅力あるメリットですので、ひとつずつ解説をくわえていきます。

2-1
基本料金や通話料が安くなる

ビッグローブ光電話の大きなメリットとしては、NTTの加入電話に比べて基本料金や通話料金が大幅に安くなる点にあります。

基本料金と通話料の金額比較を以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

比較項目NTT加入電話ビッグローブ光電話
基本料金1,760円〜1,870円550円(基本プラン)
1,650円(ビッグローブ光電話A)
通話料(固定電話宛3分)9.35円(区域内)〜44円(60km以上)8.8円
通話料(携帯電話宛1分)17.6円17.6円

ビッグローブ光電話の基本プランは550円ですから、NTTの加入電話よりも単純計算で1,000円以上安くなります。

さらに携帯電話への通話料は同じものの、固定電話への通話料も距離によっては大幅に安くなっています。

また、ビッグローブ光電話Aの基本料金は1,650円ですが、以下のオプションサービスがセットになっています。

  • 発信者番号表示
  • 通話中着信通知
  • 自動転送
  • ナンバー・リクエスト
  • 迷惑電話ブロック
  • 着信お知らせメール
  • 528円分の無料通話

これらがセットになっていても、ビッグローブ光電話Aの月額基本料金は1,650円。無料通話分を考えれば実質1,100円ほどです。NTT加入電話よりも安く、かなりオトクであるといえるでしょう。

上記の理由から、「とにかく安く光電話を使いたい」方は基本プランがおすすめです。いっぽう、電話をよく使う方や必要なオプションがある人は、ビッグローブ光電話Aが向いています

2-2
電話番号の引き継ぎが可能

現在利用している電話番号は、一部の例外を除きそのまま引き継いで利用することが可能です。

電話番号が変更になると、連絡先の変更などの手間がかなりかかるため、引き継ぎできるのは魅力的なポイントだといえるでしょう。

電話番号の引き継ぎができないケースについては、後述する「電話番号が引き継げないケースがある」を参照してください。

2-3
支払いをひとつにまとめられる

ビッグローブ光電話はビッグローブ光とあわせて利用しますので、支払い先がひとつにまとめられるといったメリットもあります。

たとえばNTTの加入電話を利用していて、ビッグローブ光と契約しているならば、電話とネットの支払先は別々ですので、家計簿などの記帳がやや面倒です。

その点支払いが一本化できれば一手間減りますし、何より料金面でも安くなりますので、二重の意味でオトクだといえるでしょう。

2-4
auスマートバリューが適用される

ビッグローブ光とビッグローブ光電話は、auスマートバリューの対象になっています。

auのスマホやケータイ、タブレットなどを利用していて、ビッグローブ光とビッグローブ光電話を利用すれば、スマホやタブレットの月額料金が永年割引になります。

利用しているプランによって割引金額は異なりますが、550円〜1,100円ほど割引されます。また同居家族など、最大10回線まで適用できますので、適用される方が多いほどオトクになります。

とはいえ、1回線で550円の割引だとしても、ビッグローブ光電話の月額料金と同額ですから、実質的に基本料金無料でビッグローブ光電話を使えます。

かなりオトクなサービスですので、auのスマホやケータイ、タブレットを利用している方はぜひ検討してみてください。

3
ビッグローブ光電話の初期費用は?

ビッグローブ光電話を利用するにあたっては、工事や番号引き継ぎの費用がかかる場合があります。

いずれもそれほど高額ではありませんが、「どのくらいの金額になるのか」は確認しておいて損はありません。

以下で各費用について解説していきます。

3-1
工事費

ビッグローブ光の工事費は、大きく分けて以下の3つになります。

  • 基本工事費
  • 交換機器等工事費
  • 機器工事費(ひかり電話対応機器)

まず、基本工事費は以下となります。

ケース工事費
交換機等工事のみの場合1,100円(1工事ごと)
NTT東日本・NTT西日本が機器工事を行う場合4,950円(1工事ごと)

ビッグローブ光とビッグローブ光電話を同時に工事する場合は、上記の基本工事費は減額されます。

次に、交換機器などの工事費は以下となります。

項目詳細工事費
基本機能基本機能
テレビ電話・高音質電話・データ通信
1,100円
無料
ビッグローブ光電話A(エース)
同番移行
発信番号通知の変更
1,100円(1利用回線ごと)
2,200円(1番号ごと)
770円(1番号ごと)
付加サービス追加番号
複数チャネル
発信者番号表示
ナンバー・リクエスト
通話中着信通知
自動転送
迷惑電話ブロック
着信お知らせメール
FAXお知らせメール
770円(1番号ごと)
1,100円(1チャネルごと)
1,100円(1利用回線ごと)
1,100円(1利用回線ごと)
1,100円(1利用回線ごと)
1,100円(1番号ごと)
1,100円(1利用回線または1番号ごと)
1,100円(1番号ごと)
1,100円(1番号ごと)

ビッグローブ光電話A(エース)に関しては、ビッグローブ光電話と同時に工事をする場合は減額されます。基本プランからA(エース)へ変更する場合には工事費が発生しますが、A(エース)から基本プランへ変更する場合はかかりません。

また付加サービスは、ビッグローブ光電話と同時に工事する場合は減額されます。

最後に、機器工事費は以下となります。

ケース工事費
設置費 1,650円(1装置ごと)
設定費1,100円(1装置ごと)

設置費は、機器の開梱、設置、開通試験、片付け等に関わる工事費で、ビッグローブ光の回線工事と同時に行う場合は発生しません。

設定費は、ひかり電話対応機器の設定をビッグローブ光側に行ってもらう場合に発生する費用です。

一見、それなりの金額がかかってしまうように思えてしまうかもしれませんが、ビッグローブ光やビッグローブ光電話の工事と同時に行えば、それほどかかりません。

とはいえ工事費は人によって異なりますので、申し込みの際にしっかりと確認しておくと失敗がありません。

3-2
番号引き継ぎ(番号ポータビリティ)の費用

ビッグローブ光電話で番号ポータビリティを行う場合には、同番移行の工事費2,200円がかかります。

またNTTの一般加入電話の番号をビッグローブ光電話で利用する場合は、ビッグローブ光電話の基本工事費に加え、同番移行の工事費2,200円、利用休止工事費2,200円がかかります。

ちなみに、場合によっては別途工事が必要になる場合もあります。くわしくは申し込み時に確認しておくとよいでしょう。

4
ビッグローブ光電話の注意点

ビッグローブ光電話を利用する際に注意しておきたいポイントは、以下の4点です。

  • 通信障害や停電時には使えなくなってしまうことも
  • 電話番号が引き継げないケースがある
  • 通話不可の電話番号がある
  • 光電話を解約するとauスマートバリュー対象外に

各注意点を以下で解説していきますので、ご一読ください。

4-1
通信障害や停電時には使えなくなってしまうことも

ビッグローブ光電話は光回線を利用していますので、通信障害が起こったり、停電になってしまったりすると使えなくなってしまいます

上記の状況では、緊急通報を含む通話も不可となってしまいますので、念のために必ず覚えておきましょう。

とはいえ、これはビッグローブ光電話だけでなく、すべての光電話に共通する注意点です。

4-2
電話番号が引き継げないケースがある

ビッグローブ光電話で引き継げる電話番号は、NTT東日本/NTT西日本の一般加入電話またはISDNで取得した電話番号のみとなります。

たとえばauひかり電話・eo光電話などで取得した番号は、引き継ぎ不可となります。

またビッグローブ光電話で取得した番号についても、他社に切り替える際には引き継ぎ不可となりますので注意が必要です。

4-3
通話不可の電話番号がある

ビッグローブ光電話には、発信できない番号がいくつか存在します。

たとえば、以下の番号には発信することができません。

  • 0990(ダイヤルQ2)
  • 114(お話し中調べ)
  • 106(コレクトコール)
  • 0039、0036、0033など番号の頭に「00XY」を付加する番号

発信できない番号に関してくわしくは、「ひかり電話 接続できない番号について」を確認してみてください。

4-4
光電話を解約するとauスマートバリュー対象外に

auスマートバリューの適用条件はビッグローブ光とビッグローブ光電話にセットで加入していることなので、ビッグローブ光電話を解約してしまうと割引適用外になってしまいます

またビッグローブ光を解約した場合も同様です。

auスマートバリューの割引額は少なくありませんので、ビッグローブ光電話を解約したい場合は、適用外になっても損はないかを考えて決めるのがおすすめです。

5
ビッグローブ光電話の申し込みから開通までの流れ

ここからは、ビッグローブ光電話の申し込みから開通までの流れを解説していきます。

ビッグローブ光電話を申し込む際には、以下の4つのケースが考えられます。

  • ビッグローブ光を新規契約する場合
  • すでにビッグローブ光を契約中の場合
  • フレッツ光を契約中の場合
  • 他社の光電話を使っている場合

これらのケースを、以下でくわしく解説していきます。

5-1
ビッグローブ光を新規契約する場合

ビッグローブ光を新規契約する場合は、ネットの契約と同時にビッグローブ光電話を申し込むことができます

新規回線の申し込みは、「お申し込み(回線新規)」より行えます。

この際、同時にビッグローブ光電話を申し込めますので、申し込み後に工事などの連絡があり、開通工事が完了すれば利用を開始できます。

5-2
すでにビッグローブ光を契約中の場合

現在ビッグローブ光を利用している場合は、追加で光電話への申し込みが必要です。

問い合わせ先は以下となります。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

  • 電話番号:0120-86-0962
    03-6385-0962(携帯電話、IP電話の場合)
  • 営業時間:9:00~18:00(365日受付)

オペレーターにつながったら、ビッグローブ光電話を追加で申し込みたい旨を伝えましょう。

ちなみに、一般加入電話を利用している方は、この手順で番号ポータビリティを申し込んでください。

工事などが必要であれば後日行われ、その後利用開始となります。

5-3
フレッツ光を契約中の場合

フレッツ光を契約中の場合は、転用手続きをとってビッグローブ光へ乗り換えます。

フレッツ光のひかり電話を利用している方は、ビッグローブ光へ転用するとひかり電話もそのまま引き継がれます。ビッグローブ光電話への申し込みは必要ありません。

フレッツのひかり電話、または一般加入電話も利用していない方は、フレッツ光からビッグローブ光に転用した後に、ビッグローブ光電話を追加で申し込む必要があります。問い合わせ先は以下となります。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

  • 電話番号:0120-86-0962
    03-6385-0962(携帯電話、IP電話の場合)
  • 営業時間:9:00~18:00(365日受付)

フレッツ光を契約しており、一般加入電話を利用している方は、ビッグローブ光の転用申し込みを行い、転用が完了した後にビッグローブ光電話を申し込みます。申込先は上記枠内を参照してください。

5-4
他社の光電話を使っている場合

現在、ドコモ光などの光コラボレーション事業者と契約している方は、事業者変更手続きを踏むことで、ビッグローブ光へ乗り換えられます。

光電話も一般加入電話も利用していない方は、ビッグローブ光に事業者変更を行った後に、ビッグローブ光電話を追加申し込みしましょう。

現在光コラボの光電話を利用している方は、ビッグローブ光へ事業者変更をすることで、光電話も引き継ぐことができます。ただ、注意点でも解説したように、他社光コラボで取得した電話番号は引き継ぎ不可となります。

他社光コラボを利用中で、一般加入電話を利用している場合は、ビッグローブ光に事業者変更し、変更が完了したうえで、ビッグローブ光電話を追加申し込みしましょう。申し込みの窓口は以下となります。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

  • 電話番号:0120-86-0962
    03-6385-0962(携帯電話、IP電話の場合)
  • 営業時間:9:00~18:00(365日受付)

6
ビッグローブ光電話の解約方法

ビッグローブ光電話のみを解約したい場合は、BIGLOBEカスタマーサポートへ連絡して手続きをしてください。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

  • 電話番号:0120-86-0962
    03-6385-0962(携帯電話、IP電話の場合)
  • 営業時間:9:00~18:00(365日受付)

ビッグローブ光電話を解約すると、auスマートバリューの対象外となりますので注意が必要です。

また、ビッグローブ光の契約時にNTTの一般加入電話から番号を引き継いでおり、番号を残したい場合は、「アナログ戻し」という手続きが必要です。

アナログ戻しとは、今の光電話から一旦NTTの固定回線に戻し、新しい光電話と契約することを指します。

アナログ戻しを行いたい場合には、以下の連絡先に問い合わせてください。

アナログ戻しの問い合わせ先

  • NTT東日本:0120-116-000
  • NTT西日本:0800-2000116

7
まとめ

今回は、ビッグローブ光電話について、メリットや料金の詳細、注意点、申し込み手続きの方法などを解説してきました。

一般加入電話に比べて安く、auスマートバリューも適用させれば他社の光電話よりオトクになるケースもあります。

光電話の導入を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村