お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. 光回線
  5. OCN光とドコモ光乗り換えるならどっち?料金・キャンペーンや速度の違いを徹底比較
ネット回線
小西春 2022年12月1日

OCN光とドコモ光乗り換えるならどっち?料金・キャンペーンや速度の違いを徹底比較

OCN光とドコモ光乗り換えるならどっち?料金・キャンペーンや速度の違いを徹底比較

生活の基盤にあるインターネットですが、自分で契約するとなるとサービスが多くて迷ってしまうもの。

同じ光コラボであるOCN光とドコモ光、どちらも有名な会社が運営していますが、「実際どんなサービスの違いがあるのか」や「よりお得なのはどちらなのか」が気になってる方は多いのではないでしょうか。

OCN光とドコモ光は、ドコモ携帯の有無でお得な回線が変わります。

結論からお伝えすると、ドコモユーザーならドコモ光ドコモユーザー以外ならOCN光がおすすめと言えるでしょう。

この記事ではドコモ光とOCN光について、

  • OCN光とドコモ光のサービス・料金
  • OCN光での契約に向いている人
  • ドコモ光での契約に向いている人

など、気になる内容を纏めておりますので、最後まで読めば自分に向いている光回線がどちらなのか丸わかり!お見逃しの内容、是非最後までご覧ください。

小西春
執筆者
小西春 プロフィール

伝えるならとことんしっかり!知識のない方にもわかりやすくという視点を忘れずに、光回線の記事を書いています。長年通信会社に勤務し、身に付けた膨大な知識をwebライターとして活用しています。プライベートでも光回線を利用し、オンラインゲームを一人暮らしの部屋で満喫中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
【結論】ドコモユーザーはドコモ光、それ以外はOCN光がおすすめ

OCN光とドコモ光を比較する際、ドコモのスマホを使用しているかどうかでおすすめの光回線が決まります。

ドコモスマホを持っている方はドコモ光、それ以外の方はOCN光がおすすめです。

ドコモ光とOCN光がおすすめな人

何故、上記の結論になるのか、サービスの基本情報を確認しながら見ていきましょう。

項目OCN光ドコモ光
料金戸建てタイプ
5,610円
マンションタイプ
3,960円
戸建てタイプ
(A)5,720円(B)5,940円
マンションタイプ
(A)4,400円(B)4,620円
キャンペーン月額5か月無料
工事費無料
OCNモバイル割
新規工事料完全無料
ドコモスマホセット割り
キャッシュバック※
Wi-Fi貸し出し※
※プロバイダにより異なる
速度1Gbps1Gbps
エリア全国全国
契約期間2年2年
工事費戸建てタイプ
19,800円
マンション
16,500円タイプ
戸建てタイプ
19,800円
マンションタイプ
16,500円
違約金一律
3,600円
戸建てタイプ
5,500円
マンションタイプ
4,180円
オプションIPoEアドバンス
マイセキュア
ひかりTV for OCN
OCN光テレビ
ひかり電話
ひかりTV for docomo
ドコモ光テレビオプション
ドコモ光電話
ネットトータルサポート

2社とも光回線の中でも、ベーシックでオールマイティーに使用しやすい光コラボです。

一覧で見ても同じ条件の内容もあることが分かりますね。

サービスが似ている2つの回線を比較する際に、注目していただきたいのはキャンペーン内容。

OCN光は現在、家計応援キャンペーンとして月額5ヶ月無料になるキャンペーンを行っており、年間で掛かる料金が抑えられます。

ドコモ光はドコモユーザーに向けて、毎月スマホ代を割引きにするキャンペーンがあるので、ドコモユーザーが多いご家庭などであれば、圧倒的にお得に使用が可能!

そのため、ドコモユーザー以外の方はOCN光がおすすめですが、ドコモユーザーはドコモ光が最適な回線になるという訳です。

但し、ドコモユーザーの中でもより、細かく分類していくとOCN光の方がお得に利用できる方もいらっしゃいますので、以下で細かくご紹介してまいります。

2
OCN光とドコモ光の料金の違いを比較|総合的にお得なのは?

OCN光とドコモ光、総合的にお得な光回線は、先程お伝えした通り、契約者の状況によって異なります。

基本となる月額はOCN光の方がどちらも安くなっていますが、ドコモユーザーはドコモ光で契約した際に使用が可能になるスマホのセット割りとキャッシュバックがあります。

2-1
月額料金は戸建て・マンション共にOCN光の方が安い

月額料金のみで見ていくと、ドコモ光よりOCN光の方がお得に契約が出来ます。

回線名戸建てマンション
OCN光5,610円3,960円
ドコモ光 Aタイプ5,720円4,400円
ドコモ光 Bタイプ5,940円4,620円

ドコモ光は料金形態が2タイプありますが、料金以外のスペックがあまり変わらないためAタイプでの契約が一般的です。

OCN光とドコモ光(Aタイプ)の差額は、戸建てタイプで110円。マンションタイプだと440円。差額が大きいマンションタイプなどであれば、年間で5,280円も金額が変わります。

そのため、戸建て、マンションどちらでも、月々の固定費を抑えたい方はOCN光がおすすめと言えるでしょう。

OCN光はキャンペーンで月額5か月無料

現在、OCN光では家計応援キャンペーンを行っています。こちらのキャンペーンでは、月額料金が5か月分が無料に!

戸建てタイプですと総額28,050円、マンションタイプなら19,800円分が割引きの対象となります。

手続きが完了した日が1か月目と言うカウントになるので、引っ越しなどで開通日が決まっている場合以外は月初めからの利用が一番お得に使用出来そうですね!

OCN光の中でも割引きの対象額が最大級のキャンペーンなので、OCN光で契約を検討している方は、11月30日までに契約することをおすすめします。

2-2
ドコモ光はキャッシュバック45,000円もらえる!

ドコモ光で契約すると、高額キャッシュバックの受け取りが可能。

注意して頂きたいのは、プロバイダによってキャッシュバックの金額や適応の条件が異なることです。

おすすめは、オプションなしで高額キャッシュバックを受け取れるGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの申し込みを当サイトで行えば、なんと45,000円ものキャッシュバックがプレゼントされます。

このキャッシュバックを受け取れるかどうかで、よりお得な回線が変わると言っても過言ではありません。

残念ながら、このキャンペーンを受け取るにあたって大きな条件がありますので、以下でご説明いたします。

ドコモユーザー以外は受け取り不可

ドコモユーザー以外でもドコモ光の契約は可能ですが、プロバイダや代理店からウェブサイトで申し込むことは基本的に出来ません

そのため、ドコモユーザー以外はキャッシュバックの受け取りが出来ないと言うことになります。

\無条件で45,000円キャッシュバック/

2-3
スマホセット割がより充実しているのはドコモ光

光回線と言えば、欠かせないのはスマホの割引き。

ドコモ光は言わずもがな、ドコモスマホが割引きの対象になります。OCN光はOCNモバイルONEが対象になるようですね。

それぞれの内容も細かく見ていきましょう。

※ドコモ光のセット割について詳しく知りたい方は『ドコモ光のセット割がなくなった?!』もあわせてご覧ください。

ドコモ光はドコモスマホ1台につき1,100円割引き

ドコモ光のスマホ割は、契約者と契約者の家族が対象になり、毎月スマホ1台に対して1,100円割引きになるキャンペーンです。

但し、スマホの契約プランによって割引き額は変動がありますので、必ず確認しておきましょう。

割引き金額契約プラン
550円ギガライト(3GB以下)
1,100円5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト
ギガライト(5GB以上)

契約者から三親等以内の家族なら誰でも、20回線まで割引きの対象になります!

ドコモ光を契約した家に住んでない遠方のご家族も、割引きを受けることが可能です。

ドコモユーザーが多ければ多いほど、お得になるということですね!

逆に、ご家族にドコモ光を使用している方がいれば、もう既にあなたのドコモスマホは割引きの対象になっている可能性があります。

OCN光で契約した方が自身の負担額が安くなることもありますので、契約前にご家族の状況を聞いてみても良いかもしれませんね。

ahamoはセット割り対象外

ahamoとは、ドコモが打ち出した新料金の格安プラン!所謂、格安スマホになります。

ahamoもドコモの管轄にはなりますが、ドコモのスマホ割は対象外

ahamoを使用している方もあくまで、ドコモユーザー以外と言うグループに当てはまるということですね。

ドコモユーザー以外なら、OCN光での申し込みがお得で無難な選択なのではないでしょうか。

OCN光はOCNモバイルONEのみ220円割引き

OCN光では、OCNモバイルONEのスマホがセット割りの対象になっています。

OCN光モバイル割と呼ばれ、スマホ代が毎月220円割引きの対象です。最大5回線、合計1,100円まで割引可能!

ドコモと比べると、割引き額は低くなってしまいますが、格安スマホで割引きがあるのは嬉しいポイントです。

OCN光モバイル割は、OCN光の申し込みとは別に、セット割りを適応させるための手続きが必要になります。

OCN光モバイル割対象の方は、忘れずに手続きを行いましょう。

2-4
まとめ|ドコモスマホがあればドコモ光がお得!

料金面について徹底比較していきましたが、総合的にお得なのはドコモユーザーなら、ドコモ光

ドコモユーザー以外なら、OCN光と言うことが立証されましたね。

それぞれ重要視する観点によって変わりますが、シンプルに一番料金を抑えられるという見方では「ドコモスマホ」の有無で契約先を決定すると良いでしょう。

3
OCN光とドコモ光のキャンペーン内容の違いを比較|より充実しているのは?

OCN光とドコモ光は、それぞれ異なるキャンペーンを行っておりますが、内容の充実度はOCN光の方が高いと言えます。

何故なら、還元額を比較するとOCN光はドコモ光の最大キャッシュバック45,000円を超える、47,850円になるので、より充実度の高いキャンペーンになるからです。

OCN光ドコモ光
月額5か月無料
工事費無料
新規工事料完全無料
キャッシュバック※
Wi-Fi貸し出し※
※プロバイダにより異なる

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1
OCN光|今なら最大級の公式キャンペーンが適応可能!(現在終了)

OCN光キャンペーン
出典:OCN光

OCN光で行っている家計応援キャンペーンでは、月額5ヶ月無料+工事費も負担してくれるので、契約後基本料金がほとんどかからない状態で使用を開始出来るようになります。

キャンペーン料金
月額5ヶ月無料28,050円
工事費19,800円
合計47,850円

上記の内訳の通り、戸建てタイプですと還元額は47,850円とかなりお得なキャンペーンになっております。

初めて光回線の使用を開始する方にとって、工事費無料は大きなメリットですよね。

但し、Wi-Fi機器のレンタル代330円とオプション工事(光テレビ・光電話)の工事費は別途で必要になりますので、この点は注意しておきましょう。

キャンペーンは11月30日までの開催

家計応援キャンペーンは1年の中で最大級のキャンペーンになるため、対象の期間が設定されています。

期間は2022年11月30日まで。

延長の可能性もあると記載はありますが、今月で廃止になる可能性も高いので、迷っている方は是非このタイミングで申込みすることをおすすめします。

\5ヶ月無料でお得!/

3-2
ドコモ光|GMOとくとくBB経由で工事費無料・キャッシュバックなど充実

ドコモ光は、公式キャンペーンとして全ての申し込み窓口から適応可能な内容が2点あります。

公式キャンペーンとして適応されるのは工事費無料のキャンペーンスマホのセット割り

更に申し込みするプロバイダや代理店によって、特典内容がプラスされるというシステムです。

おすすめはプロバイダであるGMOとくとくBBからの申し込み

ドコモ光45,000円キャッシュバック

何故なら、キャッシュバック額が一番高額で、オプションなしの無条件で受け取ることが可能だからです。

プロバイダ名キャッシュバック
GMOとくとくBB45,000
plala15,000
@nifty20,000
OCN20,000

他社のキャッシュバック金額と比べても、一番条件が良いことが分かるのではないでしょうか。

注意して頂きたいのは、無条件でお得な45,000円キャッシュバックがもらえる対象が当サイトからの申し込み限定という点です!

OCN光と同じく、こちらのキャッシュバック内容もいつ切り替わるか分からないものになるので、早めの申し込みをおすすめします。

Wi-Fi貸し出しもあり

光回線を自宅で使用する際にWi-Fiの使用は必須!端末を無料で貸し出ししてくれる特典があれば安心して使用出来ますよね。

プロバイダ名Wi-Fi貸し出し
GMOとくとくBB
plala
@nifty
BIGLOBE
OCN
@ちゃんぷるネット

GMOとくとくBBはキャッシュバックが高額なだけではなく、Wi-Fiの貸し出しも無料◎

IPv6対応の高機能Wi-Fiを借りられるので、電子機器に詳しくない…と言う方も安心です。

ドコモ光が行うキャンペーンの工事費無料+Wi-Fiの貸し出しがあれば、使用開始の際の負担は楽になりますね。

4
OCN光とドコモ光の速度の違いを比較|速い回線はどっち?

光回線なら、インターネット使用時の快適さも重要なポイントです。この章では2社の速度について、詳しく掘り下げていきます。

項目OCN光ドコモ光
最大速度1Gbps1Gbps
平均速度284.99Mbps271.71Mbps
Ping値19.02ms19.25ms

OCN光とドコモ光は同じフレッツ光の回線を借りている光コラボなので、数値もかなり近いものになっています

日常生活に必要な回線速度は、大体10Mbps(スマホは5Mbps)~100Mbps程度と言われているので、平均速度を見ると2社とも使用に不便に感じることはない数値です。

平均としては、若干OCN光の方が速いですが、使用上で大きな違いが出ることはない程度の数値ですので、比較する上での大きな相違点にはならないでしょう。

4-1
どちらも最新IPv6対応で高速通信可能!

OCN光もドコモ光もIPv6対応で、高速通信が可能な光回線です。

「IPv6」と言われてピンとこない方も多いかと思いますが、「IPv6」とはインターネットの接続方法を指します。

IPv6方式
出典:OCN光

現在、インターネットで使用される接続方法はIPv6とIPv4の2種類。IPv6はIPv4よりもアクセスが可能なIPアドレスが多くあるため、接続がスムーズに行われます。

あまりピンとこない方は、高速道路などでイメージするとわかりやすいでしょう。

IPv6方式例

このように接続先が多くなることで、道筋が増え通信が快適に行われます。

IPv6は接続先のIPアドレスを増やすことで、車線の増えた高速道路のように快適な使用が可能になるということです。

4-2
更なる速度を求める人はOCN光のIPoEアドバンスがおすすめ

OCN光IPoEアドバンス
出典:OCN光

OCN光もドコモ光も速度面において充分に使用しやすい光回線ですが、更に速度を求めるならOCN光のIPoEアドバンスがおすすめです。

IPoEアドバンスはラグが少なく、遅延に強い、OCN 光のオプションサービス!ゲームやテレワーク、動画視聴などがより快適に使用ができます。

IPoEアドバンスはオプションですので、追加料金が1,848円必要となります。

月額料金とプラスすると、戸建てタイプ 7,008円。マンションタイプ 5,808円です。

一般的な光回線の料金設定よりは高くなってしまいますが、フレッツ光単独での契約だと高速通信オプションを付けた場合、月10,000円以上掛かってしまう可能性があるため、料金として特別高い訳ではありません。

上記のように口コミも良いので、気になる方は是非試してみてください。

5
OCN光とドコモ光の共通点【契約期間・工事費】

ここまでOCN光とドコモ光の相違点を細かく説明してきましたが、二つの会社には共通点もあります。

それは「契約期間が2年間」と言う点と「工事費が完全無料」ということです。

どちらもサービスにとって、プラスの要素となりますので、上記で上げた2点について、詳しく見ていきましょう!

5-1
契約期間は2年と一般的

お伝えした通り、OCN光とドコモ光どちらも契約期間は2年間となっております。

回線名契約期間
OCN光2年
ドコモ光2年

2年契約は、他の光回線と比べても平均的な数字です。基本的に2年以下で設定している回線自体(契約期間無しの回線以外)ないので、OCN光とドコモ光のメリットとして捉えて良いでしょう!

マンション等の賃貸であれば、住んでいる場所での契約期間に合わせて使用ができるのは非常に助かりますね。

2年以内の解約は違約金が必要

どうしても必要な解約理由があって、契約してから2年以内に解約した場合は解約金の支払いが発生します。

回線名解約金
OCN光3,600円
ドコモ光戸建てタイプ
5,500円
マンションタイプ
4,180円

2022年7月1日より各光回線の解約金が改定されたため、どちらの会社も以前より料金が下がっています。

表を見ると、OCN光はドコモ光より解約料金が安いことがわかりますね。

ドコモ光も平均的で特別高いというわけではないですが、契約期間が同じ分、OCN光の方がよりお得に契約ができるでしょう。

5-2
工事費はどちらも完全無料!

OCN光とドコモ光の工事費は、キャンペーンによってどちらも完全無料

他の光コラボだと、戸建てタイプで19,800円、マンションタイプで16,500円程度掛かるのが、一般的なため、とても良心的なキャンペーンです。

また、他社のキャンペーンで工事費が「実質無料」の会社もありますが、実質無料の場合解約をするタイミングによっては工事費の残債が必要なケースもあります。

一度フレッツ光の回線を通してしまえば、今後光コラボを使用する際に工事が不要となるので、これから先のことを考えると更にお得に感じるのではないでしょうか。

上記を踏まえて、工事費もOCN光とドコモ光どちらとものメリットになりそうですね。

6
OCN光・ドコモ光に申し込む方法

OCN光とドコモ光で契約を進める場合、どんな手順でどんな手続きを行うか気になっている方も多いかと思いますので、ここからは各会社毎に申し込みの方法をお伝えいたします。

6-1
OCN光への申し込み方法

まずはOCN光から紹介していきます。

OCN光申し込み手順

  1. インターネットでOCN光の申し込み
  2. OCN光から申込内容確認の連絡(ショートメールもしくは電話)
    ⇒開通工事日決定
  3. 必要な書類のお受け取り(会員ID・開通のご案内)
  4. 開通工事(立ち合い必須)
  5. ルーターなどの接続・設定
  6. (OCN光モバイル割の手続き)

上記のような手順で進めていきます。

おおよそ開通までには1か月程度掛かりますので、逆算して申し込むとよりスムーズです。

開通工事は契約時のお家の状態にもよりますが、光回線の利用が初めてであったり、今までauひかりやNURO光などの独自回線を使用していたと言う方は必要な項目となります。

工事の際は立ち合いが必須です。本人以外でも可能ですので、どうしても直近で予定が合わないという方は家族や信頼のおける人に頼むのも良いかもしれませんね。

また、OCN光の申し込みとは別にOCNモバイルONEを使用している方は、OCN光モバイル割への申し込みも必要です。

申請がない場合、適応されないので必ず手続きを行いましょう。

\5ヶ月無料でお得!/

6-2
ドコモ光への申し込み方法

次にドコモ光の申し込み方法を説明いたします。

ドコモ光申し込み手順

  1. インターネットでドコモ光の申し込み
  2. ドコモ光から申込内容確認の連絡(電話)
    ⇒開通工事日決定
  3. 必要な書類のお受け取り(会員ID・開通のご案内)
  4. 開通工事(立ち合い必須)
  5. ルーターなどの接続・設定
  6. キャッシュバックの受け取り手続き

OCN光と同じ光コラボの回線なので、手順としてはほとんど変わらないでしょう。

ドコモ光も開通までには、1か月程度掛かるので申し込みは早めがおすすめです。

開通工事は対象の人が同じように限られるので、光回線の利用が初めて言う方や今まで独自回線を使用していたと言う方は立ち合い工事が必要になります。

逆に今まで別の光コラボを使用していた方やフレッツ光を利用していた方は、無派遣工事と言う立ち合いの必要ない工事形態になります。

無派遣工事の場合も開通までに同じくらいの時間がかかりますので、覚えておくと良いでしょう。

ドコモ光のキャッシュバックは、プロバイダや代理店によっても異なりますが、開通月の翌月以降にキャッシュバック受け取り確認のメールが到着します。

その後、到着したメールに沿って手続きが必要ですので、受け取り忘れ防止のため、早めに済ませておくことをおすすめします。

\無条件で45,000円キャッシュバック/

7
OCN光とドコモ光でよくある質問

ここからはOCN光とドコモ光の比較の際に、よく疑問に上がる内容にお答えしていきます。

  • OCN光とドコモ光どちらがお得?
  • OCN光とOCNforドコモ光は何が違う?
  • OCN光とドコモ光はルーターが借りられる?

上記の3つに返答していきますので、気になるものがあれば参考にしてくださいね!

7-1
OCN光とドコモ光どちらがお得?

OCN光とドコモ光はドコモ携帯の所持で、お得な回線が変わります。

ドコモユーザーなら、キャンペーンのセット割やキャッシュバックが適応になるため、ドコモ光の方がお得。

ドコモユーザー以外なら、5か月間月額料金無料のキャンペーンを開催中なOCN光がお得です。

それぞれの条件によって異なるので、より詳しい内容を知りたい方は▽OCN光とドコモ光の料金を比較|総合的にお得なのは?▽をご覧下さい。

7-2
OCN光とOCNforドコモ光は何が違う?

簡単に言えば、OCNforドコモ光=ドコモ光です。

ドコモ光を契約する際、OCNにプロバイダを決定されている状態が「OCN forドコモ光」になります。

OCN光とOCNforドコモ光違い

OCN光もOCNforドコモ光も、どちらも同じフレッツ光+プロバイダOCNと言う組み合わせですが、契約先が異なるので、キャンペーンや月額料金、使用できるオプションが変わります。

7-3
OCN光とドコモ光はルーターが借りられる?

OCN光もドコモ光もキャンペーンによって、ルーターの貸し出しを行っています。

注意していただきたいのは、ドコモ光がルーターの提供を行っているのではなく、プロバイダが貸し出しを行っているので、プロバイダによっては貸し出しを行っていない会社もあります。

GMOとくとくBB/plala/@nifty/andline/BIGLOBE/BB.excite/SIS/ic-net/hi-ho/Tigers-net.com

上記の会社はルーターの貸し出しがあるプロバイダですので、参考にしてみてください。

8
まとめ

ここまでOCN光とドコモ光の比較を細かく説明してきました。

OCN光がおすすめなのは、ドコモユーザー以外。ドコモ光がおすすめなのはドコモユーザー、ということが分かりました。

さらに詳しく、OCN光について知りたい方はOCN光の評判を徹底チェック!の記事。ドコモ光について知りたい方は、ドコモ光の評判がスゴかった!の記事も合わせてお読みください!

他にも速度面や家族の光回線契約状態によって選ぶべき回線は変わるかと思いますので、この記事を読んで、貴方に一番適した光回線がどちらなのかよく検討し、選んでみてくださいね。

関連キーワード: 光回線 ドコモ光 比較 セット割 OCN光

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村