お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. 光回線おすすめ
  5. 【状況別】auユーザーにおすすめな光回線はココ!フレッツ光回線やマンションでのイチオシまで全解説
ネット回線
咲山美穂子 2022年11月15日

【状況別】auユーザーにおすすめな光回線はココ!フレッツ光回線やマンションでのイチオシまで全解説

【状況別】auユーザーにおすすめな光回線はココ!フレッツ光回線やマンションでのイチオシまで全解説

auユーザーにおすすめの光回線が知りたい!auユーザーならではの光回線の選び方はある?と思っている方へ。

また、auといえばauひかりが有名ですが本当にいいサービスなの?auひかり以外のおすすめも知りたい!という方もご覧でしょう。

結論、auユーザーはauスマートバリュー対象の光回線の中から選ぶのがお得です。その中でも特におすすめなのはこちらの5社。

また、DTI光はauセット割というスマートバリューとは違う割引が適用になるため、人によってはこちらがおすすめな場合も。

この記事を読めば、auユーザーの中でも自分に合った光回線や、お得な選び方がわかります。

auユーザーで光回線選びに悩んでいる方はこれを読めば一挙解決!ぜひ最後までご覧くださいね。

咲山美穂子
執筆者
ネット・電気・ガス全般に精通するインフラアドバイザー
咲山美穂子 プロフィール

某新電力会社で営業中、自社の電気を万人におすすめしていることに疑問を抱き、ひとりひとりに合った電気の紹介がしたい!とWebライターに。また、携帯販売員としての経験もあり。企業側もユーザー側も経験しているからこそ見える幅広い視点で、フラットに電気やガス、ネット会社を紹介していきます!気になったことはとことん調べ上げる性。隈なくリサーチした結果をもとにわかりやすく紹介していきます。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
auユーザーはスマートバリュー対象の光回線から選ぼう

auスマートバリュー

まず結論として、数ある光回線の中からauユーザーが選ぶべきは、auスマートバリュー対象の光回線です。

auスマートバリューが適用できる光回線を選ぶことで、元々月額料金が安い光回線を選ぶより固定費を節約することができます。

1-1
auスマートバリューとは?

auスマートバリューとは、auスマホと対象光回線をセットで契約することで、月々の携帯代が割引になる特典です。

割引額対象者
1回線につき最大1,100円
(スマホの契約プランにより変わる)
光回線契約者とその家族10回線まで

例えば家族5人が全員auユーザーの場合、毎月1,100円×5=5,500円が割引されます。

そしてこの割引はauユーザーでいる限り永年続きます。

適用には光電話の契約が必須

auスマートバリューを適用させるには、対象光回線の契約に加えて固定電話である「光電話」の契約が必須です。

固定電話自体の使用有無はauスマートバリューの適用には関係がなく、毎月基本料金を支払っていればauスマートバリューが適用されます。

そのため固定電話は全く使わない!という方もauスマートバリューを適用させるためには固定電話を契約しましょう。

povo(格安プラン)は対象外なので注意

近年登場した格安プランのpovoは残念ながらauスマートバリューの対象外です。

auスマートバリュー適用中にpovoに切り替えた場合も、その時点で適用外となってしまうので気を付けてください。

povoはどの光回線でもスマホセット割が適用されないため、シンプルに月額料金が安い光回線を選ぶのをおすすめします。

1-2
auスマートバリュー対象の光回線一覧

では、auスマートバリュー対象の光回線は何社あるのかというと結論9社ほど。

それぞれの基本情報を見てみましょう。

月額料金回線・最大速度提供エリア
auひかりマンション2,585円~独自回線
1~最大10Gbps
沖縄・関西・中部以外の全国
戸建て~12ヵ月:5610円
13~24ヵ月5500円
24ヵ月~:5390円
ビッグローブ光マンション4,378円フレッツ光回線
最大1Gbps
全国
戸建て5,478円
ソネット光プラスマンション4,928円フレッツ光回線
最大1Gbps
全国
戸建て6,138円
@niftyマンション4,378円フレッツ光回線
最大1Gbps
全国
戸建て5,720円
eo光マンション建物による独自回線
1~最大10Gbps
近畿+福井の一部
戸建て~12ヵ月:3,280円
12ヵ月~:5,448円
コミュファ光マンション
※光電話代込み
~12ヵ月:2,780円
12ヵ月~:4,400円
独自回線
1~最大5Gbps
東海
戸建て
※光電話代込み
~12ヵ月:3,310円
12ヵ月~:5,500円
メガエッグ光マンション4,070円独自回線
最大1Gbps
中国
戸建て~24ヵ月:5,170円
24ヵ月~:5,720円
BBIQ光マンション3,410円独自回線
1~最大10Gbps
九州
戸建て~12ヵ月:5,280円
13ヵ月~:6,380円
ピカラ光マンション
※光電話代込み
4,620円独自回線
1~最大10Gbps
四国
戸建て
※光電話代込み
5,940円

auスマートバリュー対象の光回線は全国対応の光回線よりも、地域に根付いた独自回線が多いのが特徴と言えます。

1-3
光電話を契約したくない場合はauセット割もある

auセット割

ここまでauスマートバリューの話をしてきましたが、どうしても光電話の契約は気が引けるという方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、光電話の契約をしなくても割引が適用されるauセット割です。

割引額対象者
光回線の月額料金が最大月1,320円割引光回線契約者本人のみ

auスマートバリューと異なる点は、割引されるのがスマホ代ではなく光回線代、そのため家族分の割引はなくなるというところ。

ただ、月々の割引額はauスマートバリューよりも210円ほど高くなるため、一人暮らしの方や家族でauユーザーが自分だけという方はお得ですね。

2022年10月現在、auスマホ割を実施している光回線はDTI光のみです。

2
もう迷わない!auユーザーにおすすめの光回線はこう決める

ここでは、auスマートバリュー対象の光回線の中から自分に合ったお得な光回線を選ぶ方法を解説します。

それよりもとにかくおすすめの光回線が知りたい!という方は一足先に【激選】auユーザーにおすすめの光回線6社をご覧ください。

2-1
対応エリア

auスマートバリュー対象の光回線はすべてが全国対応ではないため、まず確かめるべきは提供エリアです。

フレッツ光の回線を用いた光回線であれば全国どこでも利用が可能ですが、それ以外の独自回線では提供エリアが限られています。

申し込む際に実はエリア外だった!となることがないよう、まずはお住まいの地域に対応しているか否かを必ずチェックしてくださいね。

マンションはさらに詳しく確認が必要

マンションに住んでいる場合、建物によってはマンションタイプでの契約か難しかったり、そもそも光回線自体を引くのが難しい場合があります。

マンションタイプと戸建てタイプでは料金が下記のように大きく変わってくるため、可能ならマンションタイプで契約をしたいところ。

auひかりマンションタイプauひかり戸建てタイプ
月額2,585円~月額5,500円~

さらにauひかりなどの独自回線は、設備の問題で契約のハードルが上がります。

マンションで独自回線を契約できない場合は比較的どこでも利用が可能なフレッツの回線を、そもそも光回線自体の導入が難しい場合はコンセントに挿すだけでネットが利用できるホームルーターをご検討ください。

ホームルーターでは、auスマートバリューが適用になる「auホーム5G」がおすすめです。

光回線の契約ができるかは各サービスの公式サイトで住所を入力すると確認ができるので、こちらも要チェックです。

2-2
料金の安さ

続いては、言わずもがな料金の安さです。

月額料金以外にかかる金額も確認して、より安い光回線を選びましょう。

キャッシュバックなど含めた総額で比較する

また、安さを比較する際におすすめしたいのが月額料金だけでなく、キャッシュバックなど諸々含めた総額で比較するということです。

どんなに月額料金が低くても、2年間や3年間の支払い総額で比較すると実はそんなに安くなかったということも少なくありません。

こちらは、auスマートバリュー対象光回線の戸建て料金の支払い総額一覧です。

月額料金キャッシュバック額2年間の支払い総額3年間の支払い総額
auひかり~12ヵ月:5610円
13~24ヵ月:5500円
24ヵ月~:5390円
最大77,000円56,320円12,1000円
ビッグローブ光5,478円40,000円91,472円157,208円
ソネット光プラス6,138円50,000円97,312円170,968円
@nifty5,720円25,000円112,280円180,920円
eo光~12ヵ月:3,280円
12ヵ月~:5,448円
マンション3000円、
戸建て15,000円の商品券
89,736円155,112円
コミュファ光~12ヵ月:3,310円
12ヵ月~:5,500円
※光電話代込み
最大35,000円70,720円136,720円
メガエッグ光~24ヵ月:5,170円
24ヵ月~:5,720円
20,000円104,080円172,720円
BBIQ光~12ヵ月:5,280円
13ヵ月~:6,380円
30,000円123,120円199,680円
ピカラ光5,940円
※光電話代込み
30,000円112,560円183,840円

auひかりは一見料金が高そうに見えますが、キャッシュバックが77,000円もらえることを考慮すると実質額は最安値になります。

もちろん月々の支払いが安い方が良いという方もいると思うのでそのように選んでも間違いではありませんが、総額はいくらになるかということも頭の片隅に入れておいてくださいね。

光電話の料金も考慮する

auスマートバリューを適用させるには固定電話である光電話の契約が必須となり、光電話は月550円の基本料金がかかります

そのため、光回線の月額料金にプラス550円した金額が毎月のコストとなることを忘れないでおいてください。

中には下記の2社のようにauユーザーが光電話を契約することを前提として、光電話代がお得になる特典やプランがある光回線もあります

auひかりコミュファ光
光電話の基本料金が35ヵ月間無料
(GMOとくとくBBで3年契約を申し込んだ場合)
光回線と光電話のセット契約で
単体契約より200円ほど安くなる

月々のランニングコストを抑えたい方は、光電話代の節約に注目して選んでもよいでしょう。

2-3
回線速度の速さ

次に、回線速度に注目します。

調べたところ、auスマートバリュー対象の光回線については最大速度だけでなく実測値ともに日常生活に影響が出るほど遅いところはありませんでした。

みんなのネット回線速度を参考に、実測値をまとめた結果がこちら。

光回線実測値
auひかり下り:484.48Mbps
上り:439.05Mbps
ビッグローブ光下り:268.6Mbps
上り:226.01Mbps
ソネット光プラス下り:267.61Mbps
上り:254.19Mbps
@nifty光下り:193.18Mbps
上り:218.08Mbps
コミュファ光下り:592.22Mbps
上り:526.93Mbps
eo光下り:569.0Mbps
上り:473.34Mbps
BBIQ下り:409.51Mbps
上り:321.46Mbps
メガエッグ光下り:395.67Mbps
上り:315.64Mbps
ピカラ光下り:496.39Mbps
上り:425.62Mbps

ネット検索やSNS利用では10Mbpsほど、動画視聴でも30Mbpsほど出ていれば問題がないため、上記を見るとどの光回線も日常利用での速度面は心配がないと言えます。

ただ、リモートワークの方や家族でネットをよく使う方、動画のアップロードやダウンロードをよくする方などは回線速度も重視して選ぶのもありです。

また、回線状況は建物によっても大きく変わるため利用してみないとわからないのが実際のところ。そのため、もともとスペックの高い光回線にしておくというのもひとつの手です。

最大速度とは?
最良の条件が整った際に発揮できる理論上の速度。
実測値とは?
光回線利用中に出ている実際の速度。速度を比較する際は実測値が重要。
上り・下り速度とは?
上りはアップロード、下りはダウンロード速度のこと。

速度に優れているのは独自回線

ではどの光回線が速度に優れているのかというと、フレッツ光の回線を使用していない、独自回線と呼ばれる光回線です。

auスマートバリュー対象光回線の中で独自回線を使用しているのはこちら。

上記の光回線は提供エリアが限られている分利用人数も少なく、回線の混雑を避けられるため、比較的スムーズな通信が可能です。

2-4
工事の有無&費用

電柱工事

光回線の開通と切り離せないのが工事です。

工事の有無や工事費用の確認も忘れずに行いましょう。

新規申し込みは工事が必要

新たに光回線を開通する新規申し込みでは、派遣工事が必ず必要です。

作業員が来て工事を行うことを派遣工事と言い、派遣工事には立ち会いが必ず必要となります。

工事内容は建物の状況により異なりますが、基本的には電柱から光ファイバーを建物内に引き込み、その後室内で利用ができるように設定をします。

フレッツ光からは乗り換え先による

フレッツ光からの乗り換えは乗り換え先によって派遣工事になるか無派遣工事になるかが異なります

フレッツ光から同じくフレッツ光の回線を使用した光コラボに乗り換えることを転用と言い、転用の場合は無派遣工事、すなわち遠隔での操作で光回線の開通が可能です。

対して、フレッツ光の回線以外を使用した独自回線はほとんどの場合派遣工事が必要となります。

光コラボとは?

フレッツ光の回線設備を借りて独自のサービスを提供している光回線のこと。

ビッグローブ光、ソネット光プラス、@nifty光など。

工事費はどこも実質無料

工事費は光回線や工事の内容により3,000円~30,000円ほどの間と異なりますが、auスマートバリュー対象の光回線はすべて、実質無料となります。(コミュファ光はオプション加入で完全無料)

実質無料とは、工事費相当額がキャッシュバックで返金されたり、工事費の分割料金に対して毎月同額の割引がされ、実質的に無料になることです。

短期解約の可能性がある人は残債に注意

どこも実質無料になるなら工事費の高い安いは気にしなくて良いと思いがちですが、短期利用の可能性がある方は残債に気をつけなければなりません

例えばauひかりで3年契約プランを契約した場合、36ヵ月間かけて41,250円の工事費を割引していくことになります。

そのため2年で解約した場合、残り一年間払うはずだった工事費18,600円ほどを一括で支払わなければなりません。

万が一短期で解約する可能性のある方は、工事費が安めなフレッツ光の回線を用いた光回線や、分割期間が短めの光回線を選ぶことをおすすめします。

2-5
おまけ:Wi-Fiルーター無料レンタルの特典があるか

最後に、Wi-Fiルーターが無料レンタルできる特典があるかということもおまけ程度に覚えておくと良いでしょう。

光電話を契約すると、ホームゲートウェイという電話機能とWi-Fiルーター機能を兼ね備えた機器を無料でレンタルすることができます。

そのため、基本的にWi-Fiルーターを自分で用意する必要はありません。

しかし、家が広いなど電波を隅々まで届ける中継器が必要な場合は、ルーター無料レンタルができる光回線を選ぶとコストをかけずにより快適な回線環境を手に入れることができます。

3
【厳選】auユーザーにおすすめの光回線6社

ここからは、上記の選び方を元に比較した結果、本当にauユーザーにおすすめできる光回線6社を紹介していきます。

それぞれの光回線がおすすめなauユーザーをまとめました。

光回線おすすめな人
auひかり速さも安さも求める人
ビッグローブ光全国対応で安い光回線を求める人
eo光関西の戸建てに住んでいる人
コミュファ光東海で速い光回線を求める人
DTI光光電話を契約せずセット割を利用したい人
ソネット光プラスマンションで独自回線が引けない人

一括りにauユーザーといっても人によって状況はさまざま

ひとつずつ詳しく説明していくので、自分に合った光回線を見つけてくださいね。

3-1
断トツauユーザーファースト!速い×安い「auひかり」

auひかり×GMOとくとくBB
項目内容
提供エリア沖縄・関西・中部以外の全国
月額料金戸建て:~12ヵ月:5610円
13~24ヵ月:5500円
24ヵ月~:5390円
マンション:2,585円
最大速度1~最大10Gbps
実測値平均下り:484.48Mbps
上り:439.05Mbps
工事費41,250円
※実質無料
キャンペーン・77,000円キャッシュバック
・違約金負担
・35ヵ月間光電話無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント

まず紹介するのはauひかり。

大手のKDDIが提供している、支払い総額が最安な上に独自回線で速度も速く、提供エリア内であれば文句なしでおすすめできる光回線です。

提供エリアは沖縄・関西・中部以外の全国。エリア外の方は全国対応しているビッグローブ光をご検討ください。

auひかりはよく聞くけど、ほんとにいいサービスなの?と思っている方も納得のおすすめ理由を紹介していきます。

auスマートバリュー対象の光回線で一番安い

auひかりはなんとなく高いイメージがある方もいると思いますが、実はauスマートバリュー対象の光回線の中でも支払い総額が最安です。

また、月額料金も戸建ては5,390円~と平均ほど、マンションタイプはauひかりが既に導入済みの建物で2,585円〜という安さで利用ができます。

マンションにお住まいの方は、公式サイトで住所を入力するだけで料金などの確認ができます。

高額の77,000円キャッシュバック

auひかりはプロバイダが数社から選べますが、大手のGMOとくとくBBを選ぶと最大77,000円のキャッシュバックがもらえます。

適用条件は2年または3年契約プランに申し込むだけでオプション加入などの条件も一切必要なし

高額キャッシュバックが欲しい方はGMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

光電話が35か月間無料
auひかり電話

そして何といっても特筆すべきは、GMOとくとくBBから申し込むと光電話の基本料金550円が35ヵ月間無料ということ。

他の光回線であれば光回線の月額料金にプラスして毎月550円かかるため、大幅にランニングコストを抑えることができます。

上記はGMOとくとくBBの特典のため、他社から申し込んだ場合は適用外になるので気をつけてください。

独自回線で混雑知らずの高速通信

auひかりは独自回線で利用エリアも限られているため、回線が混雑することが少なく比較的速い速度が安定して出ます。

みんなのネット回線速度みんなの速度を参考に、実測値を比較しました。

auひかり光コラボ平均
下り:484.48Mbps
上り:439.05Mbps
200~300Mbps

ご覧の通り、auひかりはフレッツ光の回線を使用した光コラボよりも100Mbps以上の速度が出ています

オンラインゲームでも100Mbpsほど出ていれば問題なくプレイが可能なため、500Mbpsという速度は一人暮らしの日常生活では正直オーバースペックですが、家族が多い方や動画のダウンロードなどをよくする方にはストレスを感じることなく生活ができます

また、戸建てタイプであれば最大速度が5Gbpsや10Gbpsの高速プランも選ぶことが可能と、それぞれ用途に合った速度が選べるのも魅力です。

契約期間なしプランはデメリットが多いため注意

auひかりは2年契約・3年契約・契約期間なしのプランから選ぶことができますが、契約期間なしのプランはauユーザーにとってデメリットが多いです。

契約期間なしプランのデメリット

  • 光電話無料特典が適用外
  • 月額料金が割高
  • キャッシュバックが20,000円に減額

もしどうしても契約期間がネックなようであれば、契約期間のないDTI光を検討してみてください。

おすすめプロバイダはGMOとくとくBB

auひかり×GMOとくとくBB 顧客満足度

auひかりはプロバイダを選ぶ必要があり、おすすめはGMOとくとくBB!

GMOとくとくBBはみんなのネット回線速度においてauひかりのプロバイダランキング1位を獲得、オリコン顧客満足度調査「プロバイダ広域企業」ランキングでも2年連続1位を獲得した速度も評判もお墨付きのプロバイダ。

また、77,000円キャッシュバックに加え他社からの乗り換えの際にかかった違約金等をキャッシュバック、高性能Wi-Fiプレゼントなど特典も豊富な大手プロバイダです。

※auひかり×GMOとくとくBBのキャンペーンについて詳しく知りたい方は『auひかり×GMOとくとくBBのキャッシュバック内容!』も合わせてご覧ください。

3-2
フレッツ回線なら最安の「ビッグローブ光」

ビッグローブ光
項目内容
提供エリア全国
月額料金戸建て:5,478円
マンション:4,378円
最大速度1Gbps
実測値平均下り:268.6Mbps
上り:226.01Mbps
工事費19,800円
※実質無料
キャンペーン・40,000円キャッシュバック
・1年間Wi-Fiルーター無料レンタル

フレッツ光の回線を用いた全国対応の光回線の中でのイチオシは、ビッグローブ光です。

ビッグローブ光はauスマートバリュー対象光コラボの中で月額料金が最安な上、利用者の満足度も高いのが特徴。

auひかりがエリア外だった方や、引っ越しが多く独自回線の契約はリスクがある方などに向いている光回線です。

シンプルに安い月額料金

ビッグローブ光の特徴としては、何といってもシンプルに月額料金が安いというところ。毎月マンション4,378円戸建て5,478円とわかりやすい料金設定となっています。

また、下記のようにauスマートバリュー対象の全国対応の光回線の中で一番月額料金が安いです。

光回線月額料金
ビッグローブ光マンション4,378円
戸建て5,478円
ソネット光プラスマンション4,928円
戸建て6,138円
@niftyマンション4,378円
戸建て5,720円

加えて、キャッシュバック額も4万円と比較的高額なため、支払い総額においてもauスマートバリュー対象光コラボの中で最安なお得感満載の光回線です。

月額割引かキャッシュバックか選べる

ビッグローブ光 キャンペーン

ビッグローブ光は、月額割引かキャッシュバックかキャンペーンを選ぶことができます

月額割引キャッシュバック
月額料金が1年間1,480円引き40,000円

無条件で40,000円もらえるキャッシュバックのほうが断然お得ですが、月々の支払いを抑えたい方は月額割引を選んで元々安い料金をさらに安くすることもできます。

回線速度は平均的

回線速度は220~280Mbpsと光コラボの中ではまさに平均的

日常生活でまったく問題なく使用できる速度ですが、同時使用端末が多いなど光コラボの中でもっと安定した速度を求める方はソネット光プラスにオプションで付けられる専用帯域も検討してみてください。

フレッツ光から工事不要で乗り換えられる

フレッツ光から光コラボへの乗り換えを転用、光コラボから光コラボへの乗り換えを事業者変更と言いますが、どちらの場合でも基本的に開通工事不要で乗り換えられます。

また、ビッグローブ光は引っ越し先での工事費も無料なため、引っ越しが多いauユーザーの方にもおすすめの光回線です。

※ビッグローブ光について詳しく知りたい方は『ビッグローブ光の評判について知りたい!』も合わせてご覧ください。

3-3
関西の戸建てに住むauユーザーなら満足度NO,1の「eo光」

eo光
項目内容
提供エリア大阪、京都、兵庫、奈良、
滋賀、和歌山、福井
月額料金戸建て:~12ヵ月:3,280円
12ヵ月~:5,448円
マンション:建物による
最大速度1~最大10Gbps
実測値平均下り:569.0Mbps
上り:473.34Mbps
工事費29,700円
※実質無料
キャンペーンマンション3,000円、
戸建て15,000円の商品券がもらえる

eo光は、関西で有名な光回線。速度に定評があり、電気やガスとまとめてお得になるプランを展開するなど関西に住む方にぜひおすすめしたい光回線です。

ただ、マンションは建物により料金が割高になる場合もあるため、特に戸建てにお住まいの方や速度重視のauユーザーにおすすめです。

戸建て3,280円の安さではじめられる

eo光 暮らしスタート割

eo光は暮らしスタート割という月額料金が1年間割引になるキャンペーンを開催中です。

このキャンペーンにより、通常5,448円の戸建て料金が1年間3,280円という安さで利用ができます。

また、eo光は5Gbpsプラン、10Gbpsプランも選べ、どのプランでも1年間は3,280円で利用が可能と太っ腹です。

マンションタイプは建物により大きく料金が変わるので注意

既にeo光が導入マンションのみに適用されるマンションタイプは、建物により3,000円〜5,000円以上と料金の幅が広いです。

場合によってはビッグローブ光など全国対応の光回線の方が安い場合も十分にあるため、公式サイトの「料金・マンション検索」より料金を調べてから検討しましょう。

実測値が関西最速

eo光は独自回線を使用しており、実測値が関西最速と優秀です。

みんなのネット回線速度を参考に、関西で契約できる光回線と比較をしました。

光回線実測値
eo光下り:569.0Mbps
上り:473.34Mbps
さすガねっと下り:322.56Mbps
上り:169.27Mbps
NURO光下り:495.24Mbps
上り:461.85Mbps
So-net光minico下り:212.85Mbps
上り:230.8Mbps

eo光は、高速通信で有名なNURO光よりも速い速度が出ており、やはり提供エリアが狭い分、より混雑しにくくスピーディーな通信が可能となるようです。

この速さを月々3,280円の安さで利用できるとなると、関西でeo光の右に出る光回線はないと言えます。

電気やガスとのセット割あり

また、eo光は新電力であるeo電気、関西電力のガスとのセット割があります。

eo電気セット割関電ガスセット割
戸建て:ネット代が12ヵ月間550円引き
マンション:ネット代が4ヵ月間550円引き
電気代が4ヵ月間550円引き

関電ガスとのセット割はeo光、eo電気をどちらも契約した場合となりますが、生活インフラをまとめてお得にしたい人におすすめです。

また、このセット割は暮らしスタート割とも併用が可能なため、初年度の固定費をグッと抑えることができますよ。

※eo光について詳しく知りたい方は『eo光の実際の評判は?』も合わせてご覧ください。

3-4
東海で爆速を求めるauユーザーなら「コミュファ光」

コミュファ光×アウンカンパニー
項目内容
提供エリア愛知、岐阜、三重、静岡、長野
月額料金
※光電話代込み
戸建て:~12ヵ月:3,310円
12ヵ月~:5,500円
マンション:~12ヵ月:2,780円
12ヵ月~:4,400円
最大速度1~最大5Gbps
実測値平均下り:592.22Mbps
上り:526.93Mbps
工事費27,500円
※オプション加入で完全無料
キャンペーン・35,000円キャッシュバック
・他社の違約金還元

コミュファ光は、東海地方で提供されているとにかく速いとウワサの光回線。

光回線だけでなく光電話、テレビ、Netflixなどがセットになったお得なセットプランも魅力的です。

タイトル総ナメ!お墨付きの回線速度

コミュファ光は独自回線で、最大10Gbpsプランも選べるその回線速度に定評があります。

最近獲得した速度の実績はこちら。

光回線は有線で使用すると安定するものの、無線だと建物によっては不安定な場合もあります。

Wi-Fi環境下でも安定した高速通信が可能ということが証明されているのは、かなり安心できますね。

工事費はオプション加入なしでは無料にならない

コミュファ光の工事費は、オプション加入が条件で完全無料となります。

加入必須オプションは下記の2つ。

オプション名内容
スタート割2年間の利用で月額料金が割引になる
安心サポートPlusパソコンの修理やインターネットの設定をしてくれる

スタート割で月額料金が月々550円安くなりますが、安心サポートPlusの月額料金が770円かかるため、実質毎月220円プラスで払うことで工事費が無料となります。

ただ、独自回線で工事費が最大27,500円と高めではあるため、工事費が高い方はオプション加入をして工事費を無料した方がお得と言えます。

光電話とセットで初年度は月額2,780円~

コミュファ光×アウンカンパニー料金

コミュファ光は単体契約よりもお得な、光回線と光電話がセットになったプランを提供しています。

また、10月1日より1年間割引キャンペーンを実施中のため、光電話とセットでマンション2,780円~戸建て3,310円~という安さではじめられます。

このキャンペーンはいつ終わってしまうかわからないため、速さを求める東海にお住まいのauユーザーは今が申し込みのチャンスですよ。

3-5
光電話を契約しないauユーザーなら「DTI光」

DTI光
項目内容
提供エリア全国
月額料金
※auセット割適用時
戸建て:3,960円
マンション:2,640円
最大速度1Gbps
実測値平均下り:276.58Mbps
上り:252.63Mbps
工事費19,800円
※実質無料
キャンペーン・24,000円キャッシュバック

DTI光は、ドリーム・トレイン・インターネットが提供する光回線。

DTI光は光電話を契約しなくてもauスマホとのセット割を提供しているため、光電話を引くのは気が引ける方におすすめです。

フレッツ光の回線を用いた光コラボなので、全国どこでも利用が可能です。

auセット割で毎月1,320円引き

auセット割

DTI光は、auスマホとのセット割、auセット割を提供しています。

auセット割とは毎月最大1,320円を光回線の月額料金から割引してくれるもの。

auスマートバリューと違い契約者本人しか割引が適用されませんが、割引額はauスマートバリューよりも200円ほど高くなっています。

auセット割が適用された月額料金は下記のとおり。

マンション:3,960円→2,640円

戸建て:5,280円→3,960円

家族でauユーザーは自分だけという場合にはぴったりの割引ですね。

契約期間の縛りがなし

また、DTI光は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからないところがポイント。

月額料金は縛りなし光回線の中では気持ち高めではありますが、auセット割を考慮したら断然安くなるため、契約期間のない光回線を探しているauユーザーならDTI光がおすすめです。

キャッシュバックのお得感は少な目

DTI光は最初に工事費を一括払いし、その後工事費相当額をキャッシュバックに含んで実質無料となる仕組みのため、工事費を差し引いてもらえるキャッシュバック額は少な目です。

例えば工事費に19,800円かかった場合、キャッシュバックが24,000円のため工事費を差し引くと手元に残るのは4,200円ほどとなります。

他のauスマートバリュー対象の光回線であれば工事費とは別にキャッシュバックがもらえるため、総額のお得さを求める方はイマイチと感じてしまうのは実際のところです。

一方で、月々のランニングコストを抑えたい単身auユーザーにはぴったりなので、ぜひ契約してみてはいかがでしょうか。

3-6
マンションに住むauユーザーなら「ソネット光プラス」

ソネット光プラス
項目内容
提供エリア全国
月額料金戸建て:6,138円
マンション:4,928円
最大速度1Gbps
実測値平均下り:267.61Mbps
上り:254.19Mbps
工事費26,480円
※実質無料
キャンペーン・50,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・パソコンなどの初期設定無料
・さくさくスイッチ初月無料

最後に、マンションにお住まいで独自回線が引けない方におすすめの光回線、ソネット光プラスを紹介します。

ソネット光プラスは全国で利用できるフレッツ光の回線を用いた光回線で、契約期間が2年間と短いことが特徴です。

通常3年契約が多い光回線では2年で引っ越して解約しようと思うと違約金や工事費の残債がかかってしまうため、ソネット光プラスは2年周期で引っ越す方などマンションにお住まいの方に向いています。

無条件で50,000円の高額キャッシュバック

ソネット光プラスを公式サイトから申し込むと、無条件で50,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができます

50,000円はauスマートバリュー対象のフレッツ光の回線を用いた光回線の中では最高額となり、2年間の支払い総額もビッグローブ光に次いで安いです。

オプションで専用帯域にもできる

ソネット光プラス さくさくスイッチ

ソネット光プラスは、月々プラス1,100円でさくさくスイッチという高速帯域を利用することができます

マンションは他の住民と回線を共有しているため、同時利用者が増える夜などに速度が遅くなってしまうことも。

高速帯域が利用できるのはソネット光のさくさくスイッチを利用している方のみのため、混雑することなくスムーズな通信が可能になります。

マンションで独自回線は引けないけど光コラボは速度が不安・・というauユーザーにとって、まさにおすすめのオプションです。

今ならさくさくスイッチの初月料金が無料!お試し感覚で利用ができますよ。

ルーター無料レンタルで中継器にも◎

ソネット光プラスに申し込むと、Wi-Fiルーターを永年無料レンタルすることができます

光電話機能とWi-Fiルーター機能が備わったホームゲートウェイの中継器として使用すれば、お風呂や寝室まで快適なネットを届けることができるのは嬉しいポイントです。

※so-net光プラスについて知りたい方は『so-net光プラスの評判は?』も合わせてご覧ください。

4
auユーザーにおすすめの光回線についてのよくある質問

最後に、auユーザーにおすすめの光回線についてのよくある質問をまとめました。

4-1
auユーザーにおすすめの光回線はどこ?

auユーザーにはauスマートバリュー対象(スマホセット割が対象)の光回線がおすすめです。

その中でも特におすすめなのが実質額が最安のauひかり、auひかりがエリア外の方におすすめなのがフレッツ光回線で最安のビッグローブ光です。

また、マンションにお住まいの方には契約期間が2年と短めのソネット光プラスもおすすめです。

詳しくは、「【激選】auユーザーにおすすめの光回線6社」をご覧ください。

4-2
auユーザーが光回線を選ぶ際のポイントは?

auスマートバリュー対象の光回線の中でエリア、料金、速度を比較して選びましょう。

auスマートバリュー適用には光電話の契約が必須なため、光電話の料金も考慮して選びたいところです。

お得な選び方についてさらに詳しく知りたい方は、「もう迷わない!auユーザーにおすすめの光回線はこう決める」をご覧ください。

4-3
auスマートバリュー対象光回線はIPv6に対応している?

auスマートバリュー対象光回線は、速さが1Gbps以上のプランを選べば基本的にIPv6に対応しています。

IPv6とは、回線の混雑を減らし、安定した速度を保つことができる通信方法のことです。

4-4
auスマートバリューはpovoも適用される?

残念ながら、povoはauスマートバリュー対象外です。

povoと光回線のセット割はないため、シンプルに月額料金が安い光回線を選びましょう。

4-5
光電話を利用しなくてもauスマートバリューは適用される?

auスマートバリューには光電話の契約が必須ですが、利用の必要はありません。

ただ、利用はしなくても毎月550円の基本料金は発生することを覚えておきましょう。

4-6
光回線の契約が難しいauユーザーはどうすればいいの?

マンションでは建物によって光回線を引くことが難しい場合もあります。

そのような場合はauスマートバリューが対象になるホームルーター、「auホーム5G」がおすすめです。

ホームルーターとは工事不要、コンセントを挿すだけでネットが利用できるもの。

ポケット型Wi-Fiよりも通信の安定性があるため、家での使用に向いているWi-Fiです。

5
まとめ

auユーザーにおすすめの光回線を紹介してきましたが。いかがでしたでしょうか?

auユーザーは基本的にスマートバリュー対象の光回線がお得で、その中でも人によりおすすめは異なることがわかりましたね。

auユーザーの方は、ぜひこの記事を読んでお得な光回線選びに役立ててくださいね。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村