お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. 光回線おすすめ
  5. 違約金負担がある光回線はここ!お得な乗り換え先やキャンペーン利用時の注意点まで完全解説【2022年最新】
ネット回線
時任友梨佳 2022年12月1日

違約金負担がある光回線はここ!お得な乗り換え先やキャンペーン利用時の注意点まで完全解説【2022年最新】

違約金負担がある光回線はここ!お得な乗り換え先やキャンペーン利用時の注意点まで完全解説【2022年最新】

「急な引っ越しで今の光回線を解約して新しく契約しなければいけなくなった」

「解約しようと思ったら違約金こんなにかかるの?何とかしたい!」

「ホームルーター(WiMAX)を契約したけど速度が遅いから光回線に乗り換えたい!でも端末の残債こんなにある…」

上記でお悩みの皆さんに、違約金負担のある光回線を最速でお伝えします。

この記事でわかること

  • 違約金負担キャンペーンのある光回線一覧
  • 光回線やモバイルWi-Fiの解約で発生する違約金の内訳
  • 違約金負担キャンペーンで負担してくれる対象費用
  • 違約金負担が適用できないケースや利用前の注意点

違約金負担の適用は少しややこしく、うっかり適用されないケースもかなりあるため、そんなときの対処法まで詳しく解説していきます。

高額な違約金をどうにかしたい方は是非参考にしてみてくださいね。

時任友梨佳
執筆者
生活インフラの専門カウンセラー
時任友梨佳 プロフィール

東京都出身、慶應義塾大学経済学部を卒業後、某大手電力会社へ就職。営業として個人・法人と幅広く業務に関わり、お客様が抱えるコストの削減や環境対策などの課題に取り組む。最適なソリューションを提案し続けた経験を活かし、現在は電気・ガス・ネットなどインフラに関する情報を発信するべく、活躍の場をWEBへと広げ、インフラの専門家として奮闘中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

この記事の目次

1
【厳選】違約金負担キャンペーンのある光回線全8社!これで乗り換えも安心◎

2022年現在、他社インターネットサービスの解約時に発生する違約金を負担してくれる光回線は主に8社です。

違約金負担のある
光回線
違約金負担キャッシュバック違約金負担の
対象サービス
提供エリア
ドコモ光1万円4万5000円・他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
・WiMAX
全国
GMOとくとくBB光4万円
※12/27まで
1.2万円
※12/27まで
ソフトバンク光10万円3万7000円・ソフトバンク系以外の光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
※ソフトバンクエアーを除く
・WiMAX
auひかり3万円7万7000円・提供元がKDDI以外の他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
※WiMAXを除く
関西、中部、沖縄を
除くエリア
NURO光2万円4万5000円・他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
・WiMAX
北海道一部、関東、
東海(4県)、関西
(2府3県)、広島
岡山、福岡、佐賀
eo光6万円
※モバイルWi-Fiの端末代
残債負担は1万円まで
1万5000円関西エリア
さすガねっと1万9800円3,300円関西エリア
コミュファ光全額負担3万5000円東海エリア

どれを選んでも、違約金負担にプラスしてキャッシュバックや優秀な特典がついてくる光回線ですので、乗り換えの負担を一気に減らしてくれます。

選び方のコツとしては以下のポイントを参考にしてみてください。

違約金負担のある光回線を選ぶコツ

  • 純粋に負担額が多い、全額まかなえるところで選ぶ
  • キャッシュバックも合わせて総合的なお得さで選ぶ
  • 乗り換え前のサービスが負担対象にきちんと含まれているところを選ぶ
  • 提供エリア内のところを選ぶ

基本的に、解約で発生する費用を全額負担できる違約金負担額の光回線を選べばOKです。

ただし、乗り換え先の光回線を申し込む前に解約してしまった場合は違約金キャンペーンが適用されないことがほとんどです。

もし適用できない場合は純粋にキャッシュバック額が高い光回線を契約して、違約金を取り戻す方法がおすすめです。

ご紹介する光回線は、違約金負担があるかつキャッシュバックも充実している所ですので、提供エリアも踏まえてこの中からぜひ検討してみてください。

1-1
「ドコモ光」…違約金負担1万円と4.5万円キャッシュバック

大手キャリアドコモが提供する光コラボ「ドコモ光」では違約金負担キャンペーンを実施しています。

負担額は10,000円と少額ではありますが、無条件で45,000円の高額キャッシュバックが受け取れるため、合わせて55,000円も還元してくれる心強い光回線です。

ドコモ光概要
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
回線速度最大1Gbps
違約金負担10,000円
キャッシュバック45,000円
受取り時期違約金負担とキャッシュバック
合わせて開通から4か月後
工事費戸建て19,800円
マンション16,500円
※完全無料
提供エリア全国対応
その他特典・Wi-Fiルーター無料レンタル
・dポイント2000pプレゼント
・ドコモスマホとのセット割

ドコモ光にすると他社の違約金を10,000円まで負担

ドコモ光に乗り換えると、他社の解約で発生した違約金を10,000円まで負担してくれます。

負担範囲は、光回線の解約でかかる全ての費用が対象、もちろんWiMAXなどのモバイルWi-Fiの解約で発生する端末代の残債も含まれます。

ドコモ光の違約金負担を適用させる手順

ドコモ光の違約金負担を受け取るには、ドコモ光を申し込み後、現在契約中のネットを解約するという順番で進めます。

ドコモ光の違約金負担適用の流れ

  1. ドコモ光を申し込んだ後、現在契約中のインターネットを解約する
  2. 違約金が分かる証明書のコピーを、ドコモ光申し込みから3か月後までに送付する。
  3. ドコモ光の開通後、キャッシュバックの受取り手続きを済ませる。
  4. 無事適用されると、違約金負担の10,000円が増額されたキャッシュバックが還元される。

違約金の証明書は、申込み受付時にオペレーターから案内される所定の方法で提出します。

無条件で45,000円の高額キャッシュバックがある

ドコモ光45,000円キャッシュバック

ドコモ光では、新規申し込みで45,000円のキャッシュバック特典がついてきます。

違約金負担と併用可能ですので、他社の乗り換えで発生した違約金もこれで全額無かったことにできます。

総額55,000円還元ができるのはドコモ光×GMOとくとくBBだけ

違約金負担とキャッシュバックを合わせて55,000円の高額還元ができるのは、ドコモ光の正規プロバイダ「GMOとくとくBB」だけです。

ドコモ光はたくさんの申し込み窓口(プロバイダ)がありますが、キャッシュバック額が一番なのはGMO。その他の特典もかなり充実しています。

  • 開通工事費完全無料
  • 高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • ドコモユーザーならスマセット割で毎月1,100円引き

ドコモ光なら工事費もルーターも無料です。違約金を帳消しにするだけでなく、とにかくお得に乗り換えたいという方は是非ご検討ください。

※ドコモ光のお得な申し込み先について知りたい方は『ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細記事』も合わせてご覧ください。

1-2
「GMOとくとくBB光」…違約金負担4万円と1.2万円キャッシュバック(12月限定)

ドコモ光やソフトバンク光などと同じ全国対応の光コラボである「GMOとくとくBB光」。

GMOとくとくBB光は12/27まで一律40,000円の違約金負担キャンペーンを実施中で、月額料金もシンプルに安いため、注目必須の光回線です。

GMOとくとくBB光概要
月額料金戸建て:4,928円
マンション:3,883円
回線速度最大1Gbps
違約金負担40,000円
※12/27まで
受取り時期違約金負担:開通から12か月後
キャッシュバック12,000円
※12/27まで
工事費戸建て19,800円
マンション16,500円
※実質無料
提供エリア全国対応
特典・Wi-Fiルーター無料レンタル
・契約期間なし、解約金ゼロ

GMOとくとくBB光にすると他社の違約金を4万円まで負担

GMOとくとくBB光に乗り換えると、解約に伴う違約金を金額に関わらず一律4万円まで負担してくれます。

対象はもちろん光回線の契約解除料や工事費残債、WiMAXなどの端末代の残債まで入ります。

GMOとくとくBB光の違約金負担を適用させる手順

GMOとくとくBB光の違約金負担を適用させるには、申し込み後GMOの違約金負担窓口に、別途電話で申し込む必要があります。

GMOとくとくBB光の違約金負担適用の流れ

  1. GMOとくとくBB光をお申込み後、電話にて違約金負担特典を申し込む
    (TEL:0570-045-109 受付時間:10:00~19:00(平日))
  2. 開通月から3か月後までに他社サービスを解約し、指定の方法で解約違約金明細の写真を提出する
  3. 開通から11ヶ月後、「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」が送信される
  4. 口座登録完了後、翌月末に違約金が振り込まれる

GMOとくとくBB光は違約金が4万円以内のひとにおすすめ

GMOとくとくBB光は、縛りなし回線の中で違約金負担がある数少ない光回線です。

さらに、かかった違約金にかかわらず一律4万円がもらえるのも魅力。

また12/27まで、全員12,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも実施中です。

さらにGMOとくとくBB光は契約期間が無いため、解約金が発生しません。今回の乗り換えで違約金がかかったという経験をもうしたくないなという人にもオススメですよ。

※GMOとくとくBB光について知りたい方は『GMOとくとくBB光の評判は?』も合わせてご覧ください。

1-3
「ソフトバンク光」…違約金負担10万円と3.7万円キャッシュバック

ソフトバンク光では、「あんしん乗り換えキャンペーン」と題して最大10万円まで他社の違約金を負担してくれるキャンペーンを開催しています。

最大10万円も負担してくれるのはソフトバンク光のみ。ソフトバンク光に乗り換えれば必ず違約金を満額取り返せます。

ソフトバンク光概要
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
回線速度最大1Gbps
違約金負担100,000円
※WIMAXなどの端末代残債は最大42000円
キャッシュバック45,000円
受取り時期違約金負担:開通から最短2か月後
キャッシュバック:開通から最短2か月後
工事費最大26,400円
※実質無料
提供エリア全国対応
特典・Wi-Fiルータープレゼント(特典Bの場合)
・ソフトバンクスマホとのセット割

ソフトバンク光にすると他社の違約金を10万円まで負担

ソフトバンク光を乗り換え先に選ぶと、他社光回線の解約で発生する違約金を最大10万円まで負担してくれます。モバイルWi-Fiの端末代残債負担は42,000円までです。

「違約金が10万円くらい高額になることってあるの?」と思いますよね。違約金が高額になってしまう例としては、以下が挙げられます。

※2022年7月以前にSo-net光プラスを契約し、半年で短期解約したケース

・契約解除料として20,000円
・工事費26,400円(36回の分割払い中)の残債として約22,000円
・事業者変更承諾番号の発行手数料として3,300円
合計45,300円の違約金がかかる

このように、光回線を短期で解約すると約5万円もの違約金がかかりますが、ソフトバンク光なら全額負担してくれるのでかなり嬉しいですよね。

ソフトバンク系のサービスは対象外になるので注意

負担額が群を抜いて多いのが魅力なのですが、残念ながら以下のサービスは違約金負担の対象外になります。

ソフトバンク光の乗り換えキャンペーンで対象外のサービス
ソフトバンクエアー、Yahoo!BB ADSL、ホワイトBB ADSL、ワイモバイル、ソフトバンク回線のモバイルWiFi、提携しているケーブルテレビ
ソフトバンク光の違約金負担を適用させる手順

ソフトバンク光の違約金負担を受け取るには、ソフトバンク光を申し込み後、現在契約中のネットを解約するという順番で進めます。

ソフトバンク光の違約金負担適用の流れ

  1. ソフトバンク光を申し込んだ後に、現在契約中のインターネットを解約する
  2. 違約金が分かる証明書のコピーを、課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに返送する
  3. 乗り換えキャンペーン適用確定日の翌月下旬頃に、普通為替として還元される

ソフトバンク光の違約金負担は違約金が特に高額な人におすすめ

ソフトバンク光は違約金負担額が高額なだけでなく、キャッシュバックも最大37,000円と優秀です(転用・事業者変更は15,000円)。

「すでに解約してしまったから乗り換えキャンペーンを適用できない!」という人もこの高額キャッシュバックを違約金の返済に当てることができます。

一部対象外のサービスもありますが、負担対象のサービスを利用していて、解約費用が高額過ぎてでなんとかしたい!という人にはソフトバンク光がぴったりです。

※ソフトバンク光ついて詳しく知りたい方は『ソフトバンク光の違約金負担とは?』も合わせてご覧ください。

1-4
「auひかり」…違約金負担3万円と7.7万円キャッシュバック

auひかりはすでにご紹介したドコモ光などの光コラボとは違い、au独自の回線です。

提供エリア外のところもありますが、違約金負担額は30,000円と高額ですので、エリア内のauユーザーにお勧めしたい光回線。

さらに新規申し込みで最大77,000円のキャッシュバックが貰える特典付き。乗り換え先に最適な光回線となっています。

auひかり概要
月額料金戸建て:5,610円
マンション:4,180円
回線速度最大1Gbps
違約金負担30,000円
キャッシュバック77,000円
受取り時期違約金負担:最短2か月後
キャッシュバック:1年後と2年後
工事費最大41,250円
※実質無料
提供エリア関西、中部、沖縄を除くエリア
特典・Wi-Fiルータープレゼント
・auスマホとのセット割
・auひかり電話代550円が35か月無料

auひかりにすると他社の違約金を3万円まで負担

auひかりでは、違約金負担キャンペーンとして最大30,000円まで解約で生じた費用を負担してくれます。

ただし、キャンペーンの大元はKDDIであることが関係し、他の光回線と比べて対象外のサービスが多いので下記で確認してみてください。特にWiMAXの端末代残債も対象外となります。

auひかりの違約金負担対象外のサービス
2auひかり、auひかりちゅら、ひかりJ、ビックローブ光、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガ・エッグ、BBIQ、So-net 光、エディオンネット (基本パック、IoTパック) 、KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービス、WiMAX

解約予定の光回線がau系のものでなければきちんと対象になります。負担額も30,000円ですので、大体の違約金をまかなうことが可能です。

auひかりの違約金負担を適用させる手順

auひかりの違約金負担適用の流れ

  1. auひかりを申し込み、現在のインターネットを解約する。
  2. 解約で発生した費用が分かる証明書を用意する
  3. 申し込みから12ヵ月以内に「スタートサポート共通申請書+他社違約金エビデンス」を郵送する。
  4. 郵便為替、auペイチャージまたは月額料金割引の3パターンで還元される

auひかりの違約金負担は、還元形式が3つあり少々ややこしいため確認しておきましょう。

乗り換え前の
インターネットサービス
auひかり違約金負担30,000円
の還元方法
他社光回線
他社モバイルWi-Fi
ホームタイプ・au PAY 残高へ
のチャージ
・郵便為替での還元
マンションタイプ・au PAY 残高への
チャージ
・郵便為替での還元
※最大10,000円
月額料金から割引
※最大20,000円
(1,000円/月×最大20か月)

auPAY残高へチャージの場合、違約金負担申請から約1か月でチャージされます。

郵便為替を選択した場合はご自宅に2ヶ月以内に郵送されます。

マンションタイプで違約金負担が1万円を超えた方は、月額料金から毎月1,000円ずつ割り引かれます。適用は申請の翌月以降です。

auひかりは以前KDDIのサービスを利用していない人におすすめ

違約金負担の対象サービスが限られるため、全ての人にオススメはできないですが、逆に適用できる人ならキャッシュバックと合わせてかなりお得に契約できます。

他にも、高性能のWi-Fiルーターが無料で利用できたり、auスマホとのセット割もあるため、auユーザーでauひかり圏内の方の乗り換え先としては文句なしの一社ですよ。

※auひかりの乗り換えキャンペーンついて詳しく知りたい方は『auひかりの乗り換えスタートサポートとは?』も合わせてご覧ください。

1-5
「NURO光」…違約金負担2万円と4.5万円キャッシュバック

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する独自の光回線です。

NURO光にでは「あんしんのりかえサポート」として、他社の解約でかかった違約金を20,000円まで負担してくれるキャンペーンを開催しています。

光コラボではないため提供エリアは限られますが、最大2Gbps&独自回線なので速度は光コラボより約2倍、一度に何台接続しても混雑せずサクサクです。

NURO光概要
月額料金5,200円
(戸建て、マンションともに)
回線速度最大2Gbps
違約金負担20,000円
キャッシュバック45,000円
受取り時期違約金負担:最短6か月後
キャッシュバック:最短6か月後
工事費44,000円
※実質無料
提供エリア北海道一部、関東、
東海(4県)、関西
(2府3県)、広島
岡山、福岡、佐賀
特典・1年間月額料金980円
※キャッシュバックと併用不可
・auスマホとのセット割
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前レンタルWi-Fiあり

NURO光にすると他社の違約金を20,000円まで負担

NURO光にするとあんしんのりかえサポートとして、光回線の解約金や工事費残債、モバイルWi-Fiの端末代残債など全ての費用を20,000円まで負担してくれます。

負担額は平均的ですが、どんなに違約金が高い人でも半分程はまかなえるはずです。

NURO光の違約金負担を適用させる手順

NURO光の違約金負担キャンペーンは、申し込みができるまでに時間がかかるため、最短で申請出来たとしても還元の受け取りは6か月後となります。

NURO光の違約金負担適用の流れ

  1. NURO光を新規で申し込み、現在契約中のインターネットサービスを解約する。
  2. 開通から5ヶ月後、NUROから「違約違約金証明書貼付シート」が送付される。
  3. 「解約違約金証明書貼付シート」に情報を添付して、2ヶ月後末日までに返送する。
  4. 不備がなければNUROが受領した日から45日以内に、特典受取の案内メールが送られる。
  5. NUROマイページ内で特典受け取りの手続きを45日以内に完了させると、順次還元が振り込まれる。

他社の違約金負担キャンペーンと比べて、工程や難しさは同じですが、どうしても還元されるまで半年かかってしまうことは覚えておくとよいですね。

NURO光は他社から乗り換えて速度を極めたい人にオススメ

NURO光は、最大2Gbpsの速度を出せるスペックを持ちながら、月額5,200円と他社より安めの料金で利用できる高コスパな光回線。

モバイルWi-Fiを使ってみたけど、速度が遅すぎて使えない、やっぱりサクサク大容量でネットを使いたい!という人は、違約金負担を利用してNURO光の速さを体感してみてはいかがでしょうか。

さらに今なら月額料金が1年間980円で利用できるキャンペーンと、45,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを同時開催中。

併用はできないため、1年以上利用される方は月額料金割引を適用して最大限お得に申し込んじゃいましょう。

※NURO光について知りたい方は『NURO光の最新キャンペーン徹底解説』も合わせてご覧ください。

1-6
「eo光」…違約金負担6万円と1.5万円キャッシュバック

eo光は関西エリア(2府4県+福井県)だけに独自回線を引いている光回線です。

関西で光回線を乗り換えることになり、今契約しているサービスの解約金でお困りの方は、eo光の最大60,000円の違約金負担を利用してお得に乗り換えることが可能です。

※独自回線なので、マンションタイプは導入物件が限られてしまうことにご注意ください。導入されていない場合は全国対応の光コラボを検討してくださいね。

eo光概要
月額料金戸建て
1年目:3,280円
2年目5,448円
マンション※物件によって異なる
1年目:3,326円~
3年目3,876円~
回線速度最大1Gbps
違約金負担60,000円
キャッシュバック15,000円
受取り時期違約金負担:最短7か月後
キャッシュバック:最短2か月後
工事費29,700円
※実質無料
提供エリア(2府4県+福井県)
特典・Wi-Fiルーターレンタル1年間無料
・auスマホとのセット割
・eo電気、関電ガスとのセット割
・サブスク料金が割引など

eo光にすると他社の違約金を60,000円まで負担

eo光を乗り換え先に選ぶと、他社の解約でかかった費用を最大60,000円まで負担してくれます。

負担額60,000円はかなりの額。どの光回線を早期解約した場合でも、おおむねまかなえる額になります。

ただしWiMAXなどのモバイルWi-Fiの端末代の残債の負担は1万円までとなります。

ソフトバンクエアーなど、モバイルWi-Fiの解約費用が高額な場合は、次にご紹介する関西のインターネット「さすガねっと」の方がお得になっていきます。

eo光の違約金負担を適用させる手順

eo光の違約金負担は、郵送ももちろん可能ですがWEB上でも手続きができる珍しいキャンペーンです。

eo光の違約金負担適用の流れ

  1. eo光を新規で申し込み、6カ月以内に現在契約中のインターネットサービスを解約する。
  2. 解約したサービスの違約金証明書を用意する。
  3. eo光が用意する所定の方法(➀【WEB申請】、➁【郵送】)で申請する。
  4. eo光の開通から7か月後、eoから規約金受け取りに関するメールが届く。
  5. メール受信日から40日以内に登録すると、順次登録口座に違約金負担額が振り込まれる。

書面にて違約金負担を申請する場合は、【eo光違約金負担について】を開き、「他社違約金補填申請書」をダウンロードして、証明書を貼り付けたうえで郵送してくださいね。

eo光は関西で前の光回線の解約費用を一掃したい人におすすめ

eo光は関西エリア限定ですが、月額料金も初年度が安く、何より独自回線だから全国対応の光回線より速度もサクサク。

光回線を早期で解約してしまうことになった!という方は、どんなに工事費の残債があろうともeo光がほぼすべて負担してくれますよ。

今ならキャッシュバックも5,000円増額の15,000円。お得な乗り換え先として是非検討してみてください。

※eo光について詳しく知りたい方は『eo光の実際の評判は?利用者の口コミから分かったメリットとデメリットを完全解説』も合わせてご覧ください。

1-7
「さすがねっと」…違約金負担約2万円と大阪ガスとのセット割

さすガねっとは、関西の都市ガスで有名な大阪ガスが、2022年3月に提供開始した光回線です。

さすガねっとは他社の解約費用を最大19,800円まで負担してくれる違約金負担キャンペーンを開催しています。

大阪ガスを契約している方への特典が多く、3つのプランから自由に速度と料金を選べるのが魅力です。

項目めちゃはやプランはやとくプランとくとくプラン
戸建て月額料金
(ガスセット割含む)
1年目:3,300円
2年目~:5,720円
1年目:2,970円
2年目~:5,390円
1年目:2,750円
2年目~:4,950円
マンション月額料金
(ガスセット割含む)
1年目:2,530円
2年目~:4,070円
1年目:2,200円
2年目~:3,850円
回線速度下り最大:2Gbps
上り最大:1Gbps
下り最大:1Gbps
上り最大:1Gbps
下り最大:320Mbps
上り最大:10Mbps
違約金負担19,800円
キャッシュバック3,300円
受取り時期違約金負担:最短2か月後
キャッシュバック:最短2か月後
工事費最大44,000円
※実質無料
提供エリア近畿2府4県
(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)
共通特典スタート割で初年度の月額料金が格安
個別特典ソフトバンクスマホとのセット割テレビとセットで工事キャッシュバックauスマホとのセット割

さすガねっとにすると他社の違約金を約2万円まで負担

さすガねっとに乗り換えると、他社の解約費用を最大19,800円負担してくれます。

さすガねっとは3プランありますが、どのプランを契約してもこの違約金負担キャンペーンは適用されます。

違約金の対象は、他社光回線の解約金、モバイルWi-Fiなどの端末代残債も含まれます。

さすガねっとの違約金負担を適用させる手順

さすガねっとの違約金負担適用の流れ

  1. さすガねっとを新規で申し込み、現在契約中のインターネットサービスを解約する。
  2. 違約金が分かる証明書を発行する
  3. さすガねっとから送られる書類に同封された、「違約金相当額補填割引」申込書に違約金証明書のコピーを貼り付けて送付。
  4. さすガねっとが申請を確認できた月から違約金負担額が還元され始める。

さすガねっとの違約金負担は、毎月の月額料金が1,000円引きになることで還元されていきます。

そのため最大19,800円の還元を受けるためには20か月さすガねっとを継続利用する必要があります。

※さすガねっとの違約金負担について詳しく知りたい方は『さすガねっとの違約金負担はいつ貰える?』も合わせてご覧ください。

さすガねっとは大阪ガスを契約中の人で違約金を帳消しにしたい人にオススメ

さすガねっと大阪ガス契約者にとってメリットが多い光回線です。高額なキャッシュバックはないですが、関西限定のインターネットに乗り換えたい!という人におすすめです。

大阪ガスとのセット割(330円引き)や、電気とガスとネットをまとめて安くしたい関西の方なら、乗り換える価値があるでしょう。

※さすガねっとは3つのプランがあって迷いやすいため、『さすガねっとの評判は良い?』も是非参考にしてみてください。

1-8
「コミュファ光」…違約金”全額負担”と3.5万円キャッシュバック

コミュファ光は東海エリア(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)限定の独自回線。

エリアは限られますが、違約金負担キャンペーンを適用させると解約でかかった費用をなんと全額還元してくれる優良光回線です。

コミュファ光概要
月額料金戸建て
1年目:2,980円
2年目~:5,170円
マンション
1年目:2,450円
2年目~:4,070 円
回線速度最大1Gbps
違約金負担\全額負担/
キャッシュバック35,000円
受取り時期違約金負担:最短3か月後
キャッシュバック:最短1か月後
工事費29,700円
※実質無料
提供エリア(2府4県+福井県)
特典・スタート割で1年間月額料金が割引
・auスマホとのセット割
・サブスク料金が割引など

コミュファ光にすると他社の違約金を全額負担してくれる

改めて、コミュファ光に乗り換えると、契約中のインターネットサービスの解約費用を全て負担してくれます。

”全額”というところがなにより嬉しいですよね。負担範囲は特に対象外になるサービスは無く、どんなに高額な違約金がかかったとしても、コミュファ光なら全て無かったことにできます。

コミュファ光の違約金負担を適用させる手順

コミュファ光の違約金負担適用の流れ

  1. コミュファ光を新規で申し込み(※)、その後契約中のインターネットサービスを解約する。
  2. コミュファ開通センター 0120-538-390(受付時間/9時から21時)へ連絡し、違約金負担キャンペーンを別途申し込む。
  3. 開通から3カ月後までに、他社違約金明細書等のコピーをコミュファ光指定の方法で申請する。
  4. 申請から、翌々月末までに現金キャッシュバック、またはPontaポイント加算として還元される。

※コミュファ光の違約金負担は、申し込み時にいくつか適用条件があります。

違約金負担の条件内容
スタート割への加入契約期間中はコミュファ光の月額料金が550円引きになる
オプションサービスへの加入光電話、Netflixパック、コミュファ光メッシュWi-Fi、コミュファ光くらしサポート(自転車&おうちパック)、コミュファ光ゲーミングカスタム(ファストコネクト)、コミュファ光スマートホーム、DAZNオプションのいずれかのサービスを新規で申し込む

整理すると、コミュファ光で違約金負担を適用させるには、ネットの申し込みと一緒に「スタート割」と、光電話などのオプションに加入して申請を行う必要がある、ということです。

オプションサービスについては、固定電話やサブスクリプションもまとめて契約したい人なら加入も問題ありませんが、必要ないという方は違約金負担のためだけに加入しなければならず、少しハードルが高いですね。

条件が厳しいなと感じる方は、全国対応の光コラボで違約金負担があるところを選べば問題ないでしょう

コミュファ光は東海エリアで乗り換え先を探す一部の人にオススメ

以上を踏まえて、コミュファ光は東海エリアで光回線の乗り換え先を探す以下の方におすすめです。

  • 違約金がかなり高額だから全額負担してほしい人
  • キャッシュバックももれなく受け取りたい人
  • ネットと一緒に電話やサブスクリプションもまとめてお得に契約したい人
  • 東海独自の回線で、通信速度を速めたい人

違約金は全額負担、さらに35,000円のキャッシュバック、月額料金も安いと至れり尽くせりなコミュファ光を契約できるのは、東海エリアにお住まいの方のみ。

せっかくなら地域限定回線で快適な通信環境を手に入れたいなという人にオススメです。

2
光回線の乗り換えで発生する違約金はなにがある?

光回線を解約する際に発生する費用は大きく3つあります。

  • 契約解除料
  • 撤去工事費(かからない場合もある)
  • 開通工事費の残債(分割払いの残り)

これらはまとめて「違約金」という形で、解約のタイミングで請求されます。それぞれの金額など詳しく説明していきます。

2-1
契約解除料がかかる

光回線を解約すると、契約解除料という形で1万円程度が請求されます。

主な光回線の契約解除料をまとめてみました。

光回線違約金撤去工事費
フレッツ光東日本:10,450円
西日本:11,000円
無料
ドコモ光戸建て:14,300円
マンション:8,800円
無料
ソフトバンク光2年プラン:10,450円
5年プラン:16,500円
無料
GMOとくとくBB光0円無料
auひかり戸建て:16,500円
マンション:10,450円
31,680円
※戸建てのみ
NURO光10,450円11,000円
eo光13,200円11,000円
さすガねっと4,000~5,000円代
※プランによる
11,000円
※めちゃはやプランのみ
楽天ひかり10,450円無料
OCN光戸建て2,400円
マンション:1,200円
無料
So-net光プラス20,000円無料
ビッグローブ光戸建て:11,900円
マンション:9,500円
31,680円
@nifty光2年プラン:10,450円
3年プラン:22,000円
無料

※2022年6月30日以前に契約した場合

2-2
撤去工事費がかかる

契約を解除するだけで、1万円程費用がかかるのに加え、開通した光回線を元に戻すための工事費にも料金が生じる場合があります。

特に一部地域限定の独自回線において1万円強かかるケースが多く、解約する人にとっては痛い出費となりますね。

2-3
開通工事費の残債

さらに、光回線を開通させる際の工事費についても、払い残りが解約費用として掛かります。

例)NURO光を1年で解約した場合

開通工事費44,000円は36回の分割払い…1年間で支払った分割工事費は計15,200円

44,000円-15,200円=28,800円の工事費の払い残りが発生する

開通工事費はほとんどの光回線が分割払いとなっており、2年や3年かけてようやく払い終わるという形が一般的です。

長年契約してきた方なら払い終わっているため、この費用は解約時に請求されませんが、やむを得ず早期解約となった方は結構な額が一括請求されることは覚悟しておきましょう。

2-4
2022年7月以降に契約した人は少額で済む場合も

お伝えしたなかで、「契約解除料」「撤去工事費」は2022年6月30日以前に光回線を解約した場合の費用です。

実はインターネットサービスの高額な違約金を抑えるため、総務省の「電気通信事業法」の改定が2022年7月1日以降に実施され、全国の光回線やモバイルWi-Fiにおける解約費用が大幅に変更されました。

そのため2022年7月1日以降に契約した方は、契約解除料が月額料金1か月分程度に軽減されて、撤去工事費も徴収されなくなりました

契約のタイミング解約に伴う費用例)So-net光の契約解除料
2022年6月30日以前法改定以前の費用が採用される20,000円
2022年7月1日以降法改定以降の費用採用される戸建て: 4,580円
マンション: 3,480円

法が改訂されたとはいえ、依然として2022年6月30日以前に契約を開始した利用者の割合が多いため、解約費用は高額になる場合が多いケースがしばらく続くことでしょう。

そのため違約金負担はほとんどの乗り換え希望者が利用すべき特典であり、法改定以前に契約した方のための救済処置なのです。

3
ポケット型Wi-Fi・WIMAXの乗り換えで発生する違約金はなにがある?

ポケット型Wi-FiやホームルーターなどのモバイルWi-Fi、au独自のWiMAXを契約していたけど乗り換えたいという人も多いですよね。

工事不要のモバイルWi-Fiサービスの解約でかかる費用は主に2つです。

  • 契約解除料
  • 端末代金の残債(分割払いの残り)

光回線とは異なり工事が無い分、撤去工事費用や工事費の残債はありません。

ただし端末は分割購入となっているケースが多く、その場合は端末代の払い残りがかなり高額になる場合も。しっかり確認していきましょう。

3-1
光回線と同様、契約解除料が発生する

まず、モバイルWi-Fiサービスを解約すると契約解除料として10,000~20,000円が発生します。

こちらも2022年6月30日以前に契約してた場合は発生するものですが、2022年7月以降に契約された方は月額料金1か月程度(3000~4000円)となっています。

契約解除料が発生するケースを以下でご確認ください。

例)broadWiMAXを解約する場合

契約から1年半で解約⇒15,400円の契約解除料が発生

broadWiMAX公式サイトより

タイミングによって金額が異なるため、自身の契約開始がいつか確認する必要がありますね。

3-2
端末代の残債がかかる

モバイルWi-Fiサービスの厄介なところは、光回線の工事費残債と同じくらい高額な「端末代の残債」が発生するところです。

端末代が発生するモバイルWi-Fiサービスを一覧にまとめましたので、確認してみてください。

モバイルWi-Fiサービス端末代金1年で解約した時の
端末代残債
ホームルーターソフトバンクエアー71,280円47,520円
※36回払いの場合
ドコモhome5G39,600円26,400円
auホームルーター39,600円26,400円
WiMAXbroad WiMAX21,780円14,520円
GMOとくとくBB WiMAX21,780円14,520円
BIGLOBE WiMAX21,912円10,956円
ポケット型Wi-FiどこよりもWi-Fi19,800円13,200円
rakuten Wi-Fi poket4,400円なし
※ポイントで実質無料
ZEUSWi-Fiレンタルのため無しなし
AIRWi-Fi
クラウドWi-Fi
THE Wi-Fi
縛りなしWi-Fi
縛られないWi-Fi
Mugen Wi-Fi

はじめから端末がレンタルのところや、契約期間なしのプランしていれば端末代はかかりません。

契約内容を確認しつつ、もし上の表に当てはまるようであれば、端末代の残債を払うと覚悟しておきましょう。

ソフトバンクエアーの端末代残債は高額になる可能性大

特に、ソフトバンクエアーの端末代は元が高額に設定されており、分割払いの期間も長く設定されていることから高額請求されるケースが少なくありません。

解約する前に請求金額を確認してみて3万円以上かかる場合は、本記事でご紹介している違約金負担をぜひ活用させましょう。

その際、ソフトバンク光はソフトバンクエアーの違約金が対象外となるため、他の光回線から検討してくださいね。

4
光回線の違約金負担キャンペーンの対象費用は?

では実際に、光回線の違約金負担キャンペーンで何が負担されるのか、対象となる費用はこちらです。

光回線の違約金負担キャンペーンの対象費用

  • 光回線やモバイルWi-Fiの解約に伴う違約金
  • 光回線の解約に伴う撤去工事費を負担
  • 光回線の開通工事費の残債を負担
  • WiMAXやホームルーターなどの端末代の残債を負担

主に4つの解約費用を負担してくれますが、会社によっては対象外にしているサービスもあるため注意が必要です。詳しく解説していきます。

4-1
光回線やモバイルWi-Fiの解約に伴う違約金

1つは、光回線やモバイルWi-Fiの契約解除料を負担してくれます。

前項でお伝えした通り、解約するだけで無条件に徴収される費用のことで、違約金負担キャンペーンではその費用が対象になります。

4-2
光回線の解約に伴う撤去工事費

2つ目に、光回線の回線を撤去するための工事費についても、違約金負担キャンペーンの負担範囲に入ります。

回線だけでなくテレビや固定電話回線の撤去工事費に対しても適用されるため、きちんと申請すれば負担を減らすことができますね。

4-3
光回線の開通工事費の残債

3つ目に、違約金負担キャンペーンでは光回線の開通工事費の残債を負担してくれます。

特に、独自回線などは開通工事費が高額に設定されていることが多いです。

回線の種類光回線開通工事費実質無料の内訳
光コラボOCN光
ソフトバンク光
GMOとくとくBB光
戸建て:19,800円
マンション:15,600円
24ヶ月の分割払い
独自回線auひかり戸建て:41,250円
マンション:33,000円
24ヶ月の分割払い
NURO光44,000円36カ月の分割払い
eo光29,700円24ヶ月の分割払い
コミュファ光27,500円24ヶ月の分割払い(光テレビなし)
or
60カ月の分割払い(光テレビあり)

現在はほとんどの光回線が「工事費実質無料」となっていますが、分割払いの途中で解約することも全然ありますよね。

そうなると無料ではなくなり、払い残り分が一気に請求されてしまいます。

そんな時に活躍するのが違約金負担キャンペーンというわけです。

4-4
WiMAXやホームルーターなどの端末代の残債

違約金負担キャンペーンでは、WiMAXやホームルーターなどのモバイル端末の代金も負担対象となります。

そもそもWiMAXやホームルーターの場合、契約時に「端末代は購入扱い」となることが多く、月額料金の中に2万円ほどの端末代金が分割払いで請求されています。

端末代が実質無料となっている場合でも、実は分割払い分が毎月割引となっていて、途中解約となると結局払い残りが請求されるシステムです。

そのため契約から2年以内に解約となった場合、大体のモバイルWi-Fiサービスは端末代の残債が発生しますので、違約金負担キャンペーンの出番となります。

光回線によっては対象外になってしまうケースもある

モバイルWi-Fiサービスの端末代残債の負担については、乗り換え前のサービスと乗り換え後の光回線の組み合わせによっては適用外になることがあるため注意が必要です。

●ソフトバンク光の場合…ソフトバンクエアーなどソフトバンク関連のネットサービスは対象外

●auひかりの場合、同じKDDIが提供するWiMAXの違約金負担は対象外

上記のケースに注意して、必ず適用される乗り換え先を選択する必要がありますので、覚えておくと良いですね。

5
【要確認!】光回線の違約金負担が適用されないケースとは?

光回線の違約金負担キャンペーンは、人によっては3~5万円以上の費用がタダになる大変魅力的な特典であることは間違いありません。

ただし、きちんと適用条件に当てはめて申請を行わないと、せっかくの還元が貰えないケースがたくさんあります。

必ず適用させて、光回線への乗り換え負担を減らしたい方は要チェックです。

5-1
乗り換え先の光回線を申し込む前に解約してしまったケース

違約金負担キャンペーンのある光回線に乗り換えて、違約金負担を適用させたいなら、絶対に今契約してる光回線やモバイルWi-Fiサービスを先に解約してはいけません

必ず乗り換え先の光回線を申し込んだ後に、解約したいネットサービスの解約手続きを行ってください。

私が知る限りどこの光回線も、違約金負担の適用条件として「対象は、申し込みの時点で契約中だったインターネットサービスの解約費用に限る」としているところがほとんどです。

申し込みと解約のタイミングにはくれぐれもご注意くださいね。

5-2
解約したネットの違約金証明書に不備があるケース

違約金負担の申請時、解約で生じた違約金が証明できる書類を必ず提出します。

その際、受取り側で受理できるか確認が入るわけですが、送った書類に不備があるとその時点で違約金負担は適用されなくなります

後から再度修正版を送っても無理な場合がほとんどで、結構厳しいため書類の不備には十分気を付けましょう。

一般的な違約金証明書の提出で気を付けるポイントまとめておきましたので、こちらを参考に申請してくださいね。

違約金証明書の提出で気を付けるポイント

  • 違約金明細書と乗り換え先の光回線の契約者氏名または名字と住所が同一である
  • 乗り換え先の光回線の情報(サービス名、プロバイダー名など)、契約者氏名、住所、解約時期、解約金、撤去費用の項目および金額が確認できる証明書、領収書・請求書などのコピーであること
  • 解約金、撤去費用の証明書が複数枚に分かれている場合には、すべて1通にまとめて送付すること
  • 紙の請求書がなく、会員サイトでしか確認できない場合は、解約金・撤去費用が記載されているWeb画面のコピーを送付すること。
  • 乗り換え先の光回線で定められた方法に必ず従うこと

特に、違約金が分かる書類を適当に郵送すればよい、と勝手に判断してしまうのは危険です。

会社によっては「違約金証明書の申請書」のフォーマットをダウンロードして貼り付けてから送付するといった、申請が面倒なこともあるため、事前の確認が必須です。

5-3
同一光回線で過去に違約金負担を利用しているケース

乗り換えキャンペーンをを利用したい!と思っても、前回も違約金負担の特典を利用していた場合は対象外となります。

どこの光回線も、申請は一回きり、2回目の申し込みでは違約金負担の特典は受けられないとしています。

何度も申請はできない意外と貴重な特典であると言えますね。

5-4
違約金負担の適用条件であるオプションに加入していないケース

違約金負担の適用条件として、ひかり電話などのオプションサービスに加入する必要があるところもあります(コミュファ光など)。

ネットの申し込みと同時に加入しなかった場合は違約金負担が適用できないと定めているケースがほとんどですので、違約金負担を適用させるために必ず同時に申し込みましょう。

5-5
まとめ|違約金負担が適用できない場合は高額キャッシュバックで選ぼう

以上4つのケースのどれかに当てはまってしまい、違約金負担キャンペーンが利用できない!という方は、高額キャッシュバックがある光回線に乗り換えるのも手です

今回ご紹介している光回線は違約金負担だけでなく、キャッシュバックも充実しています。

それに、全て工事費も実質無料のところですので初期費用も抑えることができるので、違約金負担を適用できなかったからと言って、諦める必要はないですよ。

6
光回線の違約金負担キャンペーンを利用する前に注意したいこと

では、実際に違約金負担キャンペーンを利用して乗り換える際に気を付けておきたいことを2つだけご紹介します。

6-1
一旦は自身で違約金を支払う必要がある

解約するインターネットサービスの違約金は、一旦は自分で支払いを済ませる必要があります。

”払わなくて済む”というわけではなく、あくまでかかった費用を上限いっぱいまで後で還元してくれる仕組みです。

そのため違約金が高額な場合に備えて、ある程度の金額を用意しておく必要がありますね。

6-2
還元されるまで時間がかかる

違約金負担キャンペーンを適用させて、申請後実際に還元を受けるまでには結構なタイムラグが生じます。

どんなに早くても、乗換後の光回線が開通した月から2か月後が相場です。

サービスによっては半年後になることもあります。

還元を早めたいならいち早く申請をしよう

少しでも早く還元を受けたいなら、申請を最短で行うのが確実です。

違約金証明書を送付して、光回線業者が受理してから振り込まれるのは1~2か月後。

申請できる期限も事業者によってまちまちですので、提出期限にも気を付けましょう。

7
違約金負担キャンペーンがある光回線を選ぶうえで気になる疑問

最後に、違約金負担のある光回線を選ぶうえで気になる疑問にお答えしていきます。

  • 2022年最新、違約金負担キャンペーンを実施している光回線は?
  • WIMAXなどモバイルWi-Fiから乗り換える時の端末代残債も適用させる?
  • 違約金負担の還元はいつ?
  • 違約金負担が適用できなかった!どうする?

7-1
2022年現在違約金負担キャンペーンを実施中の光回線は?

2022年現在、違約金負担キャンペーンを実施している光回線は全国に8つです。

違約金負担のある
光回線
違約金負担キャッシュバック違約金負担の
対象サービス
提供エリア
ドコモ光1万円4万5000円・他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
・WiMAX
全国
GMOとくとくBB光2万円1万円
ソフトバンク光10万円3万7000円・ソフトバンク系以外の光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
※ソフトバンクエアーを除く
・WiMAX
auひかり3万円7万7000円・提供元がKDDI以外の他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
※WiMAXを除く
関西、中部、沖縄を
除くエリア
NURO光2万円4万5000円・他社光回線
・ポケット型Wi-Fi
・ホームルーター
・WiMAX
北海道一部、関東、
東海(4県)、関西
(2府3県)、広島
岡山、福岡、佐賀
eo光6万円
※モバイルWi-Fiの端末代
残債負担は1万円まで
1万5000円関西エリア
さすガねっと1万9800円3,300円関西エリア
コミュファ光全額負担3万5000円東海エリア

違約金負担があるだけでなく、キャッシュバックや特典も充実している有料光回線ですので、他社から乗り換えるならこの8つから選べばまず安心。

詳しくは『【結論】違約金負担キャンペーンのある光回線は全部で8つ! 』をご覧ください。

7-2
ポケット型Wi-Fi・WIMAXから光回線に乗り換える時に発生する違約金は負担される?

光回線の違約金負担・乗り換えキャンペーンでは、光回線以外のインターネットサービスの解約費用も負担してくれます。

事業者によっては適用外となるサービスもあるため、詳しくは『光回線の違約金負担キャンペーンの対象費用は?』を確認してみてください。

7-3
光回線の違約金負担はいつ還元される?

違約金負担キャンペーンを申請後、実際に還元が受け取れるのは、乗り換え先の光回線が開通してから1~2か月後です。

申請を早く済ませれば済ませるほど、受け取りは早まります。

7-4
違約金負担が適用できなかった!どうする?

違約金負担キャンペーンは適用条件が案外ややこしいです、

うっかり適用外となってしまっても、諦める必要はありません。

純粋にキャッシュバックが高額だったり、月額料金や工事費などの初期費用が安い光回線を選べば、解約でかかった費用を取り戻せます。

詳しくは『【要確認!】光回線の違約金負担が適用されないケースとは?』をご覧ください。

8
違約金負担のある光回線のまとめ

今回は乗り換えにとっても便利な、違約金負担キャンペーンのある光回線について特集しました。

インターネットサービスの高額な解約費用は、2022年7月以降の法改定により、大きく改善されています。

ただしそれは法改定の後に契約した人のみ。2022年6月30日以前に契約している人は、いまだ違約金が高額になる場合が十分あります。

この記事を参考に、違約金が大体いくらかかるのか、違約金負担を適用させてお得に乗り換えるにはどうすればいいか、参考になれば幸いです。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村