お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. おすすめ
  5. ネット回線業者のおすすめを紹介!選び方や乗り換えのポイントも解説
\ たった10秒! /
お得なネット回線が見つかる料金シミュレーション
ネット回線
加藤朗 2022年3月1日

ネット回線業者のおすすめを紹介!選び方や乗り換えのポイントも解説

ネット回線業者のおすすめを紹介!選び方や乗り換えのポイントも解説

光回線は多くの企業が参入しており、プランやサービス内容もさまざまです。

そのため「どの回線業者を選べばよいかわからない」といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、光回線をメインとして、選び方やおすすめの回線業者、切り替えのポイントなどを解説していきます。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
ネット回線には3つの種類がある

光回線

ネット回線には、大きく分けて固定回線(光回線)・ホームルーター・モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の3種類があります。

それぞれの特徴を、以下の表にまとめました。

接続方法概要
固定回線光回線などの固定回線を使ってインターネットに接続する方法。Wi-Fi環境を構築するには別途Wi-Fiルータが必要。他のタイプと比べて高速で安定性が高い点が魅力
ホームルータ据え置きタイプのWi-Fiルータ。回線工事などは不要で、本体の電源を押すだけでWi-Fi環境を構築できる。通信業者と契約が必要
モバイルWi-Fi持ち運びに便利な小型のWi-Fiルータ。ホームルータと同じく回線工事は不要で、通信業者と契約して使用する。他のタイプと比べて速度・安定性はやや劣る

今回は、このなかでも固定回線(光回線)にフォーカスをあてて、選び方やおすすめの会社を解説・紹介していきます。

2
自分にあった光回線業者の選び方

光回線を選ぶ際には、以下の4項目を確認しましょう。

  • ①実質料金
  • ②スマホ割の適用
  • ③キャンペーン
  • ④通信速度

月額料金とスマホ割の適用、キャンペーンは利用料金に直結する重要な項目です。

また通信速度は、会社によってそれほど大きな違いはありませんが、公表されている速度ではなく、別の角度から考える必要があります。

それぞれの項目を、以下でくわしく解説していきます。

2-1
実質料金

光回線の月額料金は、実は会社やプランに寄ってそれほど大きく異なるといったことはありません。一般的には、戸建て5,000円、マンション4,000円前後が相場です。

しかし、相場に収まっている会社であれば、どこを選んでも同じというわけでは決してありません。

光回線の月額料金は、以下で解説しているスマホ割やキャンペーン、長期契約プランやセット契約プランの有無によって大きく変わります。

この、基本月額料金と工事費用などの初期費用から、上記の項目を差し引きした金額のことを「実質料金」といいます。光回線を選ぶ際には、まずは実質料金を確認しましょう。

2-2
スマホ割の適用

光回線を提供している会社は、さまざまな割引プランを用意していますが、そのなかで最もおすすめできるのが「スマホ割(スマホセット割)」です。

スマホ割は、お使いのキャリアがドコモの方は「ドコモ光」、auの方は「auひかり」など、同一の光回線業者を選ぶことで、スマホの月額代金が割り引かれます。

多くの場合、毎月500円〜1,000円ほどスマホ代が割り引かれます。さらに複数台に対応しているプランであれば、家族にもスマホ割が適用され、より効果が高まります。

ただ、スマホの契約内容によっては適用されない場合もありますので、スマホ割を受けたい時は条件を必ずチェックしておきましょう。

2-3
キャンペーン

光回線のキャンペーンには、工事費や乗り換え時の違約金負担や、月額割引やキャッシュバック、ポイント還元などさまざまなものがあります。

工事費や違約金を肩代わりしてくれる場合は、実質数万円の価値がありますし、月額割引ならば長い目で見てお得になります。

これらのキャンペーンは、公式サイト、及び申し込み窓口によって内容が大きく異なります。そのため、キャンペーン内容を比較したい場合は、当サイトのように一括比較が可能なサービスを使うとスムーズです。

ちなみにキャッシュバックは、各社とも「目玉」として宣伝していることが多いものの、基本的には「○ヶ月継続して利用する」などの受け取り条件がありますので、必ず確認しておきましょう。

また多くの場合、キャッシュバックは自分で連絡をし、申し込むことになります。期限を過ぎてしまうと受け取れないケースもありますので、注意が必要です。

2-4
通信速度

インターネットを快適に利用するためには、通信速度にも注目しましょう。

通信速度(回線速度)は、「bps(ビー・ピー・エス)」という単位で表されます。この数値が大きいほど回線速度が速いということです。ちなみに、1kbpsは1,000bpsであり、1Mbpsは1,000Kbps、1,000,000bpsとなります。

具体的に、どのくらいの速度が出ていれば快適にインターネットができるのかを、以下の表にまとめました。

用途(上り)速度の目安
メールやSNSでのメッセージ送信1Mbps
写真投稿(SNS)など3Mbps
動画投稿10Mbps
用途(下り)速度の目安
メールやSNSでのメッセージ受信128Kbps〜1Mbps
ウェブサイト閲覧1Mbps〜10Mbps
動画視聴3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps

光回線の通信速度は、各社とも1Gbps〜10Gbpsとなっており、大きな違いはありません。

一見、どの会社も上表の条件を満たしているように思えますが、公表されている数値は、あくまで理論上の最高値です。そのため、実際にどのくらいの速度が出るのかは、ネットのクチコミなどを参考にするとよいでしょう。

例えば「みんなのネット回線速度」というサイトでは、ユーザーが計測した実測値を参照できます。

とはいえ、Wi-Fiルータの性能や設置環境、計測時間帯によっても速度は異なりますので、あくまで参考程度に捉えておくのが無難です。

ちなみに、「みんなのネット回線速度」では、自分の回線速度や安定度も測定可能ですので、現在の速度を測り、乗り換えたらどのくらいの違いが出るのかを確認してみるのもおすすめです。

3
インターネット乗り換えにおすすめのネット回線

これまでのおさらいとして、光回線を選ぶ際には、以下の4項目を確認しましょう。

  • ①実質料金
  • ②スマホ割の適用
  • ③キャンペーン
  • ④通信速度

月額料金とスマホ割の適用、キャンペーンは利用料金に関わる大事な項目です。

また通信速度は、インターネットを快適に使うために必ずチェックしておきたいポイントです。

くわえて、インターネットは安定性が重要ですので、基本的には大手の通信業者がおすすめです。

それでは、以下でおすすめのネット回線を紹介していきますが、キャンペーンに関しては窓口も多く、期間もまちまちのため、今回はすべて公式サイトの情報をもとに比較項目を作成しています。

3-1
ドコモ光

ドコモ光
比較項目概要
契約新規 / 事業者変更(光コラボレーション)
スマホ割○(ドコモ)
最大速度1Gbps
月額料金戸建て5,200円 / マンション4,000円
手数料戸建て3,000円 / マンション3,000円
工事費戸建て18,000円 / マンション15,000円
キャンペーン他社光サービスから切り替えの場合、工事料無料
出典:ドコモ光

ドコモが提供している光回線「ドコモ光」は、ドコモユーザーにおすすめです。

メインのプランには「1ギガ タイプA」「1ギガ タイプB」「1ギガ 単独タイプ」の3種類があり、比較表に掲載しているのは「1ギガ タイプA」となります。

「1ギガ タイプA」と「1ギガ タイプB」の違いは、対応しているプロバイダで、Aは18種類、Bは6種類から選択可能です。単独タイプは低価格ではあるものの、月額料金とプラスしてプロバイダ代がかかるため、おすすめできません。

最大速度は1Gbpsですが、最大通信速度10Gbpsのプラン「ドコモ光 10ギガ」も提供しています。

工事費に関しては、他社光サービスから切り替えた場合は、工事料が無料になるキャンペーンが行われています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-2
auひかり

auひかり
比較項目概要
セット割○(au)
最大速度5Gbps
月額料金戸建て5,600円 / マンション5,600円
手数料戸建て3,000円 / マンション3,000円
工事費戸建て37,500円 / マンション37,500円
キャンペーン初期費用相当額割引、解約違約金相当額還元
出典:auひかり

auの「auひかり」は、auユーザーにおすすめの光回線です。

プランには「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム10ギガ」の3つがあり、それぞれに「ずっとギガ得プラン(3年契約)」「ギガ得プラン(2年契約)」「標準プラン(契約期間なし)」が用意されています。

今回おすすめしているのは「ホーム5ギガ」プランで、「ホーム1ギガ」と同一料金ながら、通信速度が速い点が大きな魅力。

契約期間による月額料金は、「ずっとギガ得プラン(3年契約)5,600円」「ギガ得プラン(2年契約)6,200円」「標準プラン(契約期間なし)7,300円」となっています。

また、他社から乗り換える場合は、解約金相当額が還元され(最大30,000円)、「ネット+電話」で申し込むと初期費用相当額(最大37,500円)が割引されるキャンペーンが行われています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-3
SoftBank光

ソフトバンクひかり
比較項目概要
契約新規 / 事業者変更(光コラボレーション)
セット割○(SoftBank)
最大速度1Gbps
月額料金戸建て5,200円 / マンション3,200円
手数料戸建て3,300円 / マンション3,300円
工事費戸建て24,000・9,600・2,000円 / マンション24,000・9,600・2,000円
キャンペーンキャッシュバック、工事費無料
出典:SoftBank光

SoftBankが提供している「SoftBank光」は、ソフトバンクユーザーとの相性がよい光回線です。

他社と比べて月額料金は安いものの、プロバイダはYahoo!BB固定となります。選択肢は狭まりますが、ソフトバンクのスマホをお使いの方で、プロバイダはとくにこだわりがないといった方にはピッタリです。

キャンペーンは、最大2万円のキャッシュバック(ファミリータイプの場合、マンションタイプは最大1万円)や、新規ユーザー向けの回線工事費のキャッシュバック(最大24,000円、または最大1,000円☓24ヶ月間割引)などが行われています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-4
NURO光

NURO光
比較項目概要
セット割
最大速度2Gbps
月額料金戸建て5,217円 / マンション5,217円
手数料戸建て3,300円 / マンション3,300円
工事費戸建て44,000円 / マンション44,000円
キャンペーン工事費無料、乗り換え時違約金肩代わり、契約事務手数料無料
出典:NURO光

So-netが提供している「NURO」光は、格安SIMを利用している方におすすめの光回線です。また通信速度がウリとなっています。

プランは「NURO 光」「NURO 光 10Gs / 6Gs」「NURO 光 20Gs」の3種類があり、今回は最もベーシックな「NURO 光」を紹介しています。

価格に関して他社との有意差はそこまでありませんが、新規申し込みの場合に月額料金が1年間980円になるキャンペーンや、月額料金500円(最大3ヶ月)でお試しとして利用できるプランも用意されています。

さらに工事費無料、契約事務手数料無料キャンペーンや、違約金の補填など、多彩なサービスがある点は大きなメリットだといえるでしょう。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

3-5
So-net光プラス

so-net光
比較項目概要
契約新規 / 事業者変更(光コラボレーション)
セット割○(au)
最大速度1Gbps
月額料金戸建て3,480円 / マンション2,480円
手数料戸建て3,000円 / マンション3,000円
工事費戸建て24,000円 / マンション24,000円
キャンペーン回線工事費無料

So-netの「So-net光プラス」は、月額料金の安さが魅力の光回線です。さらにauユーザーであればスマホ割が適用されるため、よりお得に使うことができます。

くわえて、Wi-Fiルータが永年無料でレンタルでき、訪問設定・サポートも無料で受けられます。

また、動画配信サービスのU-NEXTとセット契約が可能で、こちらは月額3,980円〜(2年間)となっています。

あなたに最適なネット回線プランが見つかる!

4
ネット回線の切り替えの仕方やタイミングについて

ネット回線の切り替えは、現在の回線業者に解約申請をして、新しい回線業者に契約申し込みをします。

新規契約の大まかな流れとしては、申し込み後に内容確認と工事日(回線を引く場合)の調整があり、工事完了後に利用開始となります。

切り替えるタイミングについては、契約更新月がベストですが、解約手数料や途中解約の違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンがある場合は、自分の好きな時に切り替えてもデメリットはありません。

また切り替える理由としては、速度や金額面での不満、引越しなどを機にといったケースが考えられます。それぞれのケースでの契約について、以下でチェックしたいポイントを解説していきます。

まず、速度面に不満がある場合、今回紹介した回線速度の測定サービスや、クチコミでの実測値などを参考に、現在の速度と比較してみるのがおすすめです。

ただ速度に関しては、Wi-Fiルータの性能や置き場所によっても左右されますので、光回線自体に問題がないと考えられるならば、Wi-Fiルータを新調したり、置き場所を工夫してみるなどすると改善されることがあります。

金額面に関しては、単純に現在の料金と新しい料金を比較すれば問題ありませんが、その他にもキャンペーンやキャッシュバックなども加味しておくと失敗がありません。

引越しの際には、現在の契約をそのまま続けるか、新規回線に乗り換えるかの2択になることが多いでしょう。その場合は現在の契約を継続するよりも、キャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンを使って乗り換えたほうがお得なことも多々あります。

5
まとめ

今回は、光回線をメインとして、選び方やおすすめの回線業者、切り替えのポイントなどについて解説しました。

光回線を選ぶ時には、実質料金、スマホ割の適用、キャンペーン、通信速度を確認しましょう。

月額料金とスマホ割の適用、キャンペーンは実質料金に関わる大切な項目です。通信速度はインターネットを快適に使うために、必ずチェックしておきましょう。

また、インターネットは安定性も重要です。そのため、基本は大手の光回線会社がおすすめです。

光回線の新規契約や乗り換えを考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村