1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. お役立ちコラム
  3. 電気
  4. 基本料金なしで電気代が安くなる?おすすめ電力会社を徹底解説
最終更新日:2024年02月06日

基本料金なしで電気代が安くなる?おすすめ電力会社を徹底解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
基本料金なしで電気代が安くなる?おすすめ電力会社を徹底解説

電気代は、家計の大きな出費の一つです。特に、最近は電力料金の値上げが続いており、節約に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

最近では、基本料金なしの電力会社が増えてきており、賢く選ぶことで毎月の電気料金を大幅に削減することが可能になっています。

しかし、「基本料金なし」のプランを提供する電力会社はどのように選べばいいのでしょうか。そして、実際に料金は安くなるのでしょうか。

この記事を通じて、基本料金なしの電力会社の選び方、それらの電力会社がどのようにコスト削減を実現しているのか、また、どの電力会社が特におすすめなのかといった情報を詳しく解説します。

長井 勇樹
監修者
小売電気アドバイザー

小売電気アドバイザー。デジタル庁公認デジタル推進委員。個人・法人向けに電力プランのコンサルティングを行う傍ら、電力小売りに関する複数のWEBメディアの記事監修を行う。各種プランに精通しており、シミュレーションシステムの構築・料金比較サイトの運営にも携わる。電力業界の専門家として各種メディアの取材歴多数。直近取材協力⇒「電気代節約の専門家インタビュー

…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

電気代の基本料金なしとは?

電気代の基本料金なしとは、電気を使用するごとに料金が発生するプランで、基本料金がかからないため、電気使用量が多いほどお得になる傾向があります。

電気料金は、基本料金と電力量料金の2つで構成されており、基本料金は電気を契約しているだけでかかる料金で、電力量料金は電気使用量に応じてかかる料金です。

基本料金なしのプランでは、基本料金が0円もしくは非常に安く設定されているため、電力量料金のみを支払うことになります。

その結果、電力量料金は電気使用量に応じてかかるため、電気使用量が多いほどお得になります。

ただし、電気使用量が少ない場合は、基本料金ありのプランの方がお得になる場合もあります。そのため、電気使用量に合わせてプランを選ぶことが大切です。

アンペア数の目安

アンペア数の選択は、電力料金の節約と安定した電力供給の両方を実現する重要な要素であり、各家庭の電力使用状況に応じて適切なアンペア数を選択することが大切です。

家庭の電力使用量に直結しており、高すぎると無駄な基本料金が発生し、低すぎるとブレーカーが落ちるなどの問題が発生します。

また、アンペア数が適切でないと、電力会社との契約変更などの手間とコストが発生する可能性があります。

一般的な家庭であれば、30アンペアから40アンペアのプランが選ばれることが多く、これにより家庭の電力需給バランスを保ちながら、無駄な電力料金を削減することができます。

世帯人数別のアンペア数目安も以下の通りです。

30A一人暮らしまたは二人暮らし
40A三人暮らし
50A四人暮らし
60A四人暮らし以上
60A以上オール電化など

基本料金なしのプラン内訳・仕組み

「基本料金なしのプラン」について聞いたことがありますか?このプランは電気代の基本料金が無料となるもので、一見魅力的に思えます。

しかし、「基本料金なし」という言葉だけでは、その具体的な内訳や仕組みが明確に理解できず、なかなか決断できないかもしれません。

そこで、この章では「基本料金なしのプラン」の詳細な内訳とその仕組みについて、わかりやすく解説していきます。

基本的な電気代の内訳

電気料金の基本料金は、電力会社やプラン、アンペア数により異なる最低額を指します。使用量に関わらず、毎月一定の基本料金が課金されます。

電気を全く使用しなかった場合でも、基本料金は必要となります。ほとんどの電力会社では基本料金が設定されていますが、基本料金が0円となるプランも存在します。

電気料金の基本料金は、「発電設備費」「人件費」「機材費」「その他諸経費」などから成り立っています。これらは、電力会社が発電を行うために必要な費用で、基本料金で賄われます。

また、電気料金には「電力量料金」という要素もあります。

これは使用した電力量に応じて変動する従量課金型の料金で、電気を多く使うほど電力量料金が増え、結果的に電気代も高くなります。具体的な計算式は以下の通りです。

電力量料金=(電力量料金単価×使用電力量)±(燃料費調整額×使用電力量)

多くの電力会社では3段階の料金制度が採用されており、使用量が増えると段階が上昇し、それに伴い電力量料金単価も高くなります。

基本料金なしの仕組み

電気料金の基本料金が0円というのは魅力的です。それでは、基本料金が0円のプランの仕組みを簡単に説明します。

電気料金は、電力量料金(従量料金)」という、使用量が増えるほど電気料金が増加する項目があります。

通常、電力量料金は3段階に料金設定されており、最初の120kWhまでの使用量は比較的低い料金が設定されています。

しかし、基本料金が0円のプランでは、電力量料金は使用量に関係なく一定で、その結果、最初の120kWhまでの電力量料金が若干高めに設定されているのです。

基本料金なしのメリット・デメリット

「電気代を節約したい!」

そんな思いから、基本料金なしの電力会社に乗り換えようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、基本料金なしの電力会社は、本当にお得なのでしょうか?

基本料金なしプランを利用するメリット

基本料金なしの電力プランは、使用した電力量に対してのみ料金を支払うことが可能で、節約意識の高いお客様にとってお得な選択肢となります。

このプランは明確かつシンプルな料金体系により、消費者が電力使用量を簡単に把握し、コストを削減することができます。

また、電力会社が提供するこのタイプのプランは市場の競争力を高める要因ともなり、お客様に電力使用量をより良く管理する機会を提供し、家計の節約に役立ちます。

シンプルな料金プランでわかりやすい

基本料金なしプランのメリットは、そのシンプルな料金体系にあり、これはお客様にとって非常に理解しやすく、電気代の予測を簡単にできます。

このプランでは、お客様は使用した電力量に対してのみ料金を支払うため、どれだけ電気を使用しているかが明確になります。

また、シンプルな料金体系は家計の予算管理にも役立ち、消費者は事前に電気代の計算をしやすく、予算内で電力を使用することもできます。

電気使用量の多い場合は料金を節約しやすい

基本料金なしプランは、特に電気使用量が多い家庭にとって、コストを大幅に節約できる可能性があります。

このプランでは、使用量に応じた料金のみが発生し、基本料金がないため、電気使用量が多いほど節約の効果が大きくなります。

さらに、一部の電力会社では電気使用量が多い場合に単位あたりの電気料金が下がるため、さらなる節約効果を期待することができます。

したがって、基本料金なしプランを選択することで、家庭の電気代を削減し、家計の負担を軽くすることができます。

基本料金なしプランを利用するデメリット

基本料金なしプランを利用する際には、いくつかのデメリットも考慮する必要があり、特に電気使用量が少ない世帯や一定の安定したサービスを求めるお客様にとっては、必ずしも最適な選択ではない可能性があります。

基本料金なしに設定している電力会社は、従量料金(電力量料金)を高めに設定することがあり、これにより電気使用量が少ない世帯では高い料金を支払うことになる可能性があります。

また、一部の基本料金なしプランでは、電力供給の安定性やアフターサービスなどに制約がある場合があり、サービスの質が低下する可能性もあります。

切り替えても安くならない場合がある

基本料金なしプランは一見コスト削減の良い手段に見えますが、全ての家庭で効果があるわけではなく、場合によっては切り替えた後でも電気代が安くならない、あるいは逆に高くなる可能性もあります。

これは、基本料金がない代わりに従量料金が高めに設定されていることや、家庭の電気使用量が月々大きく変動する場合、特に電気使用量が少ない月は従量料金の高さが影響して電気代が高くなる可能性があるからです。

したがって、基本料金なしプランを選ぶ際には、家庭の電気使用量や生活環境を考慮し、従量料金の設定や自身の電気使用量を確認してから複数の電力会社のプランを比較検討することが重要です。

解約金や違約金がかかる場合がある

基本料金なしプランは通常、一定期間の契約が必要で、途中で契約を解除した場合には解約金や違約金が発生する可能性があり、これは消費者にとって思わぬ出費となり節約の効果を減少させる可能性があります。

そのため、基本料金なしプランを選択する際には契約期間や解約に関わる費用を確認し、それらを理解した上でプラン選択を行うことが重要です。

電力会社は基本料金なしプランに一定の契約期間を設定し、契約期間内の解約を防ぐためまたは損失を補うために解約金や違約金を設定することがあります。

したがって、基本料金なしプランの利用は契約期間や解約・違約金に注意が必要で、電力会社選びの際には契約の詳細を確認し自身の生活環境や電力使用状況を考慮して解約金や違約金の発生を避けることが大切です。

基本料金なしの電気料金プランがある電力会社5選

電気料金は毎月の支出の中で欠かせないものであり、その中でも基本料金は無視できない大きな部分を占めています。

しかし、基本料金を節約することができれば、それだけで家計の負担が軽くなり、他のことに使えるお金が増える可能性があります。

電気代を節約したいなら、基本料金なしの電気料金プランへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

この章では基本料金が無料の電力会社を厳選し、その中から5社を紹介します。

Looopでんき

Looopでんきは基本料金0円の電気料金プランを提供しており、これによりお客様は電気の使用量だけに対して料金を支払い、基本料金の負担を気にせずに済むため、特に電気使用量の多い家庭では大幅な節約が期待できます。

また、Looopでんきの基本料金なしプランはシンプルでわかりやすい料金体系を採用しているため、お客様にとって理解しやすく、電力会社を選ぶ際には節約を重視するお客様や電気使用量が多い家庭において大きな節約効果を期待することができる選択肢となり、検討値のあるプランと言えます。

\電気代が安くなる!/

Japan電力

Japan電力は基本料金0円の電気料金プランを提供しており、これは特に家庭の電気使用量が多い場合や電気料金を節約したいと考えているお客様にとって魅力的です。

基本料金がないため、お客様は電気の使用量に対する料金だけを考慮し、節約が可能となります。

また、Japan電力の基本料金なしプランはシンプルな料金体系を採用しており、お客様にとっては料金の計算が容易で透明性が高いです。

したがって、このプランは電気料金の節約を目指すお客様や電気使用量が多い家庭にとって有益な選択肢となり、そのシンプルさと透明性はお客様にとって大きなメリットとなります。

\使えば使うほど安い!/

ソフトバンクでんき

ソフトバンクでんきは、多くの日本人にとって馴染みのある企業であり、その電力供給サービスも高い評価を受けています。

ソフトバンクでんきのこのプランは、一般的なプランと比較しても電気料金が安く、その上で基本料金がかからないため、長期的に見ても非常に経済的です。

また、ソフトバンクでんきは、環境にも配慮した再生可能エネルギーを積極的に取り入れています。これは、環境意識の高い方々にとっても大きな魅力となるでしょう。

また、ソフトバンクでんきは、多くの支払い方法を提供しており、お客様のライフスタイルに合わせた柔軟な支払いが可能です。

これにより、さまざまな人々が気軽にこのサービスを利用できるようになっています。

楽天でんき

楽天グループが提供する電力サービスである楽天でんきは、基本料金が無料のプランを提供しており、これは一般的に電力会社の料金プランに基本料金が含まれることを考えると非常に魅力的です。

このプランは特に、家庭での電力使用量が多くない人々やコストを抑えたいと考えているビジネスオーナーにとって有用で、電力使用量に応じた料金のみが発生し月々の固定費を気にする必要がありません。

さらに、楽天でんきでは楽天スーパーポイントも積み立てられ、日常のショッピングやサービスで得られるポイントを電気料金の支払いに活用できます。

これは他の電力会社では見られない独自のメリットです。また、楽天でんきは環境に配慮し、再生可能エネルギーを積極的に取り入れてCO2排出量を削減する取り組みを行っており、これは環境に優しい生活を送りたい人々にとって大きな魅力となります。

さらに、楽天でんきのアプリを使用すればスマートフォンで簡単に電力使用量や料金をチェックでき、より効率的なエネルギー管理ができます。

スマ電CO2ゼロ

スマ電CO2ゼロは環境に配慮した電力供給を行っている電力会社で、基本料金なしプランを提供しています。

このプランは電力料金をシンプルかつ明瞭に抑えつつ、CO2排出量をゼロにすることを目指しており、コスト削減と環境への配慮を両立させたい利用者にとって非常にお得な選択肢となっています。

基本料金がないため、電気使用量に応じた料金だけを支払うことで電気料金を節約でき、さらにスマ電CO2ゼロはCO2排出量を減らし環境にやさしい電力供給を行っています。

これは現在、環境問題への対応が求められる中で非常に重要なポイントとなります。

したがって、スマ電CO2ゼロの基本料金なしプランは、環境への配慮を重視する利用者やコスト削減を目指す利用者にとって非常に良い選択肢となり、環境とコストのバランスを取りたい利用者にとって注目の電力会社となるでしょう。

電気代を安くするならLooopでんきおすすめ

電気代は毎月の固定費として重くのしかかるもの。特に家族が増えたり、家での過ごし方が増えたりすると、電気代の節約は避けて通れない課題となります。

そんな時、電力会社を見直すことで、びっくりするほどの節約が可能になることもあるのです。

この章では、Looopでんきの料金プランやサービスについて詳しく解説します。

基本料金が0円

Looopでんきの基本料金0円プランは、月々の固定費を削減し、電力消費量に基づいた料金のみを支払うことができるため、電気代を削減したいお客様にとって非常にお得な選択肢となります。

このプランは他の電力会社の基本料金が不要であるため、初めからコスト削減が可能です。

さらに、使用量に応じて料金が発生するため、お客様は自分の電力使用量を把握しやすく、コストコントロールが行いやすくなります。

これらの特徴により、Looopでんきの基本料金0円プランは、電気代を安くしたいお客様にとって魅力的な選択肢となります。

解約金もかからない。

Looopでんきのもう一つの大きな利点は、解約金が0円であることです。

これは契約者にとってリスクなくサービスを試す機会を提供し、また将来的に他の電力会社に切り替える可能性も保留しておくことができます。

解約金0円は、お客様にとって初期リスクを大幅に低減し、電力会社選びの柔軟性を提供します。これはLooopでんきの大きなメリットとなり、お客様に安心感を提供します。

解約金が0円であることにより、もしサービスに満足できない場合や他に良いプランを見つけた場合でも、解約による負担がなくなります。

さらに、お客様は自身の状況が変わった場合や他に良いオプションを見つけた場合に簡単に契約を変更できます。

シンプルな電力量料金

Looopでんきは電力量料金がシンプルで理解しやすいことで知られており、その料金体系の透明性はお客様にとって電気料金の計算や比較が簡単になるため非常に重要です。

電力量料金のシンプルさは、消費者が自身の電力使用量とそれに伴うコストを明確に理解でき、予算管理がしやすくなります。

また、Looopでんきの電力量料金はウェブサイトやアプリでカンタンに確認でき、料金が明確に表示されています。

他の電力会社では複雑な料金体系により、消費者は実際に何に対して料金を支払っているのか理解しにくい場合がありますが、Looopでんきではこのような問題はありません。

\電気代が安くなる!/

電力会社と電気料金プランを比較する際のポイントは?

電力自由化以降、多くの電力会社と様々な電気料金プランが登場しています。

しかし、その多さゆえにどの会社、どのプランを選べば良いのか迷ってしまう…そんな経験はありませんか?

この記事では、電力会社と料金プランの選び方や比較におけるポイントを解説します。

明細で自分の契約内容を確認する

電力会社や電気料金プランを比較する際には、明細を確認し、自身の契約内容、特に契約アンペア数と利用量を理解することが重要で、これにより最もコストパフォーマンスの高いプランを選ぶ手助けとなります。

電力会社ごとにアンペア数による料金設定が異なるため、自身の契約アンペア数を知っておくことで適切なプランを選べますし、月々の電気使用量を確認することで従量料金の範囲がどのくらいか把握し、使用量に最適化されたプランを選ぶことが可能です。

また、明細には基本料金、従量料金、その他の料金が記載されており、これらの情報を元に適切な電力会社やプランを比較・選定できます。

そのため、電力会社や電気料金プランを選ぶ際には明細の確認と自身の契約内容の理解が欠かせません。

これによりご自身の電気使用状況に最適なコスト効率の良いプランを選定することが可能となり、月々の電気料金の節約につながります。

現在の利用状況にあった料金プランを比較する 

現在の電気利用状況を正確に把握し、それに基づいて料金プランを比較することで、コスト効率の良い電力会社とプランを選定することが可能です。

それぞれの家庭や事業所において電気利用状況は異なり、日々の使用量やピーク時の消費量を把握することでどの料金プランが最も適しているか判断する材料になります。

電力会社はいろんな料金プランを提供しており、従量料金、時間帯別料金、基本料金なしのプランなど、利用状況に応じて最もコスト効率の良いプランを選ぶことが重要です。

そのため、電力会社と電気料金プランを比較する際には自身の電気利用状況を把握し、それに応じて最もコスト効率の良いプランを選定することが重要であり、さまざまな電力会社の料金プランを比較することで自身の利用状況に最適なプランを見つけ、電気料金の節約に繋げることができます。

新電力に関するよくある質問

新電力の選択は、電気料金の節約だけでなく、持続可能なエネルギーへの移行を支援するための重要なステップです。

しかし、新電力についての情報が多すぎて混乱しているかもしれません。

この章では、新電力に関するよくある質問をまとめてみました。

電力会社を切り替えれば安くなりますか?  

電力会社を切り替えることで電気代が安くなるか否かは、各々の電気使用状況と選択する電力会社の料金プランによります。

しかし、Looopでんきのように明確で競争力のある料金プランを提供する会社を選べば、電気代を節約できる可能性が高まります。

新電力に切り替えても、停電しませんか?  

新電力に切り替えても、停電が増えることはありません。

また、新電力に切り替えても発電所や電気を送る事業者は変わらないため、停電が起きるタイミングは変わりませんし、復旧作業は電気を送る事業者が行うため、新電力だからといって復旧までに時間がかかるようなことはありません。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは何ですか?  

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は、再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなど)による発電を促進するために、電気の利用者から徴収される賦課金です。

これは再生可能エネルギーの普及を促進するために必要な費用であり、電気料金に含まれています。したがって、電気を使用する際には必ず支払う必要があります。

この制度は、持続可能なエネルギー源の開発と利用を推進するための重要な一環となっています。

まとめ

「基本料金なし」を掲げる電力会社は、基本料金が0円で、電気を使った分だけを支払うだけで良いため、消費者にとって大きな魅力となります。

これは特に、電気使用量が少ない一人暮らしや節電に努めている家庭、さらには空き家や別荘を持っている人、家族が多かったり一人暮らしで電気をたくさん使う人、出張や短期留学で家を空ける予定がある人にとって大きな節約につながります。

また、使用量に応じた料金設定は節電意識を高める効果もあります。

しかし、全ての家庭にお得であるわけではなく、ピーク時に大量の電気を使用する家庭では従量料金が高くなる可能性もあります。

そのため、「基本料金なし」の電力会社を選ぶ際は、自身のライフスタイルや電気使用状況をよく考えて選びましょう。

藤沢太郎
執筆者
ライフラインアドバイザー

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。所有資格はネットワークスペシャリスト。ネットワーク全般に関する知識を証明する資格で、光回線のネットワーク設計や運用に関わる場合に役立っています。現在は電気通信主任技術者を勉強中。

…続きを表示

\【簡単】2ステップで一番お得な電気料金を診断/

無料シミュレーションで、あなたにピッタリな電気料金が分かる!

当サイトでは、「住所」「世帯人数」の2つを選ぶだけで、お得な電気料金を診断できます。

\利用者数5,000人突破!/

目次を見る
×