1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. 電気料金比較シミュレーション
  3. 電気お役立ちコラム
  4. Looopでんきと東北電力を比較!電気料金はどっちが安い?
最終更新日:2024年07月17日

Looopでんきと東北電力を比較!電気料金はどっちが安い?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
Looopでんきと東北電力を比較!電気料金はどっちが安い?

少しでも家計を節約したいと考え、昨今値上がりを続ける電気代を抑えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、新電力のなかでもとくに人気のLooopでんきと、東北地域ではおなじみの東北電力を徹底比較し、どちらが安いのかを検証します。

Looopでんきは基本料金0円と、市場連動型のプランで業界最安クラスの低価格が魅力。とくに1人暮らしなどで電力使用量が少ない家庭におすすめです。一方、電気をたくさん使う世帯では、Looopでんきより割安になるケースが多くなります。本記事を参考にして、自分に最適な電力会社を見つけてみてくださいね。

長井 勇樹
監修者
小売電気アドバイザー
経歴
個人・法人向けに電力プランのコンサルティングを行う傍ら、電力小売りに関する複数のWEBメディアの記事監修を行う。各種プランに精通しており、シミュレーションシステムの構築・料金比較サイトの運営にも携わる。電力業界の専門家として各種メディアの取材歴多数。 直近取材協力⇒「電気代節約の専門家インタビュー
所属
株式会社ブレイブ
取得資格
デジタル庁公認デジタル推進委員
…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

Looopでんきと東北電力の料金プランを比較

Looopでんきと東北電力の料金プランを比較するうえで、もっとも異なるのは電気代の計算方法です。

電気代は一般的に、「電気代=最低料金+電力量料金+燃料費調整額+再エネ賦課金」で計算されます。しかし、Looopでんきは上記にはあてはまりません。Looopでんき・東北電力の電気代の計算式は以下を参照してみてください。

Looopでんきと東北電力の料金の内訳

Looopでんき:電力量料金+再エネ賦課金

東北電力:最低料金+電力量料金+燃料費調整額∔再エネ賦課金

再エネ賦課金は全国一律なので、比較の際は省いても問題ありません。

Looopでんきは基本料金0円のため、基本料金の項目はありません。また、Looopでんきの電力量料金は30分ごとに変動する市場連動型であり、燃料費調整額もありません。これらの点で、東北電力と大きく異なります。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきの電気料金プランは「スマートタイムONE」1種類のみと、非常にシンプルな構成です。基本料金が0円で、30分ごとに変動する料金単価が大きな特徴。

Looopでんきはこの独自料金プランによって、業界最安クラスの電気料金を実現しています。目玉ともいえる基本料金・市場連動型の電力量料金単価について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

基本料金が0円

上述したとおり、Looopでんきの魅力は基本料金が0円である点です。基本料金とは、電気の使用量に関わらず発生する料金で、契約アンペア数などに応じて決まります。

一人暮らしで電気の使用量が少ない人は、電気代のなかで基本料金が占める割合が大きいため、基本料金が0円になれば大幅に節約が可能です。例えば、東北電力の「従量電灯B」の場合、30A契約時の基本料金は約1,108円。対するLooopでんきは0円のため、基本料金だけで月1,108円安くなります。

また、ファミリー層などの電力使用量が多い家庭では、契約アンペア数も高くなりがち。契約アンペア数が高いと、それだけ基本料金も高くなるので、そのぶんLooopでんきがお得になります。

市場連動型で30分毎に単価が変動する

Looopでんきのもうひとつの大きな特徴は、電力量料金が市場に連動していて、30分ごとに単価が変動する点にあります。市場価格に応じて常に変動するため、単価が安くなる場合もあれば、高くなるケースも。

例えば、電力需要が低い日中や夜中、春・秋などは電力料金が安くなる傾向です。かたや多くの人が電気を使う夜の時間帯や、夏・冬などは高くなる場合も。とはいえ、安くなるときはかなりの低単価になるため、高騰時を加味してもお得になるケースが多くあります。

\基本料金0円!ゲーム感覚で電気代を節約/

東北電力の料金プラン

東北電力でもっともベーシックなプランは、「従量電灯B」です。そのほかにも、ライフスタイルにあわせて選べるプランが用意されています。ライフスタイル別のプランは、後述の項目で解説していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

どのプランも、特徴としては基本料金がかかり、電力使用量に応じて単価が高くなります。以下で、各料金を詳しく解説します。

電力使用量に応じて単価が高くなる

上述したとおり、東北電力は電力使用量に応じて単価が高くなる傾向です。電力量料金を解説する前に、まずは基本料金を確認してみましょう。料金は、従量電灯Bのものです。

契約アンペア数(A)料金
10A369.6円
15A554.4円
20A739.2円
30A1,108.8円
40A1,478.4円
50A1,848円
60A2,217.6円

電力量料金は、以下のとおりです。

電力使用量単価(1kWh)あたり
120kWhまで29.62円
120〜300kWh36.37円
300kWh〜40.32円

表で示したように、東北電力は3段階の電力量料金単価があり、使用量が増えるほど単価が高くなります。

ライフスタイルに合わせて選べるプラン

東北電力は、ベーシックな従量電灯Bのほかにも、ライフスタイルにあわせて選べるプランが豊富に用意されています。以下に、一般家庭向けのプランをまとめました。

プラン名特徴
よりそう+eねっとバリュー従量電灯Bよりも基本料金がお得になるプラン
よりそう+ファミリーバリュー季節・時間に関わらず、電気をたくさん使うファミリー世帯などに向けたプラン
よりそう+ナイト&ホリデー平日夜10時〜翌朝8時までと、休日の電気料金がお得になるプラン
よりそう+スマートタイムオール電化住宅向けのプラン。夜間や休日の使用量が多い世帯向け
よりそう+おひさまeバリュー太陽光発電システムと、おひさまエコキュートを設置しているオール電化住宅向けプラン

電気の使用量が多い家庭向けのプランや、指定された時間が安くなるプランなど、幅広く選ぶことが可能です。また、オール電化住宅向けのプランもあり、自分にあった契約形態を選択しやすいのは大きなメリットだといえるでしょう。

Looopでんきと東北電力はどちらが安い?実際の料金を比較

ここからは、実際にLooopでんきと東北電力の電気料金をシミュレーションしていきます。比較するプランは、Looopでんき「スマートタイムONE」、東北電力「よりそう+eねっとバリュー」・「よりそう+ファミリーバリュー」・「従量電灯B」の3種類です。

Looopでんき「スマートタイムONE」と東北電力「従量電灯B」の料金比較

まずは、Looopでんきの「スマートタイムONE」と東北電力「従量電灯B」の料金を比較してみます。試算条件は、Looopでんきは公式サイトのシミュレーションより引用しています。東北電力は、本項以外の比較項目も含め、すべて以下と同じです。

  • 1人暮らし:30A、158kWh/月
  • 2人暮らし:30A、297kWh/月
  • 3人暮らし:40A、380kWh/月
  • 4人以上:50A、397kWh/月

※燃料費調整額は「従量電灯B」-4.66円/kWh・「よりそう+ファミリーバリュー」-7.87円/kWh(2023年2月~2024年1月の実績から算出した平均値)

東北電力「従量電灯B」Looopでんき「スマートタイムONE」Looopでんき年間節約額
1人暮らし5,309円/月5,221円/月約1,056円/年
2人暮らし9,718円/月9,833円/月約-1,380円/年
3人暮らし13,035円/月12,580円/月約5,460円/年
4人以上14,011円/月13,175円/月約10,032円/年

上記シミュレーション結果では、2人暮らし以外の場合はすべてLooopでんきが安くなるといった結果が出ています。とくに3人暮らし・4人以上の試算では、最大10,000円ほどと、かなり節約できることがわかります。おおよそ1ヶ月分くらいの電気代が浮くため、圧倒的にお得だといえるでしょう。

また1人暮らしの場合でも、基本料金が無料であることから、トータルでLooopでんきのほうが安くなっています。2人暮らしは東北電力に軍配があがっていますが、あくまで試算値であり、料金単価が少ない時間帯に電気を使えば、Looopでんきのほうが安くなることは十分ありえます。

Looopでんき「スマートタイムONE」と東北電力「よりそう+eねっとバリュー」の料金比較

次は、Looopでんき「スマートタイムONE」と東北電力「よりそう+eねっとバリュー」の料金を比較してみます。「よりそう+eねっとバリュー」は、従量電灯B相当のプランで、従量電灯Bに比べて基本料金が安くなっています。

東北電力「よりそう+eねっとバリュー」Looopでんき「スマートタイムONE」Looopでんき年間節約額
1人暮らし5,245円/月5,221円/月約288円/年
2人暮らし9,844円/月9,833円/月約132円/年
3人暮らし13,056円/月12,580円/月約5,712円/年
4人以上13,698円/月13,175円/月約6,276円/年

シミュレーション結果は、すべてのケースでLooopでんきのほうが安くなりました。1人暮らし・2人暮らしの場合は、基本料金が0円が大きな影響を及ぼし、Looopでんきがお得になっていると考えてよさそうです。

3人暮らし・4人以上世帯は、さらに大きな節約が可能です。基本料金0円に加えて、東北電力は電気の使用量が増えるに連れて電力量料金単価が高くなるため、こちらもLooopでんきのほうが低価格となっています。

Looopでんき「スマートタイムONE」と東北電力「よりそう+ファミリーバリュー」の料金比較

最後に、Looopでんき「スマートタイムONE」と東北電力「よりそう+ファミリーバリュー」の平均月額料金をシミュレーションしてみましょう。「よりそう+ファミリーバリュー」は、電気をたくさん使う家庭向けのプランです。

東北電力「よりそう+ファミリーバリュー」Looopでんき「スマートタイムONE」Looopでんき年間節約額
1人暮らし5,248円/月5,221円/月約324円/年
2人暮らし8,890円/月9,833円/月約-11,316円/年
3人暮らし11,434円/月12,580円/月約-13,752円/年
4人以上12,249円/月13,175円/月約-11,112円/年

本シミュレーションの場合は、1人暮らしを除いて東北電力が安いといった結果に。使用電力がおおよそ250kWh以上だと、割安になる計算です。

世帯人数に関わらず、電気の使用量が多い家庭では、東北電力の「よりそう+ファミリーバリュー」のほうが、電気代を節約できると考えてよいでしょう。

Looopでんきと東北電力のメリット・デメリット

Looopでんきと東北電力には、いずれもメリット・デメリットがあります。本項目では、Looopでんき・東京電力別に魅力や注意すべきポイントを紹介していきます。

Looopでんきのメリット・デメリット

Looopでんきのメリットは、以下のとおりです。

Looopでんきのメリット

  • 基本料金が0円
  • 30分毎に電力料金単価が変動する

繰り返しにはなりますが、やはり基本料金0円と、最安水準の料金単価はLooopでんきの大きなメリットです。

基本料金が0円のため、電力使用量の少ない人でも、契約アンペア数の大きな家庭でも、ケースを問わず料金が安くなるのは大きな魅力だといえるでしょう。

また市場連動型の電力量料金を採用することで、単価の安い時間帯に電気を使用すれば、電気代が節約できる点もメリット。Looopでんきが提供しているアプリを使えば、電気代の予報やリアルタイムの料金単価を知ることができるので、計画的な節電も簡単に行えます。

一方、Looopでんきのデメリットには、以下が挙げられます。

Looopでんきのデメリット

  • ポイント特典や電気ガスセット割がない
  • オール電化住宅には適していない

Looopでんきは電気代の安さに特化しているためか、ポイント特典は用意されていません。例えば、毎月の電気代に応じて何かしらのポイントが貯まるということはありません。加えて、電気・ガスをLooopでんきで同時に契約できるセット割も用意されていません。

また、オール電化住宅には適していないこともデメリット。オール電化住宅の人は、東北電力などのオール電化向けのプランを選んだほうが、電気代を節約できる可能性が高くなります。

東北電力のメリット・デメリット

東北電力のメリットは、以下を参照してみてください。

東北電力のメリット

  • ポイントが貯まる制度やキャンペーンがある
  • 電気ガスセット割がある
  • オール電化住宅向けのプランがある

東北電力は、「よりそうeポイント」というポイントサービスを提供しています。ポイントは各種ギフトと交換可能なほか、PayPayマネーライト、nanacoギフト、Pontaポイントなどの電子マネー・共通ポイントなどに変換可能です。また時期によってはキャンペーンが開催され、よりポイントを貯められたり、お得に契約できることも。

電気とガスのセット割があるのも、東北電力の魅力です。東北電力は、山形ガス・水沢ガス・にかほガス・塩釜ガス株式会社など、地域のガス会社に応じたセットプランを用意しています。セットで契約することで、各種ポイントが貯まりやすくなるなど、様々な特典を受け取ることができます。

ほかにも、「よりそう+スマートタイム」「よりそう+おひさまeバリュー」といったオール電化住宅向けのプランが充実しているのも目を引きます。いずれのプランもライフスタイルや、使用している機器などにあわせて選びやすくなっています。

一方、東北電力のデメリットは、以下のとおりです。

東北電力のデメリット

  • 使用電力量が少ない人向けのプランがない
  • プランによっては電気代があまり安くならない

東北電力には、電力使用量が少ない人向けのプランはありません。例えばそれほど電気を使わない家庭なら、選択肢は「従量電灯B」「またはよりそう+eねっとバリュー」の2択です。いずれのプランも、電力使用量が少ない場合はLooopでんきよりも高くなるのは、大きなデメリットだといえるでしょう。

また、プランによっては電気代があまり安くならない点も注目しておきたいポイントです。例えば、「従量電灯B」から「またはよりそう+eねっとバリュー」に変更した場合、変わるのは基本料金が1月につき55円安くなるだけ。Looopでんきに切り替える場合に比べて、メリットが少なくなっています。

Looopでんき・東北電力の申し込み方法

ここからは、Looopでんき・東北電力の申し込み方法について解説します。新規契約はもちろん、東北電力からLooopでんきへの切り替えを考えている人や、Looopでんきからの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきに申し込む方法は、以下の手順を踏みます。

Looopでんき申し込み手順

  1. 公式サイトから申し込む
  2. 申込みから1〜2週間後に供給開始日のお知らせがメールで届く
  3. 供給開始日になれば開通

上記のとおり、Looopでんきへの申し込みは非常に簡単です。他電力会社からLooopでんきに切り替える場合は、現在の契約先の検針票が手元にあるとスムーズですので、用意しておくのがおすすめです。

ちなみに、Looopでんきに切り替える場合、旧電力会社の解約はLooopでんきが代行してくれます。

東北電力の申し込み方法

東北電力の申込み方法は、公式サイトまたは電話(0120-066-774:月曜~金曜 午前9時~午後5時)で行えます。電話は混み合う時間があり、繋がりにくいことも多いため公式サイトからの手続きがおすすめです。

手順などはLooopでんきとほぼ同様です。申込みののち、使用開始日が定められれば、その日に開通します。

まとめ

今回は、Looopでんきと東北電力の電気料金の比較や、メリット・デメリットなどを解説しました。

1人暮らしなど、電力使用量の少ない家庭では、Looopでんきが割安になります。一方、ファミリー世帯など、電気をたくさん使う家庭では、東北電力のほうが安くなる傾向です。

今よりも電気代を少しでも安くしたい人は、どのくらいの電気を月に使っているのかを検針票などで確認して、本記事のシミュレーションにあてはめてみてくださいね。

\基本料金0円!ゲーム感覚で電気代を節約/

\【簡単】2ステップで一番お得な電気料金を診断/

無料シミュレーションで、あなたにピッタリな電気料金が分かる!

当サイトでは、「住所」「世帯人数」の2つを選ぶだけで、お得な電気料金を診断できます。

\利用者数5,000人突破!/

コメントを残す


目次を見る
×