1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. お役立ちコラム
  3. ネット回線
  4. auひかりでゲームは本当にできる?!実際のPing値やApexプレイのレビューを調査
最終更新日:2024年02月01日

auひかりでゲームは本当にできる?!実際のPing値やApexプレイのレビューを調査

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
auひかりでゲームは本当にできる?!実際のPing値やApexプレイのレビューを調査

「auひかりで本当にゲームができるの?」「auひかりがゲーマーにおすすめな理由を知りたい」

auひかりはゲームをするのに人気の光回線ですが、なぜゲームに向いているのか知りたいですよね。

結論から言うと、auひかりはオンラインゲームの利用者からの評判も良く、ゲームするならおすすめの光回線です。

なぜなら、独自回線ということもあり速度が速く安定性があり、Ping 値も低いからです。

他にもゲーム特化回線よりも月額料金が良心的で、ひとまず王道でゲーム環境を整えたいと考えるならぴったりと言えるでしょう。

なぜauひかりがゲームにおすすめなのか理由から知りたい方は、ゲーマーにおすすめな理由からチェックしてください。

この記事でわかることは以下のとおりです。

この記事でわかること

  • auひかりがゲームに向いている理由
  • auひかりでゲームをしている人の実際の評判
  • auひかりでゲームをするときの注意点
  • auひかりでゲームをするときに必要な数値
  • auひかりでゲームをしていてラグいときの対処法
  • auひかりを申し込むときにおすすめなプロバイダ

auひかりでゲームをしたいけど情報が足りないと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

藤沢太郎
執筆者
ライフラインアドバイザー

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。所有資格はネットワークスペシャリスト。ネットワーク全般に関する知識を証明する資格で、光回線のネットワーク設計や運用に関わる場合に役立っています。現在は電気通信主任技術者を勉強中。

…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

この記事の目次

auひかりはゲームをするのにぴったりの回線!

auひかりは、光回線の中でも総合的に通信性能が良く、口コミを見ているとauひかりを利用しているゲーマーも多いです。速度が速くてPing値が低いので、安定したネット環境でオンラインゲームをプレイできます。

そして月額料金は、一般的な光回線の相場と変わらないため、なるべくお得なゲーム向きの光回線を探している方にもおすすめです。

auひかり
料金ホーム
1ギガ:5,610円
5ギガ:6,160円
10ギガ:7,018円
マンション
3,740円〜4,550円
回線の種類独自回線
最大速度1ギガ:1Gbps
5ギガ:5Gbps
10ギガ:10Gbps
平均速度下り:677.57Mbps
上り:595.45Mbps
平均Ping値14.86ms

また通信速度にもこだわりたい方のために、5ギガと10ギガの高速プランもあります。高速プランについても説明していますので、ぜひ一読くださいね。

それでは、auひかりがオンラインゲームに向いている理由を詳しく見ていきましょう。

独自回線だから安定した速度がでる

まずauひかりは、独自回線のため速度が安定します。

独自回線とは、多くの人が使っている一般的な光回線とは違う回線を利用しています。

現在、全国で多く使われている光回線は、NTT回線です。auひかりは、NTT回線ではないauの会社が所有している回線を使っているのです。

よく耳にするフレッツ光や光コラボ回線は、NTT回線を使ってたくさんの家にインターネットサービスを届けています。

NTT回線は多くの人が使っていることもあり、平日の夜や休日など、多くの人がインターネットを使う時間帯にアクセスが集中します。その時間帯に、オンラインゲームをプレイするのは不利になる場合があるのです。回線が混雑すると、速度などの通信状態が安定しない可能性があるからです。

auひかりは、はじめから同じ通信回線の利用者が少ないので、多くの人がインターネットを使う時間帯でも、回線が混雑することが減ります。そのため速度が安定して、どの時間帯でも通信状態が悪くなりにくいです。

もちろんIpv6通信に対応している

auひかりはIpv6通信に対応しています。Ipv6は回線の混雑を避けられるので、スムーズな通信が可能です。イメージとして、車道に例えられることが多いです。

auひかり「Ipv4とIpv6」説明画像

たとえば、みんなが車で帰宅する時間帯は車が多くてなかなか前へ進まない、渋滞をしてしまうこともあります。しかし、車の量が同じでも車道が多ければ混雑を避けられます。

Ipv6通信はその車道が多く、みんなが車(=インターネット)を利用していても余裕のある走行ができるイメージです。

IPv6って何?設定方法は?と疑問をお持ちの方は『auひかりはIPv6を設定する手間がゼロ!接続の確認方法から遅い場合の対処法まで完全解説』で詳しく説明しているので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

auひかりはIPv6を設定する手間がゼロ!接続の確認方法から遅い場合の対処法まで完全解説

auひかりは標準でIPv6に対応しているため、申し込みなどをせずともIPv6環境でインターネットを利用できます。面倒な設定もありませんので「ネットが苦手だけど、高速で安定した通信環境が欲しい」といった方にはピッタリです。今回は、auひかりの...

続きを読む

実際の速度がかなり速い

そしてauひかりは、実際の速度がかなり速いです。以下の表では、auひかりと光コラボの平均実測値を比べています。

光回線実測値(下り)
auひかり677.57Mbps
エキサイトMEC光347.19Mbps
ソフトバンク光328.28Mbps
ドコモ光275.44Mbps
ビッグローブ光269.23Mbps
GMOとくとくBB光267.09Mbps
楽天ひかり244.59Mbps

比べた結果、auひかりの速度はぶっちぎりで速いですね。

速度にはダウンロード値とアップロード値があり、オンラインゲームで必要とされるのは、主にダウンロード速度の数値です。ダウンロード速度の数値が大きいほど、データを一度に転送できる量が多く、情報の処理が速いです。

速度が速いと、ダウンロードにかかる時間が短くなります。そのためゲーム内でのロードが速く、イライラすることがありません。

そして、あまりに速度が遅いと情報処理にも時間がかかり、ラグが起こる可能性もあるので速度は速いほうがよいです。auひかりほどの回線速度があれば、問題なくオンラインゲームができます。

ガチ勢も嬉しい!平均Ping値が15ms以下

auひかりは回線速度が速いだけでなく、Ping値も低いです。Ping値とは、オンラインゲームのサーバーと通信しているパソコンとの情報をやり取りしている応答速度です。

このPing値は数値が低いほど応答速度が速く、こちらの操作が問題なく反映されます。たとえば、ゲーム中に回復アイテムを使って、すぐにアイテムの効果が出ることが問題なく反映できていることです。

もし敵と戦っていてピンチのときに、即効性のある回復アイテムの効果が出なかったら負けてしまいます。操作したとおりにゲームに反映されることは、当たり前でありながら大変重要なことです。

以下では、auひかりと光コラボのPing値を比べています。

光回線Ping値
auひかり14.86ms
ソフトバンク光16.39ms
ビッグローブ光18.69ms
GMOとくとくBB光20.06ms
楽天ひかり20.72ms
ドコモ光21.0ms
エキサイトMEC光22.08ms

上記の表にあるように、auひかりの平均Ping値は15ms以下です。Ping値が15ms以下は、応答速度がかなり速くラグが発生する確率も低くなります。

特にFPSやTPSのシューティングゲームには、Ping値の低さは重要です。どんなにゲームの腕前がすごくて相手より先に弾を撃ったとしても、ラグが発生して弾が当たらないどころか撃ち合いに負けてしまったら、悔しいですよね。そのため、Ping値にこだわる必要があるのです。

以下の口コミにあるように、auひかりを使っているゲーマーの中にはPing値が10ms以下のところもあります。Ping値が一桁は、ほぼ最強に近いです。ラグが発生して負けることは、ほとんどないでしょう。

パケットロスが少ないから安心

auひかりはパケットロスが少ないです。パケットロスとは、パソコンとゲームサーバーで送受信しているデータが何らかの理由で途中で失われることです。速度やPing値も重要ですが、パケットロスがないこともオンラインゲームをするうえで大切な要素となっています。

パケットロスがないことは、純粋にゲームを楽しむために重要です。パケットロスがあると、ゲームのプレイに遅れがでたり、ゲーム中の簡単な技が全体攻撃になって現れたりと、予測不可能なことが起こります。

このパケットロスに関して、NURO光が一時期問題となりました。それは夜間にパケットロスが多く発生する、パケットロスが異常に出てゲームがまともにプレイできないといった内容です。

NURO光のパケロス問題があって、auひかりに乗り換えるゲーマーの口コミも見られます。

以下の口コミは、NURO光からauひかりに乗り換えたユーザーの評判です。

auひかりに乗り換えてパケロス問題が改善された実際の口コミもあります。auひかりは、パケットロスが絶対にないとは言い切れませんが、パケットロスが少ないと言っていいでしょう。

ガチゲーマー以外にも良心的な月額料金

auひかりは、光回線の相場からみても良心的な月額料金です。光回線の相場は戸建てだと5,700円で、マンションだと4,400円となっています。

以下の表は、auひかりの月額料金です。

ホームマンション
ずっとギガ得プランマンションタイプ月額料金
1ギガプラン
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
タイプV8
タイプV16
4,510円
4,180円
タイプG8
タイプG16
4,510円
4,180円
5ギガプラン
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
※割引適用後の料金
タイプE8
タイプE16
4,070円
3,740円
タイプF4,290円
都市機構DX
都市機構G
4,180円
10ギガプラン
1年目:6,468円
2年目:6,358円
3年目:6,248円
※割引適用後の料金
ギガ4,455円
ミニギガ4,550円
契約期間:3年契約期間:2年

auひかりのホーム(戸建て)の「ずっとギガ得プラン」の1ギガだと、1年目は5,610円ですが2年目、3年目と料金が安くなっています。マンションについては建物のタイプによって料金は変わりますが、3,740円〜4,550円の料金設定です。

ゲームができる回線と聞くと「通信性能がよくて料金が高そう」と思う方もいますよね。しかし、auひかりの料金は一般的な光回線と変わらないのですよ。

auひかりは必要以上にお金をかけなくても、本格的にゲームを楽しめます。

ゲーム回線と比べたら断然安い

ゲーム回線というゲームをするために特化した光回線とauひかりの料金を比較しても、auひかりは断然安いです。

以下の表では、auひかりとゲーム回線の月額料金を比べています。

光回線ホーム(戸建て)マンション
auひかり5,610円3,740円〜4,550円
Game With光6,160円4,840円
hi-hoひかりwith games6,160円4,840円
ぷららGGGG光6,710円5,390円
ソネット光+さくさくスイッチ7,238円6,028円
OCN光+IPoEアドバンス7,458円5,808円

ゲーム回線の月額料金の平均は、戸建てだと6,500円、マンションだと5,000円ほどです。auひかりはゲーム回線と比べても戸建てなら1,000円ほど安く、マンションならおおよそ500円ほど安くなります。

ゲーマーの中にはゲーム回線を使わずに、auひかりを使っている方もいます。それは、auひかりでゲームをプレイできる証明になりますよね。

ゲーム回線を使わなくても、auひかりは速度やPing値など優れた面が多いため、快適なネット環境が手に入ります。

高速プランが割安で1年間は試せる

auひかり「5ギガ・10ギガ」

auひかりには、5ギガ・10ギガの高速プランがあります。今なら「高速スタートプログラム」キャンペーンで、5ギガまたは10ギガが最大3年間550円割引きになり、お得に高速プランを利用可能です。

5ギガと10ギガのキャンペーン割引は以下のとおりです。

月額料金+550円の5ギガプラン月額料金+1,408円の10ギガプラン
月額料金+0円月額料金+858円

5ギガの場合は追加料金がないので、5ギガを試してみたい方は利用してもいいですね。10ギガは追加料金が858円必要なので、月額料金が少し高めになります。5ギガでも不十分と感じる方は、10ギガも検討してくださいね。

5ギガや10ギガにするメリットは通信速度が速いことです。ゲームに関しては、ダウンロードが速くできるなど時間の短縮になります。

そのため1ギガでは通信速度が遅いと感じている、もっと通信速度を速くして効率よくゲームをしたい方に5ギガ・10ギガはおすすめです。

auひかりはオンラインゲームの利用者からの評判も良い

ここからは独自に調査を行い、auひかりを実際に利用している方からのレビューを紹介します。

アンケート調査の結果、3人中3人が「ゲームをするのにauひかりのネット通信は良い」と回答していました。

アンケート内容:オンラインゲーム中のネット通信について率直なレビュー

  • 期間:2023年4月の2週間
  • レビュー:5段階評価
    (とても良い・どちらかというと良い・どちらでもない・どちらかというと良くない・良くない)
  • 全回答件数:3件
  • 調査媒体:クラウドソーシングサイト

レビュー➀ラグつきカクつきが少ない、Ping値も優秀

Apexのゲームプレイ

まずは戸建てにお住まいのゲーマーのレビューを紹介します。

男性のアイコン
10年以上前から使用しています。 30代男性 / 神奈川県

当時1ギガを超える回線はほかにあまりなく、そのころからずっとFPSをプレイしています。今までラグやカクツキを感じたことはなく、pingも非常に優秀です。貸出のルーターも非常に良いです。

引用元:アンケート調査

auひかりを10年以上使いつづけており、ネット通信に関しても表示満足していることがうかがえますね。

調査結果
ネット通信
レビュー
とても良い
プランホーム1ギガ
プロバイダSo-net
実際の速度下り:537.46Mbps
上り:104.89Mbps
Ping値5ms
パケロス0%

レビュー➁今のところauひかりで満足しています

スプラトゥーン

次の方はauひかりのマンションタイプGを契約している方のレビューです。

女性のアイコン
ゲームは主にスプラトゥーンをしています 40代女性 / 東京都

マンションでも比較的ラグを感じずプレイできています。数年前に、契約プランを高速のものに変えてからは、安定したように思います。ただ、時間帯によってはラグくなったり、家庭内で複数のWi-Fi機器を使用すると、オンラインゲームでは気になるラグがあります。

フォートナイトの建築や、スプラトゥーンの撃ち合いで負けてしまうなど、影響があることも。 ゲームに特化したような回線を使用してみたいとは思いますが、今のところauひかりで満足しています。

引用元:アンケート調査

集合住宅は回線をシェアして使うことになるので、利用者が多い時間帯などはネット通信が混雑しやすいことも。

これはauひかりに限った話ではありません。そのためマンションでは常にネット通信が快適というよりは「だいたいはゲームを快適にできる」と覚えておくとよいでしょう。

調査結果
ネット通信
レビュー
どちらかというと良い
プランマンションタイプG
プロバイダau one net
実際の速度下り:220Mbps
Ping値15ms
パケロス0%

レビュー③やはり光回線は速いですね

EverQuestプレイ

最後にauひかりのマンションタイプVをご利用の方のレビューを紹介します。

男性のアイコン
10年以上前から使用しています。 50代男性 / 北海道

MMOロールプレイングゲーム「EverQuest」をプレイしています。 以前はJCOMのケーブル回線だったのですが、回線品質の悪化で頻繁に接続が断たれ、最後は接続出来なくなり解約しました。 auひかりを導入してからは、回線が原因のダウンが一回もなくゲームのゾーンのロードが非常に速くなり、ラグも体感する事もなくとても快適にプレイ出来ています。 やはり光回線は速いですね。他の回線への乗り換えは考えられません。

後ほど解説しますが、auひかりのマンションでは最大速度が100Mbpsの契約タイプもあります。

どうしても最大速度1Gbpsの契約タイプよりは速度は劣ってしまうのですが、それでも快適にプレイできているようです。

調査結果
ネット通信
レビュー
とても良い
プランマンションタイプV
プロバイダBIGLOBE
実際の速度下り:44.84Mbps
上り:24.80Mbps
Ping値58ms
パケロス計測なし

auひかり×ゲームの相性がいいおすすめプロバイダ

auひかりではプロバイダを選べます。そしてゲームとの相性がよいのは、速度とPing値が優れているプロバイダです。またキャンペーン内容にも違いがあり、得ができるプロバイダを選ぶのもおすすめですよ。

プロパイダ平均速度(下り)Ping値特典総額
GMOとくとくBB669.95Mbps14.86ms最大94,000円キャッシュバック
DTI659.12Mbps12.39ms38,000円キャッシュバック
@T COM562.49Mbps12.81ms40,000円キャッシュバック
ASAHIネット387.16Mbps13.37ms月額利用料割引
@nifty485.39Mbps15.13ms30,000円キャッシュバック
so-net497.93Mbps16.7ms初年度980円
au one net455.17Mbps18.06ms10,000円キャッシュバック
BIGLOBE457.18Mbps18.3ms60,000円キャッシュバック

上記の表は、現時点で速度はGMOとくとくBBが一番速いですね。そしてPing値は、DTIが一番低い結果になっています。ただし速度やPing値は、環境や場所、時間によっても変動します。どのプロバイダがいいのか見極めが難しいところです。

次の項目では、おすすめのプロバイダを理由とともに紹介していきます。ぜひ契約する際の参考にしてくださいね。

キャンペーンで得したいなら「GMOとくとくBB」

まずauひかりのプロバイダは、GMOとくとくBBがおすすめです。GMOとくとくBBは速度が速くPing値も低いのでバランスがよく、auひかりでゲームをするプロバイダとして相性はバッチリです。

以下の口コミも参考にしてみましょう。

どちらの口コミも速度とPing値ともに優れている内容です。

実際に、auひかりをGMOとくとくBBから申し込んだ口コミもありました。

そしてGMOとくとくBBは、速度とPing値が優れているだけでなくキャンペーン内容が豪華です。

高額キャッシュバック・無料Wi-Fiルーターなどの特典も豪華

GMOとくとくBBでは、高額キャッシュバックやWi-Fiルーターを無料プレゼントしています。

高額キャッシュバックの最大94,000円はauひかり電話も契約した場合ですが、auひかり電話に加入しなくても72,000円のキャッシュバックを受け取れます。

また、無料プレゼントのWi-Fiルーターも高性能です。Ipv6通信に対応しているため、混雑を避けての通信ができます。Wi-Fiルーターをレンタルではなくプレゼントしてもらえるのは、返却する手間がなくなるため、大きなメリットですよね。

通信性能でも損をすることなく、キャンペーンで得をしたい方は、ぜひGMOとくとくBBからお申し込みください。

auひかり×GMOとくとくBBの評判について詳しく知りたい方は『auひかり×GMOとくとくBBの評判を徹底調査!』もあわせて参考にしてくださいね。

auひかり×GMOとくとくBBの評判を徹底調査!キャンペーンも速度も充実している?

「auひかりのプロバイダは、GMOとくとくBBがいいってどこでも言っているな。本当?」「GMOとくとくBBはなにがそんなにいいんだろう?」と気になることがありますよね。結論から言うと、やはりauひかりプロバイダの中でおすすめなのはGMOとく...

続きを読む

とにかく通信性能が大事なら「@TCOM」か「DTI」

速度やPing値の通信性能を大事にしたい方は、@TCOMかDTIのプロバイダをおすすめします。

@TCOMやDTIはPing値が低いため、オンラインゲームで少しでもラグがないほうがいい方におすすめです。速度も速いので文句なしで、オンラインゲームを楽しめます。

以下は、@TCOMの口コミです。

以下は、DTIの口コミです。

どちらのプロバイダも通信性能が好評の口コミが見つかりました。

ただしどちらのプロバイダも、GMOとくとくBBと比べてキャンペーン内容が充実していないのが気になります。そのため、特典が豊富な代理店から申し込むのがおすすめですよ。次の項目で紹介します。

代理店NNコミュニケーションズから申し込むのがベスト

auひかり×nnコミュニケーションズ

auひかりを申し込む際には、代理店であるNNコミュニケーションズを選ぶのがおすすめです。

代理店とは、auひかりの申し込み受付をしている窓口です。そしてNNコミュニケーションズは、KDDI正規代理店として絶対的な信頼を得ています。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック額は72,000円となっています。キャッシュバックのすべての条件が揃わなくても、おおよそ40,000円〜50,000円のキャッシュバックの受け取りが可能です。

また、複雑なオプション加入条件や申請手続きがないのも、NNコミュニケーションズの特徴です。

プロバイダ窓口からは、そのプロバイダの申し込みしかできません。そして代理店であれば、プロバイダを選べます。プロバイダから申し込むより、代理店からプロバイダを選択してauひかりを契約したほうが、得ができる可能性もあります。

プロバイダのキャンペーン内容が不十分に感じる場合は、NNコミュニケーションズからの申し込みも考えてくださいね。

NNコミュニケーションズについてより詳しく知りたい方はぜひ『auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズが本当にお得?』もあわせてチェックしてみてくださいね。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズが本当にお得?【高額キャッシュバック】

「auひかりを契約したい。代理店はNNコミュニケーションズが良さそうだけど、信用できるの?」「NNコミュニケーションズのキャンペーンは、なにがあるの?」auひかり代理店のNNコミュニケーションズについて、気になることが多いですよね。まずは結...

続きを読む

auひかりでゲームをする際の注意点

それでは、auひかりでゲームをする際の注意点を解説していきます。

auひかりでゲームをする際の注意点

  • そもそも契約できない地域がある
  • マンションのタイプVは最大速度が遅い
  • アップロード容量に30GBの制限がある
  • まれに通信障害が発生する

一つずつ見ていきましょう。

そもそも契約できない地域がある

auひかりには契約できない地域があります。契約できない地域とは、東海エリア、関西エリア、沖縄です。

東海エリアと関西エリアは以下のとおりです。

  • 東海エリア:愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

上記の口コミのように、ネット上には「auひかりを申し込もうとしても、提供エリア外だった」という内容もちょくちょく見られました。

マンションなら契約できる場合もある

ただし提供エリア外だとしても、マンションならauひかりの回線を利用できるケースがあります。それはauひかりが公開している提供エリアは、ホーム(戸建て)タイプの場合だからです。

しかしながらマンションで契約できるのは、マンションにauひかりの設備が整っている場合に限ります。マンションの管理人に、auひかりの回線が引いてあるのか確認してみましょう。

マンションのタイプVは最大速度が遅い

auひかりでもマンションのタイプVは、最大速度が100Mbpsです。

このタイプVは、光回線を引いているのは共用部分までで、各部屋には電話回線を引いている配線方式です。電話回線は、最大速度が100Mbpsしか出ません。そのため最大速度の1Gbpsは出なくて、速度が遅いと思われがちです。

auひかり マンションVタイプ配線方式

しかしながら、マンションの配線方式はもともと決まっているので、こちらで自由に選択ができません。そしてマンションの設備が変わらないと、マンションタイプのプランが変わることはないです。

そのためマンションのタイプVの場合は、たとえ光回線を変えたとしても、最大速度が変わることはありません。

ゲームによってはプレイに問題ないこと場合もある

ただし、auひかりのマンションタイプVでもゲームを問題なくできる場合もあります。

オンラインゲームをするときに通信速度が最低でも30Mbps、理想では100Mbps前後あって欲しいですが、そこまで速くなくともゲームは楽しめるからです。オンラインゲームで重要なのは、速度ではなくPing値です。

Ping値はゲームサーバーとの応答速度なので、数値が高くなると自分が操作したとおりにプレイできなくなります。人によってゲームに求めるレベルの高さはそれぞれですが、Ping値さえ良好であればオンラインゲームを楽しめる方もいます。

以下の口コミも参考にしてみてください。

上記の口コミは、ダウンロード速度が100Mbps以下ですが、Ping値が低いことがわかります。

auひかりのマンションタイプVでも、全くオンラインゲームができないのではありません。不自由に感じない場合もあるので、試してみるのもひとつの手ですよ。

アップロード容量に30GBの制限がある

アップロードとは、SNSに写真を載せることやYouTubeに動画を配信することです。auひかりのアップロード容量には30GBの制限があります。

これは、1日あたり30GB以上のデータをアップロードすることが続くと、アップロード通信の制限が実施されます。ただし、ダウンロードやメールの送受信などの制限はありません。

どれくらい使えば、アップロード容量が30GBになるのかは、はっきりと決まっていません。それはアップロードする画質や動画なら長さなどによって変わるからです。

オンラインゲームをするだけなら、アップロード容量が30GBを超えることはないです。ただし動画を配信する場合は、アップロードの制限に注意しましょう。

まれに通信障害が発生する

auひかりでは、まれに通信障害が発生します。

この通信障害の確認は、auひかり公式サイトの障害・メンテナンス情報で確認できます。また公式サイトに情報が載っていない場合は、通信障害が起きているかTwitterで検索してみてください。

auひかりでゲームをするのに大事な数値

それでは、auひかりでゲームをするのに大事な数値を解説していきます。

  • 速度は最低でも30Mbps以上
  • Ping値は15ms以下が理想
  • パケットロスは0%であるべき
  • FPS系ならJitter値は10ms以下が良い

一つずつ見ていきましょう。

速度は最低でも30Mbps以上

オンラインゲームをする速度は、最低でも30Mbpsはあって欲しいです。

ゲームをするうえで通信速度は重視されますが、ゲームをする最低ラインの速度はそこまで速くありません。もっと言うならば、速度が10Mbpsでプレイできるゲームもあります。

しかし速度にも振れ幅があり、上がったり下がったりするため、最低でも30Mbps以上はあったほうが安定してゲームができます。もちろん速度は速いに越したことはないです。

では、なぜ速度が速いほうがいいのかと言うと、ゲームのダウンロードやアップデートに時間がかからないからです。また同時にいろんなデータ通信をしていると、速度が落ちる場合があります。どんな状況でも、ゲームのパフォーマンスを落とさないために、通信速度は速いほうがいいのです。

ただしオンラインゲームをプレイするための最低速度は、30Mbpsです。ゲームには速度の速さより、安定していることが求められます。

Ping値は15ms以下が理想

オンラインゲームをするうえで最重要と言ってもいいPing値は、15ms以下が理想的です。

Ping値によって感じるラグは、人によって許容範囲が違うのですが、なるべくタイムラグをなくしてストレスを感じたくないのは誰でもでしょう。

以下は、Ping値によって感じるスピード評価です。参考にしてみてください。

評価Ping値
とても速い15ms以下
速い16ms〜30ms
普通31ms〜50ms
遅い51ms以上

特にFPSやTPSのゲームをプレイする方は、Ping値の15ms以下はクリアしたいです。リアルタイムで多くのオンラインユーザーと生き残りをかけて戦うので、少しのラグがあるだけで不利な立場になってしまいます。

ラグがあると以下のようなことが起こります。

  • 敵が瞬間移動している
  • 隠れたつもりが動作が遅れて弾で撃たれる
  • 道具やスキルを使ってもゲームで反映されてない
  • マッチングできない
  • 音ズレが起こる

また、最悪の場合はサーバーから切断されることも。これは避けたいですよね。

すべてのゲームでPing値が15msないと厳しいことはありませんが、Ping値はより低いほど安心してゲームができます。

パケットロスは0%であるべき

パケットロスは0%であるべきです。パケットロスをもう一度、説明すると「送受信している間にデータが損失してしまう」ことです。そして、データの損失した割合を%で表しています。

パケットロスは1%未満であればまだ許容範囲内ですが、1%以上になるとゲームの動作が少し怪しくなります。3%を超えるとゲームの反応にストレスを感じて、10%に達するとゲームができなくなるでしょう。

具体的にゲームにどんな影響があるかと言うと、ロードが遅れたり、画面がカクつくなど、おおよそPing値が高い場合と同じような現象が起こります。

ここで「Ping値とパケットロスって何が違うの?」と思う方もいますよね。簡単に言うと、Ping値はデータの送受信にかかる時間で、パケットロスはデータが損失することを表します。同じではないので、覚えておきましょう。

FPS系ならJitter値は10ms以下が良い

jitter値とは、Ping値の安定度を表しています。

jitter値が高い場合は、Ping値がずっと安定していないと言えます。しかし、ラグが起こったときにjitter値が低ければ、Ping値が一瞬だけ高くなった可能性が大きいです。このように、Ping値が安定しているのかを確認できます。

以下の表は、jitter値の評価の目安です。

評価jitter値
とても良い0〜5ms
良い5〜10ms
普通10〜20ms
悪い20〜50ms

FPS系であれば、jitter値は10ms以下がよいです。Ping値は低いほどよいとお伝えしましたが、jitter値にも同じことが言えます。

auひかりでゲームがラグい・遅いときの改善法

それでは、auひかりでゲームがラグい・遅いときの改善法について解説していきます。

遅いときの改善法

  • 障害の場合は復旧を待つのみ
  • 機器を再起動する
  • 有線で接続する
  • ゲーミングルーターを購入する

一つずつ見ていきましょう。

障害の場合は復旧を待つのみ

auひかりで通信障害がある場合は復旧を待ちましょう。

通信障害は、設備の故障や災害などの理由で起こることもあります。こちらでは対処できないので、auひかりの通信障害を確認したら、少し時間をおいてまた確認するのがよいです。

機器を再起動する

機器を再起動させると、遅かった速度が速くなることが十分にあります。再起動することによって通信機器の熱を取り除く、情報の整理になるなど、機器も動きやすくなるからです。

再起動のやり方を説明します。

再起動のやり方

  • ゲーム機やパソコンの電源をオフ
  • ホームゲートウェイ、ONUの電源をオフ
  • 5分ほど待ちます
  • ONU、ホームゲートウェイの電源をオン
  • ゲーム機やパソコンの電源をオン

ぜひ機器の再起動も試してみてくださいね。

ホームゲートウェイを交換する

またホームゲートウェイが古い場合は、新しい機種に交換すると速度が速くなる可能性があります。

新しい機種に交換すると、もともとの備わっている性能が高くなります。そのため古い機種では対応できなかった速度にも対応できることは、十分にあり得るのです。

ホームゲートウェイは通信機器のひとつです。通信機器というと、ONUやモデム、ルーターのように様々な用語が飛び交い、わからなくなりますよね。ホームゲートウェイは、いろんな通信機器をひとつにまとめたものとして、理解していただければ大丈夫です。

そして、auひかりではホームゲートウェイの交換ができます。希望交換になるので3,300円かかりますが、速度が上がるのを期待できます。

有線で接続する

もし無線Wi-Fi接続で通信をしている場合には、有線LAN接続をおすすめします。有線とは、LANケーブルで通信機器とパソコンを繋ぐことです。

LANケーブルで接続することによって、通信速度が安定します。無線のWi-Fi接続は、電波で通信をしているので障害物があった場合に安定性に欠けます。

通信を有線にすると、通信速度のほかにPing値も安定が期待できて、パケットロスも防ぐことができるのでいいことづくしです。

LANケーブルはCat6以上がいい

オンラインゲームをするときのLANケーブルは、Cat6以上を基準に選ぶことをおすすめします。Cat6とは、LANケーブルの通信できる性能を示すカテゴリです。

Cat6のLANケーブルの性能は、最大通信速度1Gbpsとなっています。そのため、これからLANケーブルを購入する方で、auひかりの1ギガを契約しているなら「Cat6」のカテゴリのLANケーブルで問題なく通信ができます。

auひかりの高速プランである「5ギガ」や「10ギガ」を契約している方は、Cat6より速い「Cat6A」のLANケーブルを選ぶとよいです。Cat6Aは、最大通信速度が10Gbpsまで大きくなるので、LANケーブルの性能で通信速度が制限されることはありません。

ゲーミングルーターを購入する

無線での通信をする方は、ゲーミングルーターを購入すると通信速度の安定が期待できます。ゲーミングルーターとは、ゲームを快適にできる機能が備わったルーターです。

ゲーミングルーターは、一般的なルーターより高性能で情報処理が速いため、ネットワーク通信で感じる遅れを改善できます。またゲーミングルーターには、ゲームの通信を優先する機能の種類もあります。ゲームの通信が優先的になると、複数の無線接続をしていて速度が遅れるなどの影響を受けづらいです。

ただしゲーミングルーターはLANケーブルを使った有線接続にすると、一般的なルーターと速度の安定性などの差はあまりないです。ゲーミングルーターは20,000円以上と価格も高いため、本当に必要かよく検討して購入することをおすすめします。

ホームルーターについて詳しく知りたい方はぜひ,『ホームルーターでオンラインゲームはできる?!』もあわせてチェックしてみてくださいね。

ホームルーターでオンラインゲームはできる?!実際にプレイしている私がおすすめする置くだけWi-Fiも解説

「ホームルーターでオンラインゲームはプレイできる?」「オンラインゲームにおすすめのホームルーターはどれ?」と悩んでいませんか?ホームルーターは「光回線よりも通信が不安定で速度が遅い」といったイメージがあるため、契約に踏み切れないといった人も...

続きを読む

auひかりのゲームについてよくある質問

それでは、auひかりのゲームについてよくある質問に答えていきます。

  • ApexではPing値が高い?
  • auひかりでポート開放するにはどうしたらいい?

一つずつ見ていきましょう。

ApexではPing値が高い?

ネット上の口コミを調査していると、auひかりなど一部回線でApexのゲームをするときに、Ping値が高くなるケースがあるようです。

詳しい原因はわかりませんが、以前は問題なくプレイできたのにアップデートがあってから、相性が悪くなったという口コミが見られました。

ただPing値を確認すると改善していた内容の口コミもあり、もしかすると改善中の可能性もあります。

この問題は、様子を見ることしかできそうにないですね。

auひかりでポート開放するにはどうしたらいい?

ポート開放とは、パソコンやホームゲートウェイのセキュリティを一部解除することです。解除することによって、外部のユーザーとゲームをできるようになり、ゲームの幅が広がります。

では、auひかりのホームゲートウェイ「HGW-BL1500HM」のポート開放の説明をします。

はじめに「クイック設定Web」を表示させて、ホームゲートウェイの機能を利用するためにパソコンやスマホから設定をしましょう。

詳しい内容は、auひかり公式ホームページの設定を行う|ポートマッピング設定からご覧ください。

大体の流れとして、ホームゲートウェイ「HGW-BL1500HM」の電源を入れて、接続しているパソコンなどからWebブラウザを起動します。そしてアドレス入力欄に「http://192.168.0.1/」と入力して、ログインをしてください。

先ほど紹介した設定を行う|ポートマッピング設定の手順2〜4は、選択してクリックするだけなのでわかりやすいです。

ここからは、下記の手順5の「必要な項目を設定する」をざっくりと説明をします。

auひかり「ポート開放」5.必要な項目を選択する

まず優先度を設定します。つぎに「LAN側ホスト」の欄に、IPアドレスを入力します。IPアドレスとは、インターネット通信先の住所みたいなものです。

そして「プロトコル」を選びます。プロトコルは、ネットワークのデータをやり取りするときの約束ごとを決めている規格です。「プロトコル」欄で「その他」を選んだ場合には、プロトコル番号を入力します。

最後に、ポート番号を入力します。「プロトコル」欄で「TCP」または「UDP」を選んだ場合には、ポートマッピングの対象とするポート番号を入力してください。ポート番号は、データを識別するときに必要です。

「any」にチェックを付けると、すべてのポート番号が対象となります。チェックを外した場合は、決められた形式で値を入力してください。設定、保存をして、完了します。

まとめ

auひかりは速度やPing値が優れているだけでなく、パケットロスも少ないため、ゲームに向いている光回線です。

そして、ゲームをするときに必要な数値やゲーム中にラグいと感じるときの改善法も紹介しました。auひかりについて、気になる情報を詰め込んだ記事となっています。

オンラインゲームをより快適にプレイしたい方は、auひかりの光回線をぜひ検討してみてくださいね。

\ネット回線の料金を比較してみよう/

年間3,000人以上が、ご利用!

【簡単10秒】3ステップで一番お得なインターネット回線が分かる!

当サイトでは、「住所」「マンションか一軒家か」「現在契約しているネットの有無」の3つを選ぶだけで、お得なネット回線をシミュレーションできます。

特典やキャッシュバックなど、コミコミであなたに一番お得なネット回線が見つかります。

目次を見る
×