1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. お役立ちコラム
  3. ネット回線
  4. auひかりからNURO光への乗り換え方!メリット・デメリットや注意点も
最終更新日:2024年02月09日

auひかりからNURO光への乗り換え方!メリット・デメリットや注意点も

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
auひかりからNURO光への乗り換え方!メリット・デメリットや注意点も

URO光は、通信速度が速くて安いことで知られているインターネットサービスです。現在auひかりを利用していてNURO光に乗り換えたい方の中には、どのような流れで乗り換えたら良いのか分からない方もいるでしょう。乗り換えには手順があり、人によっては乗り換えが向いていないこともあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。

当記事では、auひかりからNURO光への乗り換えの流れや利用するメリット・デメリットなどを解説します。ぜひ、乗り換えたいときや乗り換えを検討しているときにお役立てください。

この記事はこんな方におすすめです

  • NURO光の利用に興味がある方
  • auひかりからNURO光への乗り換え方法が分からない方
  • スムーズにauひかりからNURO光への乗り換えたい方
藤沢太郎
執筆者
ライフラインアドバイザー

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。所有資格はネットワークスペシャリスト。ネットワーク全般に関する知識を証明する資格で、光回線のネットワーク設計や運用に関わる場合に役立っています。現在は電気通信主任技術者を勉強中。

…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

この記事の目次

auひかりからNURO光へ乗り換える前に比較すべきポイント

auひかりはKDDIが提供する光回線を使用したインターネットサービスです。一方でNURO光(ニューロ光)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している光回線を使用したインターネットサービスとなっています。

現在auひかりを利用している方の中には、NURO光に乗り換えようか検討中の方もいるのではないでしょうか。NURO光へ乗り換える際は、いくつかauひかりと比較すべきポイントがあります。

以下では、比較すべきポイントをそれぞれ紹介します。

料金

auひかりとNURO光の料金を比較すると、どちらがお得と言えるのでしょうか。以下では、auひかりとNURO光の料金をまとめたもの表を紹介します。

■auひかり ホームの料金
ずっとギガ得プランホーム1ギガ5,390〜5,610円
ホーム10ギガ・5ギガ5,390〜5,940円
ギガ得プランホーム1ギガ5,720円
ホーム10ギガ・5ギガ6,270円
標準プランホーム1ギガ6,930円
ホーム10ギガ・5ギガ7,480円
■NURO光の料金
2ギガプラン5,200〜6,100円
10ギガプラン5,700〜8,300円

料金は契約年数によって異なるのが特徴で、どちらの光回線も3年契約をすると一番お得な価格で、契約期間なしが一番高い料金になっています。全体的な料金だけを見るとNURO光のほうがauひかりよりお得です。

しかし、より快適にネットが使えるauひかりのホーム10・5ギガ、NURO光の10ギガプランでは、auひかりのほうが若干お得になっています。

通信速度

ネットサービスを使うのであればどれだけ快適に使えるのか、通信速度も確認しておくのがよいでしょう。以下で、通信速度を比較した表を記載しました。

ダウンロード速度アップロード速度Ping値
auひかり576.42Mbps598.62Mbps14.63ms
NURO光653.11Mbps609.94Mbps10.96ms

上記は、2024年2月に確認した直近3か月の平均通信速度です。ダウンロード速度とアップロード速度は高いほうがネットの通信速度が速く、Ping値は数値が低いほど速いです。どちらも通信速度は文句なしに速い数値となっていますが、比較するとNURO光のほうが通信速度は優れていることが分かります。

ただし、通信速度は環境によって異なる場合があるため、いつどこでも上記のような数値が出るとは限りません。あくまでも直近3か月の平均通信速度として参考にしてください。

開通工事の期間

光回線の利用を申請してから、実際に使えるようになるまでの期間はどれくらいかかるのでしょうか。スムーズに利用を切り替えるためにも、確認しておきましょう。

利用の申請から開通までにかかる期間は、auひかりでは平均1〜2か月NURO光では平均1〜3か月かかります。比較的au光のほうが開通までの期間は早いですが、申請する時期によって早かったり遅かったりします。繁忙期は開通工事の予約が取れず開通までに時間かかることもあるため、注意しましょう。

キャンペーン

auひかりとNURO光、どちらも初期費用を実質無料にしたり契約した携帯料金が安くなったりと同じようなキャンペーンを実施しています。以下で、キャンペーンをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

auひかりNURO光
キャッシュバック・41,250円+工事費用実質無料・43,000円+工事費実質無料
・1年間 月額980円+工事費実質無料
スマホセット割・au:最大1,100円引き
・UQモバイル:最大1,100円引き
・ソフトバンク:最大1,100円引き
・NUROモバイル:最大1,100円引き(1年間)

上記の他にも、auひかりではau one netの新規加入でau PAY残高へ最大10,000円相当を還元したり、NURO光では他社解約金を60,000円まで負担してくれたりなどがあります。ただし、それぞれのキャンペーン利用には必ず条件があるため、キャンペーン利用前には条件を満たしているかの確認を怠らないようにしましょう。

auひかりからNURO光へ乗り換えるメリット

auひかり、NURO光どちらにも利用するメリットが多くあります。しかし、auひかりからNURO光へ乗り換えるメリットには何があるのでしょうか。以下で、乗り換えるメリットを解説します。

通信速度が速くなる可能性がある

前述したように、auひかりよりNURO光のほうが通信速度は速い傾向にあります。

多くの光回線では最大通信速度が1Gbpsであることが多いですが、NURO光では2Gbps・10Gbpsのプランを提供しています。一番安いプランでも2Gbpsを利用するため、現在auひかりで1Gbpsを利用している方は通信速度が速くなる可能性が高いと言えるでしょう。

月額料金が安くなる場合がある

プランによっては、auひかりよりも月額料金が安くなる場合があります。auひかりのずっとギガ得プラン ホーム1ギガを利用している方は、1年目の月額料金は5,610円です。ずっとギガ得プランは3年契約になっているので3年目には5,390円になります。しかし、NURO光では2ギガプランを3年契約すると、月額料金は5,200円です。わずかではありますが、NUROの月額料金の方が安くなります。

ただし、auひかりで10ずっとギガ得プランでホーム10ギガ・5ギガを利用されている方は、NURO光の10ギガプランのほうが少し料金が高くなるため注意しましょう。

携帯料金が安くなる

ソフトバンクまたはNUROモバイルを利用している方は、NURO光と一緒に利用したほうが断然お得です。NURO光にはNUROモバイルセット割という特典が存在し、ソフトバンクと契約されている方は毎月1,100円の割引がききます。またNUROモバイルであっても1年間は1,100円の割引が得られます。

反対にauやUQモバイルの携帯を利用されている方は、auひかりを利用したほうが同じく割引が効くためお得に利用できます。auやUQモバイルの携帯を利用していてauひかりからNURO光に乗り換えたいという方は、携帯も一緒に乗り換えるのがよいでしょう。

連絡先が1か所で済む

auひかりでは利用をする際に自身でプロバイダが選べ、好みのキャンペーンなどを利用できます。しかし、何か問い合わせたいことがある場合は、auとプロバイダどちらに連絡すればいいか迷ったり、auひかりを解約しても、プロバイダで引き続きサービスが提供されていたりする場合があります。

一方で、NURO光は、SONYの子会社である「So-net」が提供している光回線です。NURO光は運営元とプロバイダが一本化されており、他のプロバイダを利用できないデメリットがあるものの、問い合わせる際に1か所で済むのがメリットです。大手のSo-netが運営しているため、サービスやサポートもしっかりしており、安心して利用できます。

auひかりからNURO光へ乗り換えるデメリット

auひかりからNURO光に乗り換える際は、乗り換えてから後悔しないよう、どのようなデメリットがあるかも知っておくのがおすすめです。以下では、乗り換えるデメリットをいくつか解説します。

パケットロスが起こる可能性がある

パケットロスというのは、ネットワークの異常によって引き起こされる問題の1つです。パケットロスでは、通常、通信内容を小分けにして各ネットワークに送信するところを、小分けにした通信内容が通信先に正常に届かず消滅してしまいます。

NURO光では以前にパケットロスが問題にあったことがあり、徐々に改善傾向にありますが、現在もパケットロスについて悩む声がないとは言い切れません。NURO光に乗り換えようか検討している場合は、パケットロスについて理解した上で、利用の申し込みをしましょう。

マンションタイプは料金が高くなる

NURO光のマンションタイプである「NURO光 for マンション」の利用を検討されている場合は、auひかりよりも料金が高くなる可能性があるため注意しましょう。以下では、ネットのみを使用する際の料金を表でまとめました。

■auひかり マンションの料金表
お得プランお得プランA標準プラン
タイプG16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
タイプV16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
16契約以上:4,180円
8契約以上:4,510円
都市機構・東日本 16M(B):2,585円
・東日本 16M(R):3,025円
・西日本 16M(B):3,025円
・西日本 16M(R):3,465円
都市機構G・東日本 16M(B):2,585円
・東日本 16M(R):3,025円
・西日本 16M(B):3,025円
・西日本 16M(R):3,465円
都市機構G DX-G4,180円5,390円
タイプE16契約以上:3,740円
8契約以上:4,070円
16契約以上:3,740円
8契約以上:4,070円
タイプF4,290円4,290円
ギガ4,455円4,455円
ミニギガ5,500円5,500円
■NURO光 for マンションの料金表
3年契約2年契約契約期間なし
2ギガ2,090〜2,750円2,530〜3,190円2,970〜3,630円
10ギガ2,640〜3,300円3,520〜4,180円

ただし、NURO光 for マンションはNURO光が導入済の建物のみ申し込み可能となっています。設備が導入されているかを確認したい場合は、NURO光の「お申し込みページ」から確認しましょう。

auの割引が適用外になる

現在auひかりに加えて、auまたはUQモバイルの携帯を利用されている方は、セット割として毎月料金が安くなっている方もいるのではないでしょうか。しかし、このセット割はNURO光に乗り換えると適用外となり、割引が効かなくなってしまいます。

引き続きセット割を利用したいという場合は、携帯のキャリアをソフトバンクもしくはNUROモバイルに乗り換えなくてはなりません。ネット回線だけでなく携帯のキャリアも乗り換えるのに手間を感じる方もいます。

セット割がなくなることを加味して、乗り換えに大きなメリットを感じない方は、そのままauひかりを使い続けるのがおすすめです。

違約金・手数料が発生する

NURO光に乗り換える際には、auひかりの違約金や手数料が発生することがあります。NURO光ではキャンペーンで解約金をいくらか担保してくれる場合もありますが、どれくらい違約金や手数料がかかるのか確認しておきましょう。また、回線工事の代金を払い終えていない方は、残債の支払いも必要になるため、そちらも併せて確認しましょう。

なお、違約金は契約更新期間中の解約であれば発生しません。違約金を支払いたくないという方は、契約更新期間中に解約するのがおすすめです。

auひかりの解約金についてはこの後説明します。

プロバイダが引き継げない

NURO光で利用するプロバイダは「So-net」に確定しており、他のプロバイダを利用することはできないのが特徴です。auひかりで利用していたプロバイダを引き継いで契約することはできないため、注意しましょう。

ただし、NURO光のように運営とプロバイダが一本化されていると、トラブル発生時に連絡するところが1つに絞られるため便利というメリットがあります。

auひかりからNURO光へ乗り換える際の費用

auひかりからNURO光へ乗り換える際の費用には、auひかりの解約金やNURO光の初期費用などがかかります。どれくらいの費用がかかるのか、事前に確認しておきましょう。

以下では、auひかりの解約費用、NURO光の初期費用に分けて金額を紹介します。

auひかりの解約費用

auひかりでは契約更新期間以外での解約には、解約費用がかかります。以下の表は、解約費用をまとめたものです。契約時期によって解約料金が異なるため、いつ契約したかも併せて確認しましょう。

2022年6月30日までに新規申し込みした方
auひかり ホームずっとギガ得プラン16,500円
ギガ得プラン10,450円
標準プラン
auひかり マンションお得プラン10,450円
お得プランA7,700円
標準プラン
2022年7月1日以降に新規申し込みした方
auひかり ホームずっとギガ得プラン4,730円
ギガ得プラン4,460円
標準プラン
auひかり マンションお得プラン2,730円
お得プランA2,290円
標準プラン

また、2018年2月28日以前に契約した方で、auひかりの回線を撤去する場合は、別途11,000円も必要です。2018年3月1日以降にauひかりホーム、もしくは10ギガ・5ギガを申し込んだ方、2022年7月1日以降に申し込んで回線の撤去を希望する方は、撤去工事に31,680円がかかります。

NURO光の初期費用

NURO光は独自回線のため、他の光回線が利用できません。そのため、新規契約であれば回線を自宅まで引き込む必要があります。

戸建てプランでは、回線の引き込みに必要な工事費に44,000円、また契約事務手数料に3,300円がかかります。また任意でセキュリティサービスをつける場合は、毎月550円も必要です。

44,000円の工事費用は24回(2年契約)、36回(3年契約)と分割で支払うのが基本となっています。そこでNURO光では、分割された工事費用分の料金を毎月割引する特典を用意しています。そのため、44,000円の工事費用は実質無料です。ただし、24か月・36か月以内に解約をすると、残債を一括で支払わなければなりません。

auひかりからNURO光へ乗り換える手順

auひかりからNURO光への乗り換えは、先にauひかりを解約しないことがポイントです。NURO光が開通するまでには、およそ1〜3か月かかると言われています。その前にauひかりを解約してしまうと、数か月間ネットサービスを利用しない期間が生まれるためです。まずはNURO光に申し込むところから始めましょう。

以下では、auひかりからNURO光へ乗り換える手順を解説します。

NURO光に申し込む

まずはNURO光の公式サイトで、自宅がNURO光のサービス提供エリアであるか確認しましょう。自宅が提供エリア内であるか確認できたら、そのまま公式サイトから「お申し込み」をクリックします。NURO光の申し込みはネットまたは電話でも可能です。電話でお申し込みの方は、以下電話番号からおかけください。

■0120-117-260 受付時間 9:00〜21:00 ※1月1日、2日及びメンテナンス日を除き年中無休

工事日を調整する

NURO光の申し込みが完了すると、回線工事の日程を予約する必要があります。開通までに宅内工事と屋外工事をする必要があり、2回の工事とも立ち会いが必要です。ネットで申し込みをした場合は、回線工事の日程と時間を選択できるため、指示に合わせて選択しましょう。

住んでいる地域や申し込み時期によっては、回線工事の日程が思ったよりも先になることがあります。希望する工事日に空きがなかったり、工事日が確定するまでに数日必要だったりする場合もあることを頭に入れておきましょう。

宅内工事をする

宅内工事では開通に伴い、1〜2時間ほど自宅の環境を整える工事をします。工事は外壁にビスで光キャビネットを取り付け、宅内に光ケーブルを引き込む仕組みを作ります。エアコンのダクトから宅内に光回線を通す場合もありますが、壁に穴を開ける場合は必ず作業員が確認してくれるため安心です。

その後光コンセントを取り付け、ONUを取り付けたら、宅内工事は完了です。宅内工事から屋外工事までは2週間から1か月程度かかる場合があります。

屋外工事をする

屋外工事では、最寄りの電柱からNURO光の光ケーブルを自宅内に引き込み、光キャビネットに接続する工事を行います。作業時間は1〜2時間程度です。

最寄りの電柱から自宅までの距離がある場合は、壁に光ケーブルを止めて光キャビネットまで持っていきます。家の材質や配線の状況など、作業員が確認する場合もあるため、自宅についての情報がわかる方が立ち会いを担当するのが好ましいと言えます。

機器の初期設定をする

回線工事が終了したら、ONUに同封されている「インターネット接続設定ガイド」を参考に機器の初期設定を行いましょう。

ONUと無線LANルーターを接続します。その後、ONUの電源を入れると、インターネット接続の設定が自動的に行われます。設定には2〜3分かかり、LINEとWANのランプが緑に点灯したら完了です。

auひかりを解約する

NURO光が使えるようになったら、auひかりを解約します。auひかりの解約方法は、利用しているプロバイダによって異なるため、契約しているプロバイダに連絡をしましょう。なお、契約しているプロバイダが分からない方は、契約書類を確認してください。

auひかりのレンタル機器を返却する

解約手続きが完了したら、KDDIにレンタルしている機器を返却します。解約申し込み後10日程度でKDDIから「着払い伝票」が届くため、伝票を使って機器を返却してください。

一定期間返却がされない場合は、利用期間に応じた違約金が発生するおそれがあります。着払い伝票が届いたら、早いうちに返却するようにしましょう。

また回線を撤去する工事を希望する場合は、返却をした後に行います。撤去工事にも立ち会いが必要です。

NURO光のキャッシュバックを受け取る

NURO光では、45,000円のキャッシュバック特典があります。この特典は開通後すぐに受け取れるわけではなく、サービス利用開始から11か月後、また45日間の間に受け取らなければなりません。サービス利用から11か月経った頃に登録したメールアドレスへキャッシュバック受け取りのメールが届くため、忘れず確認しましょう。

キャッシュバックの申請が完了した後は、申請当日から数日の間で43,000円が振り込まれます。

auひかりからNURO光へ乗り換える際の注意点

スムーズにauひかりからNURO光へ乗り換えるには、いくつか把握しておくべきことがあります。乗り換える際に手間取らないよう、以下で乗り換える際の注意点を確認しておきましょう。

提供エリアの圏内であるか

auひかりは独自回線のため、サービスの提供エリアが限られています。NURO光も同様に独自回線のためサービスの提供が限られており、そのエリアはauひかりよりも狭いです。提供エリアであっても、2ギガしか利用できない地域もあるため、利用したいサービスの提要エリアであるか事前に確認することが大切です。

NURO光の提供エリアであるかは以下リンクから確認可能です。自宅の郵便番号を売っていくだけで簡単に分かるため、ぜひ確認してください。

NURO光のサービス提供エリアの確認はこちらから

違約金が発生するか

契約更新期間以外で解約をすると、契約プランによっては違約金が発生します。また回線工事の支払いがまだ残っていたりすると、状況によっては大きな金額になるため、どれくらい違約金が発生するかあらかじめ確認しておくことがおすすめです。

ただし、NURO光ではNURO光 2ギガの2年契約・3年契約の申し込みをした方を対象に、違約金を最大60,000円負担してくれる特典が用意されています。特典を利用する際は違約金や工事費残債などの明細コピーが必要です。

電話番号が変わるか

auひかりとともに電話サービスも使っている方は、電話番号を使えなくなる可能性があります。元々NTT東日本または西日本からもらった電話番号であれば、auひかりからNURO光に乗り換えても電話番号はそのまま利用可能です。しかし、auひかりで電話番号を作った場合は、NURO光への引き継ぎはできません。

NURO光で電話を利用したい場合は、申し込みの際にオプション詳細入力画面で、「番号ポータビリティを利用する」というボタンを選択しましょう。

工事は必要か

auひかりとNURO光は利用している光回線がそれぞれ異なるため、必ず回線工事が必要です。

NURO光の回線工事は宅内工事と屋外工事の2回に分けて行われ、どちらも立ち会わなければなりません。また、宅内工事から屋外工事には2週間から1か月の期間が空きます。申し込みから実際にネットが利用できるまで、ある程度時間がかかるため、auひかりを解約するのはNURO光が使えるようになってからにしましょう。

メールアドレスが変わるか

プロバイダが提供しているメールアドレスを利用している場合は、auひかりを解約するとメールアドレスが使えなくなります。NURO光ではメールアドレスの付与は行なっていないため、auひかりを解約する際はau one netのメール専用コースに変更して同じメールアドレスを利用するか、フリーメールアドレスを利用しましょう。

ただし、メール専用コースには月々550円円を支払う必要があるため、費用のかからないフリーメールアドレスがおすすめです。

auひかりからNURO光への乗り換えが向いている人・向いていない人の特徴

auひかりからNURO光への乗り換えには、さまざまなメリットとデメリットがあります。それぞれの内容を確認しても、乗り換えるべきか迷っている方に向けて、以下では乗り換えが向いている方と向いていない方の特徴を紹介します。

乗り換えが向いている人

auひかりからNURO光への乗り換えが向いている方の特徴は、以下の通りです。

通信速度の速いネットを利用したい方

インターネットの通信速度にこだわりがある方は、NURO光の導入がおすすめです。auひかりよりも比較的通信速度が速く、日常はもちろん、オンラインゲームやテレワークなどでも快適にインターネットが使えるでしょう。

NURO光が導入されたマンションにお住まいの方

NURO光 for マンションは月額料金が戸建てよりも安い価格で利用でき、快適なインターネット生活が送れます。すでにマンションに設備が導入されているため、工事も宅内工事のみで開通までの期間が短いのも魅力です。

乗り換えが向いていない人

auひかりからNURO光への乗り換えで、あまりメリットがなく乗り換えがおすすめできない方の特徴を以下で紹介します。

面倒な手続きが嫌いな方・休みが取りづらい仕事をしている方

NURO光では開通するのに2回の工事が必要になります。どちらにも立ち会いが必要なので、多忙な場合はわざわざ工事のために休みを取らなければならないという方もいるでしょう。繁忙期などは特に予約が取りづらくなるため、面倒な手続きをなくした方や多忙な方にはおすすめはできません。

auひかりを利用して間もない方

auひかりを利用してまだ少ししか経っていない場合は、回線工事の残債も多く残っています。解約をする場合は解約費用だけでなく、工事の残債も支払う必要があるため、NURO光への乗り換えはおすすめできません。NURO光の解約費用の負担やキャッシュバック特典を利用したとしても、解約費用と残債のほうが高額になる可能性が高いです。

まとめ

NURO光はauひかりよりも比較的通信速度が速い傾向にあり、費用も安いといったメリットがあります。一方で、パケットロスが起こったり、auの割引が適応外になったりすることがデメリットです。

auひかりからNURO光へ乗り換える場合は、まずNURO光のサービス提供エリアであるかを確認しましょう。実際に乗り換える場合は、NURO光の開通までに1〜3か月程度かかるため、先にauひかりを解約しないことが重要です。今回の内容を参考に、ぜひどちらを利用するのがお得であるか検討するのに役立ててください。

\ネット回線の料金を比較してみよう/

年間3,000人以上が、ご利用!

【簡単10秒】3ステップで一番お得なインターネット回線が分かる!

当サイトでは、「住所」「マンションか一軒家か」「現在契約しているネットの有無」の3つを選ぶだけで、お得なネット回線をシミュレーションできます。

特典やキャッシュバックなど、コミコミであなたに一番お得なネット回線が見つかります。

目次を見る
×