1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. ネット回線比較シミュレーション
  3. ネット回線お役立ちコラム
  4. 【2024年7月】光回線おすすめ10社比較!失敗しない選び方とおすすめのネット回線を解説
  5. ahamo光とGMOとくとくBB光を比較!ahamoユーザーにおすすめの光回線はどっち?
最終更新日:2023年08月22日

ahamo光とGMOとくとくBB光を比較!ahamoユーザーにおすすめの光回線はどっち?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
ahamo光とGMOとくとくBB光を比較!ahamoユーザーにおすすめの光回線はどっち?

GMOとくとくBB光は、光回線の中でも通信速度が速くて安いインターネットサービスです。ahamoスマホユーザーのなかには、GMOとくとくBB光を利用している人も多いでしょう。

しかし、2023年7月1日から、ahamoユーザー限定の「ahamo光」がサービス開始されました。ahamo光は月額料金が3,630円〜と低価格です。

そのため、「ahamo光の方が安いのでは?」「GMOとくとくBB光の方が高上がりではないか?」と悩んでしまう人もいらっしゃるでしょう。

そこで、本記事では以下の内容について解説していきます。

この記事でわかる内容

  • ahamo光とGMOとくとくBB光、キャンペーン込みでお得な方法
  • ahamo光とGMOとくとくBB光の通信速度比較
  • 「より安い・より速い・安さと速さのバランス」それぞれに最適な光回線
  • ahamo光・GMOとくとくBB光のメリット・デメリット

ahamoユーザーで光回線の乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

伊藤 雄次
執筆者
クラシェルジュ編集部

経歴
元ゲーム好き・節約好きのブロガー、株式会社ブレイブのWEBエンジニア。ゲームを快適に遊ぶためネット環境構築に詳しくなる。専門知見を活かして始めた通信サービスのブログを月間1,200万が訪れるサイトに成長させる。現在は通信費削減・見直しコンサルティングをおこなう傍ら、記事を執筆しながら多くの人の悩み事を解決し続けている。参考:クラシェルジュ開発ストーリー
所属
株式会社ブレイブ
取得資格
ネットワークスペシャリスト
SPREAD情報セキュリティマイスター
デジタル推進員
SNS
LinkedIn
Facebook
読者へのメッセージ
インターネット上には不確かな情報ばかりですが、私のポリシーは正しい情報を伝え誠実であること。正確な情報発信を心掛け記事執筆に取り組んでいます。

…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

この記事の目次

ahamo光とGMOとくとくBB光を一覧比較

GMOが提供する光回線には「GMOとくとくBB光mini」というものもあります。GMOとくとくBB光miniも、ahamo光と同じくらい月額料料金が安いサービスです。そのため、今回はahamo光・GMOとくとくBB光と一緒に比較してみました。

本記事で比較するahamo光・GMO光の概要は以下のとおりです。

ahamo光・GMOとくとくBB光・GMOとくとくBB光miniの概要
ahamo光GMOとくとくBB光GMOとくとくBB光mini
月額料金戸建て4,950円5,390円4,400円
マンション4,730円4.290円3,300円
契約期間2年なし
違約金1ヶ月分の月額料金0円
初期費用事務手数料3,300円
工事費用完全無料実質無料
通信速度1Gbps1Gbps
(速度制限あり)
スマホセット割なし
キャンペーン・dポイント10,000プレゼント・32,000円キャッシュバック
・他社違約金負担
・ルーター無料レンタル
・5,000円キャッシュバック
・他社違約金負担

ahamo光は月額料金は安いものの、契約期間の縛りがあり、解約時には違約金が発生します。キャンペーンの内容もそれほど多くありません。

GMOとくとくBB光は、ahamo光より月額料金は高めですが、契約期間のしばりがなく、キャンペーンのキャッシュバックも高額です。総額を計算すると、状況によってはGMOとくとくBB光の方が安くなる可能性があります。

GMOとくとくBB光miniは月額料金が一番安いです。しかし、速度制限がかかってしまうため、使用用途によってはあまり実用的では無いでしょう。

ahamo光とGMOとくとくBB光はどっちを選ぶべき?

ahamoスマホを利用しているユーザーにおすすめの光回線は、以下のとおりです。

ahamoユーザーにおすすめの光回線一覧
月額料金の安さを重視する人GMOとくとくBB光mini
契約期間なし・総額の安さを重視する人GMoとくとくBB光
速度と料金のバランスをとりたい人ahamo光

なぜおすすめなのか、契約時にかかる費用や月額料金・通信速度についてみていきましょう。

月額料金の安さを重視するなら『GMOとくとくBB光mini』

とくとくBB光mini

GMOとくとくBB光miniとは、2023年2月14日からサービスが開始したGMOの新しい光回線サービスです。月額料金が非常に安く「とにかく月額料金を抑えたい」という方に向いています。

ahamoスマホの月額料金と足しても、支払い金額は10,000円以下です。

ahamoスマホ×GMOとくとくBB光miniの料金
GMOとくとくBB光miniahamo基本プランahamo大盛りプラン
戸建てプラン7,370円9,350円
マンションプラン6,270円8,250円

契約者には一律5,000円のキャッシュバックも用意されているため、実質料金はさらに低くなります。

キャッシュバックを含めた実質月額料金など、詳しく知りたい人は『月額料金はGMOとくとくBB光miniが最安』をご覧ください。

また、他社からの乗り換えだった場合は、他社違約金や工事費用の残債を最大50,000円まで補填してくれるため、契約時に必要な金額は、事務手数料の3,300円のみです。

ahamo光大盛りプランをテザリングする方法もあり

ahamoスマホ大盛りプラン

ahamoには、月のパケット使用量100GBの大盛りプランが存在します。月額料金は4,950円で、本プランはテザリングが可能です。

テザリングとは、スマートフォンの通信回線を利用してパソコンやタブレットでインターネットを利用する機能です。

ahamo大盛りプランを契約し、テザリングで光回線代わりに利用すれば、月の支払い方法はスマートフォン代の4,950円のみですみます。

100GBあれば、毎日動画を視聴し、ゲームをプレイしてもあまるほどでしょう。ただし、通信速度は固定の光回線よりも劣ります。

契約期間なし・総額の安さで選ぶなら『GMOとくとくBB光』

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光とは、GMOが展開する光回線サービスの1つです。月額料金は良心的な金額で設定されており、通信速度も速い方に分類されます。

何よりもキャンペーンの豊富さやキャッシュバック金額が高額で、それらを目的にGMOとくとくBB光に乗り換える人も多くいます。

ahamoスマホとGMOとくとくBB光の総支払額は、以下のとおりです。

ahamoスマホ×GMOとくとくBBの料金
GMOとくとくBB光ahamo基本プランahamo大盛りプラン
戸建てプラン8,360円10,340円
マンションプラン7,260円9,250円

表はキャッシュバックなどを加味していませんが、計算にいれると総額の支払い料金はさらに低くなります。詳しく知りたい人は『2年間の総額ではGMOとくとくBB光が安い』をご覧ください。

また、契約期間の縛りがないため、いつでも解約できるのも大きなポイントです。転勤が多い方や、すぐに引っ越す可能性のある方におすすめです。

GMOとくとくBB光は特設サイトから申し込むのが最安値

GMOとくとくBB光

実は、実質最安値・最速といえるのが、GMOとくとくBB光の特設サイトから申し込む方法です。GMOとくとくBB光は複数の申し込みページが存在し、どのページから申し込んだかによって、月額料金やキャッシュバックの金額が変わるという特徴があります。

GMOとくとくBB光特設サイトから申し込んだ場合の月額料金やキャッシュバックの金額は以下のとおりです。

GMOとくとくBB光を特設サイトから申し込んだ場合の概要
月額料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
工事費用実質無料
キャッシュバック額32,000円
他社違約金・工事費残債の補填金額40,000円

表のとおり、月額料金がahamo光と大差ない金額となります。また、ahamo光にはないキャッシュバックや他社違約金・工事費残債の補填なども利用できるため、実質の総支払額はさらに低いです。

乗り換え時の費用負担がほぼないため、現在GMOとくとくBB光以外の光回線を利用している人は一度検討してみるのもよいでしょう。

\月額料金が安い!/
当サイト限定で最大126,000円キャッシュバック

速度と料金のバランスをとりたいなら『ahamo光』

ahamoスマホ大盛りプラン

ahamo光は、2023年7月1日にドコモから登場した新しい光回線サービスです。ahamoスマホを利用しているユーザーしか契約することができない限定的な光回線となっており、月額料金の安さで話題を呼んでいます。

ahamoスマホとahamo光の月額料金総額は以下のとおりです。

ahamoスマホ×ahamo光の料金
GMOとくとくBB光miniahamo基本プランahamo大盛りプラン
戸建てプラン7.920円9,900円
マンションプラン6,600円8,580円

格安スマホの名前と同じ光回線のため、なんとなく速度が遅そうなイメージをもっている方も多いですが、速度はそこそこ安定しているのではないかと予想しています。

ahamo光の通信速度については『すべて光コラボで最大速度は同じだが・・』の最後をご覧ください。

ahamo光とGMOとくとくBB光の料金や速度比較!

「安さ・速さ・安さと速さのバランス」に焦点を分けておすすめの光回線を紹介してきました。ここからは、各光回線の通信速度や、ahamoスマホの料金と合算したときのより詳細な金額について解説します。

月額料金はGMOとくとくBB光miniが最安

純粋な月額料金だけを比較すると、最も安いのは「GMOとくとくBB光mini」となります。「ahamo光・GMOとくとくBB光mini・GMOとくとくBB光」を比較すると、差は歴然です。

ahamo光・GMOとくとくBB光・GMOとくとくBB光mini 月額料金比較表
戸建てプランマンションプラン
ahamo光4,950円3,630円
GMOとくとくBB光5,630円4,290円
GMOとくとくBB光mini4,400円3,300円
<p>GMOとくとくBB光miniの場合、Wi-Fiルーターは自分で用意しなければなりません。月額330円でレンタルも可能で、その場合は、月額料金が「戸建て:3,730円、マンション:3,630円」となります。

マンションタイプだとahamo光と同額になってしまいますが、戸建てプランだとまだGMOとくとくBB光miniの方が低価格です。

2年間の総額ではGMOとくとくBB光が安い

前項で月額料金ならGMOとくとくBB光miniが最も安いと解説しました。しかし、キャンペーン内容を考慮した2年間の総額では、GMOとくとくBB光が最安値となります。

ahamo光・GMOとくとくBB光・GMOとくとくBB光miniのキャンペーンを含めた2年間の総額比較表をご覧ください。

キャッシュバックを考慮した2年間の総額比較表
ahamo光GMOとくとくBB光GMOとくとくBB光mini
キャッシュバック額なし
(dポイントの進呈はあり)
最大32,000円
(申し込みページによって異なる)
5,000円
2年間の総額戸建て:118,800円
マンション:87,120円
戸建て:83,632円
マンション:58,552円
戸建て:100,660円
マンション:74,200円

キャッシュバック額などを考慮した場合、月額料金が最安値のGMOとくとくBB光miniよりも、総額20,000円以上安くなります。

キャンペーンはGMOとくとくBB光が充実

GMOとくとくBB光のキャンペーン

乗り換え時の負担軽減や、キャッシュバックなどのキャンペーンを目的とするならば、GMOとくとくBB光がおすすめです。GMOとくとくBB光では以下のキャンペーンが用意されており、ahamo光・GMOとくとくBB光よりも安く契約できるためです。

キャンペーン比較表
ahamo光GMOとくとくBB光GMOとくとくBB光mini
・工事費無料
・dポイント10,000ptプレゼント
・工事費実質無料
・5,000円 or 32,000円キャッシュバック
・他社違約金・工事費残債を最大50,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・工事費実質無料
・5,000円キャッシュバック
・他社違約金
・工事費残債を最大40,000円キャッシュバック

通常サイト・特設サイトどちらから申し込んだ場合でも他社違約金・工事費用の残債をGMOとくとくBB光が負担してくれます。

特設サイトの場合、キャッシュバック額は32,000円です。高性能なWi-Fiルーターも無料でレンタルできるため、自分で用意するものが少ないという契約時の手軽さもあります。

\月額料金が安い!/
当サイト限定で最大126,000円キャッシュバック

すべて光コラボで最大速度は同じだが・・

本記事で紹介している「GMOとくとくBB光・とくとくBB光mini・ahamo光」は、どれも光コラボと呼ばれる方法でサービスを提供しています 光コラボとは、フレッツ光と同じ設備を利用している光回線サービスのことです。

そのため、光コラボの場合は通信速度が大きく変化しないという特徴があります。ただし、プロバイダーが異なるため、その点で通信速度に若干の違いはでてきます。

プロバイダーとは、インターネット通信を列車に例えた場合の線路のようなものです。線路の状態によって電車がスピードを出せるか出せないかが決まるように、プロバイダが通信速度を左右するケースもあります。

ahamo光では利用できないサイトがでてくる可能性がある

ahamo光とGMOとくとくBB光、それぞれの接続方式は、以下のとおりです。

ahamo光・GMOとくとくBB光 接続方式の違い
ahamo光OCNバーチャルコネクト(IPv4 over IPv6)
GMOとくとくBB光IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6

どちらも、次世代の通信方式「IPv6」に対応しています。用語が多くてわからない方は「どちらも混雑しやすい時間帯でもサクサク通信できる接続方式」と覚えておけば問題はありません。

ただし、ahamo光の公式サイトには以下の文言が注意書きとして記載されています。

「ahamo光」はPPPoE方式での接続には対応しておらず、IPoE方式での接続のみ対応しております。詳細はご注意事項の「プロバイダについて」をご確認ください。

これはGMOとくとくBB光にも言えることですが、ahamo光も同じような注意点があるということだけ覚えておきましょう。とはいえ、一般のサイト・ゲーム・ソフトを利用する分には特に問題はありません。

nimiは混雑する時間帯に速度制限がかかってしまう

GMOとくとくBB光miniの場合、インターネット利用者が多くなってしまうと通信速度が制限されてしまいます。このような速度制限を設けているために格安料金が実現できています。

そのため、インターネットゲームや配信などをしており、一定の速度が必要な方にはあまり向かない光回線です。

「速さは二の次で、とりあえずインターネットにつながれば良い」と考えている方であればよいでしょう。

契約期間があるのはahamo光

GMOとくとくBB光やminiには契約期間の縛りがありません。しかし、ahamo光は2年間の契約期間があります。契約期間なしプランはあるものの月額料金がGMOとくとくBB光よりも高くなってしまいます。

2年以上確実に利用する予定の人はよいですが、2年以内に解約する可能性のある人は違約金が発生する点に留意しておきましょう。違約金は、1ヶ月分の利用料金と同額となっています。

工事費完全無料なのはahamo光だけ

ahamo光・工事費無料キャンペーン

ahamo光では、工事費完全無料のキャンペーンが用意されています。これは、光回線の開通にあたる工事費用をドコモ側で完全に負担してくれるというものです。

ただし、土日祝日に行う工事や、光テレビや光電話を同時申し込みした際のahamo光以外にかかる工事費用は自己負担となります。

とはいえ、初期費用が大きく削減できるのは大きなポイントです。

なお、工事費無料のキャンペーンは、申し込みから7ヶ月以内にahamo光を利用するのが条件となっています。なにかしらの事情で7ヶ月以内に利用できない可能性のある人は注意しましょう。

GMOとくとくBB光は実質無料なので残債に注意

GMOとくとくBB光・工事費実質無料

GMOとくとくBB光でも開通工事費に関するキャンペーンは用意していますが、ahamo光と異なり「実質無料」な点が注意ポイントです。完全無料と実質無料には、以下の違いがあります。

工事費無料と実質無料の違い
工事費無料
(ahamo光)
工事費が完全無料となる
工事費が実質無料
(GMOとくとくBB光・mini)
開通時に発生した工事費用を36ヶ月の分割払いとする。分割金額相当額を割引し、実質無料とするサービス。

GMOとくとくBB光は、月額料金から分割の工事費用相当額を割引することで実質無料を実現しています。そのため、36ヶ月以内に解約すると工事費用の残債が一括請求されるのが注意点です。

GMOとくとくBB光(miniも同様)開通工事費の基本料金は以下のとおり。

GMOとくとくBB光の開通工事費
戸建て2,200円〜26,400円
マンション2,200円〜25,300円

例えば、戸建てプランでGMOとくとくBB光を契約して工事費用が満額発生し、1年で解約した場合、17,424円が工事費の残債として一括請求されてしまいます。

土日や夜間の工事となれば表の金額プラス追加費用が発生するため、解約時の一括請求分がさらに高くなります。

ある程度長い期間利用するのであれば問題はありませんが、契約してすぐに解約する可能性のある人は注意が必要です。

GMOとくとくBB光のメリット・デメリット

GMOとくとくBB光を契約する際は、以下のメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで申込みをしましょう。

GMOとくとくBB光のメリット・デメリット

GMOとくとくBB光のメリット
  • 高額キャッシュバックが用意されている
  • 高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • 契約期間の縛りがないのでいつでも解約できる

GMOとくとくBB光のデメリット
  • キャッシュバックの受け取り方法が複雑
  • 申し込むページによって月額料金やキャッシュバック額が異なる

それぞれ解説します。

メリット①高額キャッシュバックが用意されている

GMOとくとくBB光最大のメリットが、高額のキャッシュバックです。申込みサイト・申込み期間によって額面が異なるという注意点はあるものの、他の光回線よりは高めに設定されています。

キャッシュバックは、基本的に申込みした時点で自動で適用対象となるため、特定のオプションを契約する・決められた期間までに開通するといった制限があまりありません。

メリット②高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる

GMOとくとくBB光では、高速通信のv6プラスに対応した高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。自分でWi-Fiルーターを用意しなくてもよいのは、嬉しいポイントです。

Wi-Fiルーターは、以下の機種からランダムで配送されます。

【GMOとくとくBB光から提供される無料Wi-Fiルーターの種類】
  • BUFFALO「WSR-2533DHP2」
  • BUFFALO「WSR-2533DHP3」
  • NEC「PA-WG2600HS」
  • NEC「PA-WG2600HS2」
  • ELECOM「WRC-2533GST2」

開通工事が完了するとともに、Wi-Fiも利用できるようになります。

メリット③契約期間の縛りがないのでいつでも解約できる

GMOとくとくBB光の契約期間縛りなし

GMOとくとくBB光には、契約期間の縛りがありません。そのため、いつ解約しても違約金を支払わずに済みます。契約期間の縛りがない光回線は増えつつあるもののまだ数が少ないため、いつでも解約できるのは大きなメリットです。

デメリット①キャッシュバックの受け取り方法が複雑

GMOとくとくBB光は、高額キャッシュバックが大きなメリットではありますが、その受け取り方法が複雑な点がデメリットとなってしまっています。

GMOとくとくBB光のキャッシュバック受け取り手順は、以下のとおりです。

  1. 開通してから11ヶ月後に基本メールアドレスへキャッシュバックの振り込み口座を登録するメールが届く
  2. 振り込み先口座を登録
  3. 振込先口座を登録した翌月末にキャッシュバックが振り込まれる

「開通から最短12ヶ月後と受け取りまでの期間が長い」「振り込み口座を登録するメールが基本メールアドレス」この2点で、キャッシュバックを受け取り損ねる人が多くいます。

基本メールとは、GMOとくとくBB光に申し込んだ際に届く会員登録証に記載されたメールアドレスです。自分のメールアドレスではないため、注意しましょう。

デメリット②申し込むページによって月額料金やキャッシュバック額が異なる

GMOとくとくBB光には複数の申込みページが存在します。どのページから申し込むかによって、月額料金・キャンペーン内容・キャッシュバックの金額が異なります。

ときにはキャッシュバックの金額が数万円も違う場合もあるため「GMOとくとくBB光」と検索してトップに出てきたページ以外も確認しましょう。

ahamo光のメリット・デメリット

ahamo光のメリット・デメリットは以下のとおりです。

GMOとくとくBB光のメリット・デメリット

ahamo光のメリット
  • 月額料金が安く速さもそこそこ出る
  • ドコモ光からの乗り換えだと手続きが簡単
  • 工事費無料で初期費用の負担が少ない

ahamo光のデメリット
  • ahamo光を解約したら光回線も解約とな
  • OCNバーチャルコネクトに対応したWi-Fiルーターが必要

それぞれみていきましょう。

メリット①月額料金が安く速さもそこそこ出る

ahamo光の月額料金

ahamo光は、光回線のなかでは月額料金が安く、光コラボサービスのため通信速度もそこそこ出るバランスの取れた光回線です。

料金設計やキャンペーン内容がとてもシンプルになっているため、キャンペーンやキャッシュバックなどをあまり考えず、手軽に安い光回線に乗り換えたいと考えている人におすすめです。

メリット②ドコモ光からの乗り換えだと手続きが簡単

ドコモ光からahamo光へ乗り換える場合、「My docomo」から設定を変更するだけで簡単に乗り換えができます。現在ドコモ光を利用しており、ahamo光へ乗り換えたいと考えている方は手間をかけずに変更が可能です。

メリット③工事費無料で初期費用の負担が少ない

本記事で何度も解説したとおり、ahamo光は工事費が完全無料です。そのため、契約時に発生するのは契約事務手数料の3,300円のみです。初期費用の負担額が低いため、新規契約・他社からの乗り換えに際するハードルが低くなっています。

デメリット①ahamo光を解約したら光回線も解約となる

ahamo光はahamoスマホを利用している人限定の光回線ですので、契約するためにはahamoスマホの電話番号が必要です。

反対に、ahamoスマホを解約した場合はahamo光も解約しなければなりません。違約金はそれぞれに発生するため解約時期を間違えてしまうと、ダブルで違約金の負担をすることになります。

ahamoスマホを解約しつつも光回線を継続して利用したい場合は、ドコモ光に切り替えるか、他の光回線に乗り換えるしかありません。

デメリット②OCNバーチャルコネクトに対応したWi-Fiルーターが必要

ahamo光は、接続方式に「OCNバーチャルコネクト」を採用しています。高速通信をうたっている方法ですが、OCNバーチャルコネクトを利用するためには、当該の接続方式に対応したWi-Fiルーターが必要です。

ahamo光からレンタルもできますが、その際は月330円が発生します。自分で用意したい人は、ahamo光の公式サイトから対応ルーターを確認できます。

GMOとくとくBB光・miniの申し込み方法

GMOとくとくBB光・miniの申込み方法は以下のとおりです。

GMOとくとくBB光・miniの申込み方法

  1. 特設公式サイトから申込み
  2. 開通工事の希望日を入力
  3. GMOとくとくBBから届くメールにて工事日が決定
  4. 工事日の一週間前〜前日までにWi-Fiルーターが到着
  5. 工事開始
  6. Wi-Fiルーターの設置
  7. 光回線開通

開通工事は、工事スタッフが直接自宅に伺う「派遣工事」と、遠隔操作で工事が完了する「無派遣工事」があります。自宅の設備によって異なり、派遣工事の場合は契約者の立ち会いが必要です。

前述した通り、GMOとくとくBB光は本ページから移動できる特設サイトでないとキャッシュバック額が大幅に下がってしまうため、下記ボタンより特設サイトにアクセスしてくださいね。

\月額料金が安い!/
当サイト限定で最大126,000円キャッシュバック

ahamo光の申し込み方法

ahamo光の申込み方法は以下のとおりです。

ahamo光の申込み方法

  1. 公式サイトから申込み
  2. ahamo光側からくる折り返し電話で工事日などを調整
  3. 設定した工事日に工事を実施
  4. Wi-Fiルーターを設置
  5. 光回線開通
ドコモ光から乗り換える場合は「My docomo」からの設定変更のみで完了します。
ahamo光を申し込む

GMOとくとくBB光・ahamo光に関するQ&A

GMOとくとくBB光・ahamo光に関して、よくある質問をまとめました。質問内容は以下のとおりです。

    Q.ahamo光はIPoE方式以外対応していないって本当?
    Q.GMOとくとくBB光とahamo光はどっちが速い?
    Q.ドコモ光を利用してセット割を適用させたほうが安い可能性はある?

ひとつずつ回答していきます。

Q.ahamo光はIPoE方式以外対応していないって本当?

ahamo光はPPPoE方式に対応していません。しかし、多くの光コラボが提供している「IPv4 over IPv6」を採用しているため、IPv4への接続が可能です。そのため、通常利用で不便を感じる面はあまりありません。

Q.GMOとくとくBB光とahamo光はどっちが速い?

ahamo光はサービスが開始されたばかりの光回線ですので、実際の速度がまだわかっていないのが現状です。GMOとくとくBB光と同じ光コラボサービスですので極端に速度が違うという事態は発生しないと予想します。

ただし、現状あるデータだけでいうのであれば、GMOとくとくBB光がもっとも安定しているといえます。

Q.ドコモ光を利用してセット割を適用させたほうが安い可能性はある?

ドコモスマホを利用している家族が2人以上いる場合は、ドコモ光×ドコモスマホの方が安くなる可能性もあります。ドコモスマホの料金プランによっては、スマホの契約者が1人だけでもahamo光×ahamoスマホよりも月額料金が抑えられます。

まとめ

ahamoのスマホを利用している人は、以下の基準で光回線を決めるのがおすすめです。

  • 月額料金の安さを重視する人→GMOとくとくBB光mini
  • 契約期間なし・総額の安さを重視する人→GMOとくとくBB光
  • 速度と料金のバランスをとりたい人→ahamo光

ただし、GMOとくとくBB光は、申込みページによって月額料金やキャッシュバックの金額が変わります。

そのため、現在GMOとくとくBB光以外を利用しているのであれば、条件の良いページからGMOとくとくBB光を申し込むのがよいでしょう。

その方が通信速度・月額料金・乗り換え時の費用など、全てにおいてベストなかたちとなります。

\ネット回線の料金を比較してみよう/

年間3,000人以上が、ご利用!

【簡単10秒】3ステップで一番お得なインターネット回線が分かる!

当サイトでは、「住所」「マンションか一軒家か」「現在契約しているネットの有無」の3つを選ぶだけで、お得なネット回線をシミュレーションできます。

特典やキャッシュバックなど、コミコミであなたに一番お得なネット回線が見つかります。

コメントを残す


目次を見る
×