1. 電気料金・光回線のシミュレーションサイトならクラシェルジュ
  2. お役立ちコラム
  3. 電気
  4. 北海道・札幌でおすすめの電力会社ランキング!一人暮らしやガスとセットで北海道電力より安い電力会社だけを紹介!
最終更新日:2024年03月01日

北海道・札幌でおすすめの電力会社ランキング!一人暮らしやガスとセットで北海道電力より安い電力会社だけを紹介!

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
北海道・札幌でおすすめの電力会社ランキング!一人暮らしやガスとセットで北海道電力より安い電力会社だけを紹介!

「北海道で一番おすすめの電力はどこ?」「北海道で一人暮らしでも電気代が安い電力会社は?」

「北海道でガスとセットでおすすめの電力会社は?」「おすすめの中からどうやって自分に合った北海道の電力会社を選べばいい?」

この記事では、専門家が北海道の電力会社選びにおける疑問やお悩みを丸ごと解決していきます。

結論、北海道の電力会社で一番安いおすすめランキング1位は「HTBエナジー」です。

会社名北海道電力より安いポイント契約期間縛り・解約金セット割おすすめな人
★1位★
HTBエナジー
基本料金
電力量料金
なしなし一人暮らし・ファミリー
2位
ネット電力
基本料金0円
電力量料金
なしなしファミリー
3位
Looopでんき
基本料金燃料・調整費0円
電力量料金
なしなし一人暮らし・ファミリー
4位
エネワンでんき
基本料金
121kWh以上の電力量料金
1年間/3300円(税込み)LPガス・都市ガス・灯油一人暮らし・ファミリー
5位
しろくま電力(ぱわー)
基本料金
電力量料金
なしなし一人暮らし・ファミリー

全国的にも電気代が一番高い水準といわれる北海道、少しでも電気代が安い電力会社を見つけたいですよね。

この記事では北海道電力より安い電力会社だけを厳選し、失敗しない電力会社の選び方も紹介していくので、おすすめの中から自分に合った北海道の電力会社を見つけることができるでしょう。

長井 勇樹
監修者
小売電気アドバイザー

小売電気アドバイザー。デジタル庁公認デジタル推進委員。個人・法人向けに電力プランのコンサルティングを行う傍ら、電力小売りに関する複数のWEBメディアの記事監修を行う。各種プランに精通しており、シミュレーションシステムの構築・料金比較サイトの運営にも携わる。電力業界の専門家として各種メディアの取材歴多数。直近取材協力⇒「電気代節約の専門家インタビュー

…続きを表示

※クラシェルジュは、商品を公平かつ中立的に紹介し、評価には影響を与えません。これは当サイトが設定したコンテンツポリシーに従ったものです。

北海道でおすすめの電力会社ランキングTOP5

結論、北海道でおすすめの電力会社ランキング1位は「HTBエナジー」です。

しかし、北海道で契約できる電力会社は数十社以上あります。

その中から、「北海道電力」よりも確実に安くなるおすすめの電力会社を5社厳選し、おすすめ順で一覧にまとめました。

会社名おすすめな人
★1位★
HTBエナジー
豊富なプランや無料サービス・お得なキャンペーンを求めている人におすすめ
2位
ネット電力
基本料0円でシンプルに安くしたい人におすすめ
3位
Looopでんき
とにかく電気代を安くしたい人におすすめ
4位
エネワンでんき
ガスや灯油とセットで安くしたい人におすすめ
5位
しろくま電力(ぱわー)
エコな電力を安く使いたい人におすすめ

下記では、北海道でおすすめの電力会社をランキング形式で、1社ずつ紹介していきます。

1位:HTBエナジー|豊富なプラン&無料サービスが充実!

北海道でおすすめの電力会社ランキング1位は「HTBエナジー」です。

HTBエナジーの基本情報をまとめました。

HTBエナジー
「ベーシックプラン」
1ヶ月の基本プラン料金
550円
1kWhあたりの
従量料金
一律従量料金31.80円
セット割×
ポイント還元×
オール電化プラン×
解約金1年未満2,200円
1年目以降0円

HTBエナジーは、HTBエナジー株式会社が2015年にサービスを開始した新電力会社です。

豊富なプラン&無料サービスの充実ぶりから「プランとサービス重視」の方におすすめの電力会社といえます。

下記でHTBエナジーのおすすめポイントを詳しく解説していきます。

ライフスタイルに合わせたプランが豊富

HTBエナジーには、まず一人暮らし~二人暮らし用の「ベーシックプラン」が用意されています。

「ベーシックプラン」は基本料金と従量料金の単価が一律で各地域電力よりも安く設定されているのが特徴です。

どれだけ使っても変わらない一律料金の為、わかりやすいシンプルなプランを探している方にはぴったりです。

また、ファミリー世帯には毎日2時間無料になる「ママトクプラン」がおすすめです。

無料になる時間帯は「朝・夜・ミッドナイト」の3つから好きに選べるため、生活スタイルに合わせることができます。

使った分だけかかる電力量料金が無料の為、使用量が多いファミリー世帯もお得になりますよ。

その他にも、寄付ができるプランなどニーズに合わせた豊富なプランが、HTBエナジーのおすすめポイントです。

スマホ保険もあり!無料サービスが充実

HTBエナジーの「ベーシックプラン」には、緊急トラブル対応・スマホ保険を含む「あんしんサポート365 プラス」が無料でついてきます。

「あんしんサポート365 プラス」では、下記のトラブルを無料でサポートしてくれます。

「あんしんサポート365 プラス」

  • 電気設備トラブル
  • 水回りのトラブル
  • ガス機器のトラブル
  • 窓ガラスのトラブル
  • 玄関鍵のトラブル

電気設備や水回り、ガスのトラブルサポートは無料オプションとしている電力会社も多いですが、窓ガラスや玄関鍵まで無料で対応してくれるのは嬉しいポイントですよね。

それだけではなく、「あんしんサポート365 プラス」には、スマホ保険も含まれています。

スマホ保険とは、お手持ちのスマートフォンが故障した際、対象端末の修理にかかった実費のうち30,000円まで補填してくれるというもの。

スマートフォンの修理費は、端末や故障具合にもよりますが平均20,000円に収まるため、30,000円保証されていれば安心です。

トラブルサポートサービスがある電力会社は多いですが、更にスマホ保険がついてくる会社はとても珍しいといえます。

どちらも有料級のオプションがベーシックプランを契約するだけで無料でついてくるため、かなりお得ですよね。

無料サポートサービスが充実しているため、万が一に備えたい人にもHTBエナジーはおすすめです。

今なら基本料金が3ヶ月無料!

HTBエナジーの「ベーシックプラン」では、現在お得なキャンペーンを行っています。

新生活応援キャンペーンとして、WEBから新規契約すると基本料金が3ヶ月間無料になります。

基本料金が無料ということは、支払うのはシンプルに使った分だけになります。

使用量が少ない一人暮らしも使用量が多いファミリー世帯にもどちらにもおすすめできる、とてもお得なキャンペーンです。

HTBエナジーへの申し込み方法

HTBエナジーへの申し込み方法は、以下の通りです。

用意するもの・供給地点特定番号
・お客さま番号
・ご契約名義
・支払い用クレジットカード
申し込み先WEB
切り替えにかかる期間通常1週間~5週間程度
  1. 「現在契約している電力会社の検針票」と「クレジットカード情報」を手元に用意
  2. 申し込みフォームに必要事項(住所・供給地点特定番号など)を入力
  3. 申し込みエリアや料金プランを選択して申し込み

入力に不備がなければ通常1週間〜5週間程度で切り替わります。

\今なら基本料金3ヶ月無料!/

2位:ネット電力|独自のシステムで業界最安レベル

ネット電力のロゴ

北海道でおすすめの電力会社ランキング2位は「ネット電力」です。

ネット電力の基本情報をまとめました。

ネット電力
「ネットでんきB」
1ヶ月の基本プラン料金
0円
1kWhあたりの
従量料金
1〜280kWh
31.50円
281kWh〜
32.00円
セット割×
ポイント還元×
オール電化プラン×
初期費用・解約金0円

ネット電力は、インフラのシステム開発を行うSustainableEnergy株式会社が2021年にサービスを開始した新電力会社です。

知名度は低いですが料金設定が安いため、電気代を安くしたい「安さ重視」の方におすすめの電力会社といえます。

下記でネット電力のおすすめポイントを詳しく解説していきます。

基本料金・解約金無料

ネット電力は基本料金0円のため、電気代は使った分だけ支払うことになります。

また、解約金もかからないため、いつでも気軽に解約することができます。

シンプルに地域最安値圏の電気を使用できる、気軽に解約できる点はネット電力のおすすめポイントです。

独自システムによるコストカットで低価格を実現

ネット電力のコストカット説明

ネット電力は申し込みから請求まで独自開発したシステムで行っているのが特徴です。

人件費や管理費がかからない分、価格を抑えることができるため、北海道電力と比べて10円以上安い地域最安値圏の電力量料金を提供しています。

AIなど最先端のシステムを利用し、無駄を省いたコストカットで低価格を実現している点がネット電力のおすすめポイントです。

デマンドレスポンスサービスで節電・節約ができる

ネット電力は、デマンドレスポンスサービスを導入しています。

デマンドレスポンスサービスとは、電力会社と顧客が協力して電力の需要と供給のバランスをとる代わりに割引等の特典を受けられるサービスです。

近年は節電プログラムとして、大手電力会社も取り入れているサービスでもあります。

ネット電力ではマイページに表示される基準価格よりも下回る時間に利用することで、電気料金から電源調達費調整額が割引されます。

電気の消費量が少ない時間に利用することで、節電と節約につなげることができる点がネット電力のおすすめポイントです。

ネット電力への申し込み方法

ネット電力への申し込み方法は、以下の通りです。

用意するもの・供給地点特定番号
・お客さま番号
・ご契約名義
・支払い用クレジットカード
申し込み先WEB
切り替えにかかる期間通常1週間~5週間程度
  1. 「現在契約している電力会社の検針票」と「クレジットカード情報」を手元に用意
  2. 申し込みフォームに必要事項(住所・供給地点特定番号など)を入力
  3. 申し込みエリアや料金プランを選択して申し込み

ネット電力は電話での申し込みができないため、注意してください。

\最新技術で地域最安値圏/

3位:Looopでんき|基本料金・燃料調整費0円でお得

Looopでんきロゴ

北海道でおすすめの電力会社ランキング3位は「Looopでんき」です。

Looopでんきの基本情報をまとめました。

Looopでんき
「スマートONEプラン」
1ヶ月の基本プラン料金
0円
1kWhあたりの
従量料金
固定従量料金16.17円

30分おきに変動する電源費/1kWh
セット割×
ポイント還元×
オール電化プラン×
初期費用・解約金0円

Looopでんきは、太陽光発電開発などを行う株式会社Looopが2016年にサービスを開始した新電力会社です。

とにかく電気代を安くしたい「安さ重視」の方におすすめの電力会社といえます。

下記でLooopでんきのおすすめポイントを詳しく解説していきます。

基本料金も燃料調整費も永久0円

Looopでんきは基本料金燃料調整費0円

Looopでんきは基本料金も燃料調整費も永久に0円です。

Looopでんきは基本料金と燃料調整費単価がかからないため、支払うのは電気を使った分だけとなります。

そのため、仕事や私用であまり家にいない人でも、基本料金分、電気代が安くなります。

また、契約アンペアが大きい人ほど、基本料金がかからない分、最大年間約2万6千円も電気代が安くなります。

基本料金と燃料調整費がかからないため、支払う電気代はシンプルに使った分だけです。

そのため、Looopでんきは北海道の電力会社の中でも最安レベルで電気代が安い点が、おすすめポイントです。

時間帯によって電気料金が激安

Looopでんきの電力量料金単価は市場価格と連動しています。

そのため、天候や時間帯によって単価が「0.01円」という驚きの安さになることもあります。

Looopでんきの北海道エリアの電気単価予報

実際に、12月の北海道電力エリアでも「0.01円」という最安値を記録しています。

もともと安いLooopでんきですが、電力量料金単価が高い時間を避け、電力量料金単価が安い時間帯に利用することで更に電気代を安くすることが可能です。

使い方次第で、電気代を破格の安さにできることもLooopでんきのおすすめポイントです。

顧客満足度ランキング1位の実績

Looopでんきは、2022年オリコン顧客満足度で1位を獲得しています。

当サイトが独自に行ったアンケート調査でも、6割以上が「Looopでんきに満足している」と回答しています。

また、Looopでんきに切り替えた後は、7割以上が「電気代が安くなった」という調査結果が出ました。

実際に利用している人からの満足度が高く、電気代が安くなったと実感されていることも、Looopでんきのおすすめポイントです。

アンケート調査出典:クラシェルジュLooopでんき調査

Looopでんきへの申し込み方法

Looopでんきへの申し込み方法は、以下の通りです。

用意するもの・供給地点特定番号
・お客さま番号
・ご契約名義
・支払い用クレジットカード
申し込み先WEB
切り替えにかかる期間通常1週間~5週間程度
  1. 「現在契約している電力会社の検針票」と「クレジットカード情報」を手元に用意
  2. 申し込みフォームに必要事項(住所・供給地点特定番号など)を入力
  3. 申し込みエリアや料金プランを選択して申し込み

Looopでんきでは、電話での申し込みはできないため、注意してください。

入力に不備がなければ通常1週間〜5週間程度で切り替わります。

\基本料金・燃料調整額がずーっとタダ!/

Looopでんきについて詳しく知りたい方は、「Looopでんきの評判」の記事も参考にしてくださいね。

Looopでんきの評判は本当に悪い?アンケート調査と口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説

「Looopでんきの評判は最悪なのかな?」 「Looopでんきは高くなったってどれくらい?」 「Looopでんきは市場連動型になったけど契約して大丈夫?」…と気になっていませんか? 結論からお伝えすると、Looopでんき […]

続きを読む

4位:エネワンでんき|豊富なプランとセット割で総合力◎

エネワンでんきロゴ

北海道でおすすめの電力会社ランキング3位は「エネワンでんき」です。

エネワンでんきの基本情報をまとめました。

エネワンでんき
「エネワンスタンダード」
1ヶ月の基本プラン料金
10A契約不可
15A
20A724円
30A1,086円
40A1,448円
50A1810円
60A2,172円
1kWhあたりの
従量料金
~120kWh35.44円
121kWh〜300kWh41.73円
301kWh〜45.45円
セット割
ガス・灯油
ポイント還元
Pontaポイント
オール電化プラン×
初期費用・解約金初期費用0・解約金3300円(1年未満)

エネワンでんきは、LPガスや灯油等を販売する株式会社サイサンのグループ会社である株式会社いちたかガスワンが2015年にサービスを開始した新電力会社です。

豊富なプランやセット割を兼ね備えているため「バランス重視」の方におすすめの電力会社といえます。

下記で、エネワンでんきのおすすめポイントを詳しく解説していきます。

一人暮らしからファミリーまで安くなるプラン

エネワンでんきは、一人暮らしから大人数のファミリー世帯までどの世帯も安くなるプランが魅力です。

一人暮らしはエネワンスタンダード、二人〜三人暮らしはエネワンLプラン、四人以上世帯はエネワンLLプランなど世帯ごとに細かくプランが用意されています。

世帯人数や使用量に合わせて最適のプランを契約できることがエネワンでんきのおすすめポイントです。

ガス・灯油とのセット割がある

エネワンでんきには、LPガス、都市ガス、灯油との多彩なセット割があることが特徴です。

ガスと契約をまとめたい人、灯油と契約をまとめたい人は、電気だけでなくガスや灯油も安く利用することができます。

エネワンでんきのトリプルセット割詳細

例えば、電気・ガス・灯油をまとめて契約した場合、年間で2万以上もお得になります。

また、灯油とまとめて契約することで利用できる「いちたかゴールド」「いちたかプラチナ」という電気料金単価が安いプランもあります。

ウォーターサーバーとのセット割もあり、仮にLPガス・ウォーターサーバー・電気を3つまとめて利用すると年間3,300円お得になります。

まとめるものが多いほどセット割の割引額も上がることも、エネワンでんきのおすすめポイントです。

支払いで Pontaポイントが貯まる

エネワンでんきでは、電気料金の支払いに応じてPontaポイントを貯めることができます。

ガスや灯油とセット契約した際は貯まるポイントも増え、お得です。

利用場所が多いポイントを貯められることが、エネワンでんきのおすすめポイントです。

有名観光地への電気供給で信頼度抜群

エネワンでんきの北海道での供給場所

エネワンでんきは、札幌時計台をはじめ、北海道の有名観光地へ電気供給を行っています。

沢山の人が訪れる場所へ電気を供給しているということは、電力会社として信頼されている証といえるでしょう。

地域の企業から支持されており信頼が厚いことも、エネワンでんきのおすすめポイントです。

エネワンでんきへの申し込み方法

エネワンでんきの申し込み方法は以下の通りです。

用意するもの・供給地点特定番号
・お客さま番号
・ご契約名義
・支払い用クレジットカード
申し込み先WEB
切り替えにかかる期間通常1週間~5週間程度
  1. 「現在契約している電力会社の検針票」と「クレジットカード情報」を手元に用意
  2. 申し込みフォームに必要事項(住所・供給地点特定番号など)を入力
  3. 申し込みエリアや料金プランを選択して申し込み

利用開始日は、申し込み時に利用したメールに案内が届きます。

\電気もガスも灯油もおまかせ/

エネワンでんきの詳しい評判を知りたい方は、「エネワンでんきの評判」もチェックしてみてくださいね。

エネワンでんきの評判は?口コミを深堀してわかったメリットデメリットを徹底解説【2024年最新】

この記事は、エネワンでんきは評判が良いのかな?電気代は安くなる?お得なプランやセット割引はある?と気になっている人向けの記事です。 結論からお伝えすると、「エネワンでんきの評判は料金やセット割は評判が良く、サポート対応は […]

続きを読む

5位:しろくま電力(ぱわー)|地球とお財布にやさしい

しろくま電力(ぱわー)のロゴ

北海道でおすすめの電力会社ランキング4位は「しろくま電力(ぱわー)」です。

しろくま電力(ぱわー)の基本情報をまとめました。

しろくま電力(ぱわー)
「しろくまプラン」
1ヶ月の基本プラン料金
10A330円
15A495円
20A660円
30A990円
40A1320円
50A1650円
60A1980円
1kWhあたりの
従量料金
~120kWh28.50円
121kWh〜280kWh
281kWh〜
セット割×
ポイント還元×
オール電化プラン×
初期費用・解約金0円

しろくま電力(ぱわー)は、太陽光発電所開発などを行う株式会社afterFITが2021年に立ち上げた電力事業です。

安価で地球にやさしいグリーン電力を利用できるため「安さとエコを両立したい」方におすすめの電力会社といえます。

下記でしろくま電力(ぱわー)のおすすめポイントを詳しく解説していきます。

大手電力会社よりも最大25%安い

しろくま電力(ぱわー)の北海道エリアお得度

しろくま電力(ぱわー)は、大手電力会社よりも基本料金と電力量料金を安く設定しています。

北海道エリアでは、どの世帯でも北海道電力よりも年間15%~25%お得になっています。

価格設定が安く電気代が大手電力会社よりも安くなることが、しろくま電力(ぱわー)のおすすめポイントです。

追加料金なし!地球にやさしいグリーン電力が使える

しろくま電力(ぱわー)は、追加料金なしでエコなグリーン電力を使える点が大きな特徴といえます。

グリーン電力とは、気候変動の原因となるCO2排出量が実質ゼロの、太陽光発電をはじめとした自然由来の電気のことです。

契約するだけで特別な手続きや追加料金なしで、地球にやさしい電力を使えることも、しろくま電力(ぱわー)のおすすめポイントです。

しろくま電力(ぱわー)への申し込み方法

しろくま電力(ぱわー)の申し込み方法は以下の通りです。

用意するもの・供給地点特定番号
・お客さま番号
・ご契約名義
・支払い用クレジットカード
申し込み先WEB
切り替えにかかる期間通常1週間~5週間程度
  1. 「現在契約している電力会社の検針票」と「クレジットカード情報」を手元に用意
  2. 申し込みフォームに必要事項(住所・供給地点特定番号など)を入力
  3. 申し込みエリアや料金プランを選択して申し込み

しろくま電力(ぱわー)は、電話での申し込みはできないため、注意してください。

利用開始日は、申し込み時に利用したメールに案内が届きます。

\地球とお財布にやさしい/

しろくま電力(ぱわー)の詳しい評判が知りたい方は、「しろくま電力(ぱわー)の評判」の記事もチェックしてみてくださいね。

しろくま電力(ぱわー)の評判を徹底解説!怪しい?大手より最大25%安いは本当?【2024年最新】

この記事は、しろくま電力(ぱわー)の評判って実際どうなの?しろくま電力(ぱわー)は怪しい?大手電力会社より最大25%安いって本当?と気になっている方向けの記事です。 評判からわかった結論をお伝えすると、「しろくま電力(ぱ […]

続きを読む

【状況別】北海道でおすすめの新電力会社

北海道でおすすめの電力会社をランキングを紹介してきましたが、電気代を安くするためには、自分の状況にあった電力会社を選ぶことが大事です。

ここでは、北海道で一人暮らしの人、北海道で電気とガスをまとめたい人など、状況別に北海道でおすすめの電力会社を紹介していきます。

各社のおすすめポイントを紹介していくので、自分の状況に合わせた電力会社をチェックして、契約の参考にしてくださいね。

北海道で「一人暮らし」におすすめの電力会社

北海道で一人暮らしの場合、おすすめの電力会社は3社です。

下記で一社ずつ詳しく解説していきます。

Looopでんき

Looopでんきは、使用量が少ない一人暮らしでも毎月1000円以上の節約が狙えるため、北海道で一人暮らしの方におすすめの電力会社です。

Looopでんきで、一人暮らしの場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
Looopでんき
スマートタイムONE

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円0円
15A561円
20A748円
30A1,122円
40A1,496円
50A1,870円
60A2,244円
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円固定従量料金16.17円

30分おきに変動する電源費/1kWh
121kWh〜300kWh41.73円
301kWh〜45.45円

Looopでんきの「スマートタイムONE」では、電源費が30分毎に変動する市場連動型を採用していますが、平均して大手電力会社の料金設定よりも安くなることが多いです。

そのため、固定従量料金と併せても北海道電力よりも、電力量料金が安くなります。

加えて、基本料金・燃料調整費が0円でその分が浮くため、使用量の少ない1人暮らしでも電気代が安くなります。

例えば、一人暮らしで30A契約の場合、年間で北海道電力と比べて約1万3千円もお得です。

2023年1月から9月までの、Looopでんきと北海道電力との電気代比較です。

Looopでんき一人世帯の北海道電力との電気代比較

市場連動型で単価が高騰しやすいといわれる冬(1月)や夏(8.9月)も、Looopでんきの方が1000円以上も安くなっています。

アンケート調査出典:クラシェルジュLooopでんき調査

実際に当サイトが行ったアンケート調査でも、Looopでんきに切り替えた後「1000円以上安くなった」と回答した人が一番多いという結果が出ています。

一般的に一人暮らしはどこの電力会社と契約しても、大きな差がなく、節約額も100円単位のことが多いといえます。

その中で、「1000円以上」安くなるLooopでんきは、かなりお得です。

基本料金・燃料調整費0円で単価も安いLooopでんきは、使用量の少ない一人暮らしでも、かなり電気代が安くなるため、おすすめです。

★申し込みはこちら⇒「Looopでんきの申し込み方法」

エネワンでんき

エネワンでんきは、基本料金が北海道電力よりも安く、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいため、おすすめの電力会社です。

エネワンでんきで、一人暮らしの場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
エネワンでんき
エネワンスタンダード

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円契約不可
15A561円
20A748円724円
(-24円)
30A1,122円1,086円
(-36円)
40A1,496円1,448円
(-48円)
50A1,870円1810円
(-60円)
60A2,244円2,172円
(-72円)
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円35.44円
121kWh〜300kWh41.73円41.73円
301kWh〜45.45円45.45円

エネワンでんきは、基本料金が北海道電力よりも割安に設定されています。

例えば、一人暮らしで30A契約の場合、年間で北海道電力と比べて、432円お得です。

加えて、ガスとセットで契約すると更に年間5016円お得になります。

基本料金が安くセット割の利用で、北海道電力よりも電気代が安くなり、使用量の少ない一人暮らしにも、おすすめです。

★申し込みはこちら⇒「エネワンでんきの申し込み方法」

しろくま電力(ぱわー)

しろくま電力(ぱわー)は、基本料金と電力量料金の単価を北海道電力よりも安く設定しているため、北海道で一人暮らしの方におすすめの電力会社です。

しろくま電力(ぱわー)で、一人暮らしの場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
しろくま電力(ぱわー)
しろくまプラン

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円330円
(-44円)
15A561円495円
(-66円)
20A748円660円
(-88円)
30A1,122円990円
(-132円)
40A1,496円1320円
(-176円)
50A1,870円1650円
(-88円)
60A2,244円1980円
(-264円)
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円28.50円
(-7円~16.9円)
121kWh〜300kWh41.73円
301kWh〜45.45円

しろくま電力(ぱわー)は、基本料金と電力量料金が北海道電力よりも、かなり安く設定されているのが特徴です。

そのため、アンペア数や使用量にかかわらず、北海道電力よりも電気代が安くなります。

しろくま電力(ぱわー)では、独自の燃料調整費額を導入していますが、元々の料金設定が安いため、調整費を加味しても北海道電力よりも安いです。

しろくま電力(ぱわー)で一人暮らしの場合の年間お得度

しろくま電力(ぱわー)で一人暮らしの場合、年間では1万円以上安くなります。

料金設定がかなり安く、定期的にお得なキャンペーンも行っているしろくま電力(ぱわー)は、一人暮らしにおすすめです。

★申し込みはこちら⇒「しろくま電力(ぱわー)の申し込み方法」

北海道で「ファミリー」におすすめの電力会社

北海道でファミリーの場合、おすすめの電力会社は4社です。

下記で一社ずつ詳しく解説していきます。

Looopでんき

Looopでんきは、使用量が多いファミリー層も電気代が安くなるため、北海道のファミリー世帯におすすめの電力会社です。

Looopでんきで、ファミリー世帯の場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
Looopでんき
スマートタイムONE

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円0円
15A561円
20A748円
30A1,122円
40A1,496円
50A1,870円
60A2,244円
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円固定従量料金16.17円

30分おきに変動する電源費/1kWh
121kWh〜300kWh41.73円
301kWh〜45.45円

Looopでんきは、基本料金・燃料調整費が0円でその分が浮くため、使用量が多く電気代が高くなりがちなファミリー世帯も電気代が安くなります。

例えば、3人暮らしで40A契約の家庭は、年間で北海道電力と比べて約1万8千円もお得です。

4人暮らしで50A契約の家庭は、年間で2万2千円もお得になるため、家計も助かりますよね。

2023年1月から9月までの、Looopでんきと北海道電力との電気代比較です。

Looopでんきファミリー世帯の北海道電力との電気代比較

1月から9月、全ての月でLooopでんきの方が安くなっており、最高では6050円の差額が出ている月もあります。

市場連動型で単価が高騰しやすいといわれる冬(1月)や夏(8.9月)も、Looopでんきの方が安くなっています。

実際に当サイトが行ったアンケート調査でも、Looopでんきに切り替えた後「安くなった」というファミリー世帯の方が多い結果となりました。

基本料金・燃料調整費0円で単価も安いLooopでんきは、使用量の多いファミリー世帯でも、かなり電気代が安くなるため、おすすめです。

★申し込みはこちら⇒「Looopでんきの申し込み方法」

アンケート調査出典:クラシェルジュLooopでんき調査

エネワンでんき(Lプラン、LLプラン)

エネワンでんきは、世帯人数によって安くなるプランがあり、ご家庭の使用量に合わせて選べるため、おすすめの電力会社です。

エネワンでんきでは、ファミリー世帯向けに2つのプランがあります。

エネワンでんきで、2〜3人世帯の場合、下記の「Lプラン」がおすすめです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
エネワンでんき
エネワンLプラン

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円366円
(-8円)
15A561円549円
(-12円)
20A748円732円
(-16円)
30A1,122円1098円
(-24円)
40A1,496円1464円
(-32円)
50A1,870円1830円
(-40円)
60A2,244円2196円
(-48円)
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円36.32円
(+0.88円)
121kWh〜300kWh41.73円40.26円円
(-1.47円)
301kWh〜45.45円44.08円
(-1.37円)

エネワンでんきで、4人以上世帯の場合、下記の「LLプラン」がおすすめです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
エネワンでんき
エネワンLLプラン

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円366円
(-8円)
15A561円549円
(-12円)
20A748円732円
(-16円)
30A1,122円1098円
(-24円)
40A1,496円1464円
(-32円)
50A1,870円1830円
(-40円)
60A2,244円2196円
(-48円)
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円38.98円
(+3.54円)
121kWh〜300kWh41.73円40.26円
(‐1.47円)
301kWh〜45.45円41.81円
(‐3.64円)

エネワンでんきの「Lプラン」「LLプラン」は、基本料金が北海道電力よりも割安に設定されています。

また、121kWh以上の電力使用料金単価が、北海道電力よりも安いのが特徴です。

そのため、電気使用量が多いファミリー世帯は、北海道電力よりも電気代が安くなります。

加えて、ガスと灯油とセットで契約すると更に年間23,676円お得になります。

エネワンでんきのファミリー向けプランは、基本料金と電力量料金が北海道電力よりも安く、セット割の利用でお得になるため、おすすめです。

★申し込みはこちら⇒「エネワンでんきの申し込み方法」

ネット電力

ネット電力は、基本料0円で使用量が多い家庭ほど電気代が安くなるため、北海道のファミリー世帯におすすめの電力会社です。

ネット電力で、ファミリー世帯の場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
ネット電力
ネットでんきB

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円0円
15A561円
20A748円
30A1,122円
40A1,496円
50A1,870円
60A2,244円
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円1〜280kWh
31.50円
(-10.23円)
121kWh〜300kWh41.73円281kWh〜
32.00円
(-13.45円)
301kWh〜45.45円

ネット電力は、基本料金が0円でその分が浮くため、契約アンペア数が大きくなりがちなファミリー世帯も電気代が安くなります。

例えば、3人暮らしで40A契約の家庭は、年間で北海道電力と比べて約1万8千円もお得です。

4人暮らしで50A契約の家庭は、年間で2万2千円もお得になります。

また、電力量料金も北海道電力と比べて10円以上安く設定されています。

ネット電力では、マイページに市場の基準価格を載せてくれるため、節電するタイミングがわかり、節約にもつながります。

そのため、電気使用量が多いファミリー世帯でも電気代が安くなるのです。

基本料金が0円で電力量料金も安いネット電力は、使用量が多いファミリー世帯におすすめです。

★申し込みはこちら⇒「ネット電力の申し込み方法」

TERASELでんき

TERASELでんきは、電力量料金が北海道電力よりも安く、使用量が多いファミリー世帯でも電気代が安くなるプランがあるため、おすすめの電力会社です。

TERASELでんきで、ファミリー世帯の場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
従量電灯B
TERASELでんき
超TERASEL北海道B

1ヶ月の基本プラン料金
10A374円契約不可
15A561円
20A748円748円
30A1,122円1,122円
40A1,496円1,496円
50A1,870円1,870円
60A2,244円2,244円
1kWhあたりの
電力量料金
~120kWh35.44円35.44円
121kWh〜280kWh41.73円39.41円
(-2.32円)
281kWh〜45.45円42.10円
(-3.35円)

TERASELでんきのファミリー向けプランは、121kWh以上の電力量料金が北海道電力よりも割安に設定されています。

例えば、40A契約で月間平均電力使用量500kWhの場合、年間13,298円お得です。

加えて、電気代の支払い200円ごとに1ポイント楽天ポイントがもらえるため、楽天経済圏の方には特におすすめです。

また現在は契約時にもらえる特典が2倍になるキャンペーンを行っています。

楽天ポイントやAmazonギフト券が通常2000円のところ、4000円もらえるお得なキャンペーンを行っています。

電力量料金が北海道電力よりも安く、お得なキャンペーン中のTERASELでんきは使用量の多いファミリー世帯に、おすすめです。

\今なら特典2倍でオトク!/

TERASELでんきの詳しい評判を知りたい方は、「TERASELでんきの評判」もチェックしてみてください。

TERASEL(テラセル)でんきの口コミと評判を徹底解説!4つのデメリットを紹介!

「TERASEL(テラセル)でんきの評判や口コミを知りたいな」 「TERASEL(テラセル)でんきのデメリットは何があるんだろう?」 伊藤忠グループの新電力会社であるTERASEL(テラセル)でんき。 TERASEL(テ […]

続きを読む

北海道で「オール電化」の人におすすめの電力会社

北海道でオール電化の場合、おすすめの電力会社は2社です。

下記で一社ずつ詳しく解説していきます。

idemitsuでんき

idemitsuでんきは、オール電化向けプランがあり、基本料金が北海道電力よりも安く、北海道でオール電化の家庭におすすめの電力会社です。

idemitsuでんきで、オール電化の場合、基本的な契約プランは以下の通りです。

区分単位北海道電力
eタイム3プラス
iedemituでんき
オール電化向けプラン
基本料金6kVAまで1契約2,772円2706円
(-66円)
7kVA・8kVA1契約3,212円3124円
(-88円)
9kVA・10kVA1契約3,652円3542円
(-110円)
10kVAをこえる1kVAにつき514.8円503円
(-11.8円)
電力量料金デイタイム(13時~18時)1kWh50.84円50.84円
ホームタイム(8時~13時、18時~22時)1kWh43.43円43.43円
ナイトタイム(22時~8時)1kWh26.36円26.36円

idemitsuでんきは、基本料金が北海道電力よりも安く設定されています。

電力量料金は同額のため、基本料金分、北海道電力よりも安くなります。

また、idemitsuでんきのオール電化プランは、クルマ特割の対象です。

ガソリン車を持っている場合は、ガソリン代が2円/ℓ割引される「ガソリンコース」、電気自動車の場合は毎月200円電気料金が値引きされる「EVコース」が適用されます。

idemitsuでんきは基本料金が北海道電力よりも安く、車と電気の両方お得になるため、オール電化で車持ちの家庭には特におすすめです。

Looopでんき

Looopでんきは、オール電化向けプランはありませんが、太陽光発電パネルと蓄電池を持っているオール電化の家庭にはおすすめです。

Looopでんきは基本料金が0円である分、自家発電できる太陽光発電パネルのあるオール電化の家庭はかなりお得になります。

太陽光発電パネルで自家発電・消費をして、足りない分だけLooopでんきを利用すれば、必要最低限の電気代だけ支払うことになるためです。

また、Looopでんきは先述の通り、安い時間は単価が「0.01円」になることも。

蓄電池のある家庭は、そうした電力量料金単価が安い時間帯に蓄電池へ充電しておけば、電力量料金単価が高い時間に備えることができます。

太陽光発電パネルと蓄電池のある家庭、導入可能な家庭は、他の家庭と比べても非常にメリットが大きい為、Looopでんきとの契約がおすすめです。

反対に、太陽光発電パネルと蓄電池のないオール電化の家庭には、専用プランがなく電気代が高くなる可能性があるため、Looopでんきはおすすめできません。

北海道で電気・ガスをセット契約できるおすすめの電力会社

北海道で電気とガスをセットで契約したい場合、おすすめの電力会社は2社です。

下記で一社ずつ詳しく解説していきます。

エネワンでんき

エネワンでんきは、電気とガスをセット契約すると、お得な割引を受けられるため、北海道で電気とガスをまとめたい人におすすめです。

エネワンでんきの都市ガスと契約した場合の、一般料金プランは以下の通りです。

ガス使用量基本料金従量用金
0㎥~15㎥946円200.6円
15㎥~50㎥1454.2円166.8円
50㎥~200㎥2013円155.6円
200㎥~800㎥7700円127.2円
800㎥~9900円124.4円

エネワンでんきは、ガス料金は北海道ガスと同額ですが、セット割で電気もガスもお得になります。

エネワンでんき都市ガスセット割詳細

電気とガスをセットで契約すると、都市ガスの場合はガス料金から毎月121円が割引となり、年間1452円お得になります。

また、灯油などとまとめると更にお得になります。

エネワンでんきは、北海道電力よりも安い為、ガスとまとめると更に光熱費を安く抑えることができ、北海道で電気とガスをまとめたい人におすすめです。

★申し込みはこちら⇒「エネワンでんきの申し込み方法」

auでんき

auでんきは、電気とガスをセット契約すると、割引が受けられポイントが貯まるため、北海道で電気とガスをまとめたい人におすすめです。

auでんきの都市ガスと契約した場合の、一般料金プランは以下の通りです。

ガス使用量基本料金従量用金
0m3から15m3まで925.7円196.5円
15m3をこえ50m3まで1424円163.3円
50m3をこえ200m3まで1971.8円152.4円
200m3をこえ800m3まで7544.9円124.5円
800m3をこえる場合9708.6円121.8円

auでんきは、「ほくでんガス for au」として北海道電力と提携しているため、料金設定は北海道電力と同額です。

auでんきは、北海道電力のガス料金2%割引に加えて、Pontaポイント還元がある分、北海道電力よりもお得になります。

ほくでんガスfprauの割引詳細

毎月のガス料金3%分がPontaポイントとして還元されるため、ガス料金が5000円だった場合、150ポイント還元されることになります。

さらにauPAYカードで支払いをすれば、還元されるポイントが2倍になります。

また、auでんきの支払いでもPontaポイントが貯まるため、電気とガスのWでポイントが貯められてお得です。

現在、auでんきではWEBからの申し込みで6,000円相当分のau PAY残高がもらえるキャンペーンを行っています。

特典を受け取るには複雑な条件はなく、au PAY アプリをダウンロードし、au PAYサービス利用規約への同意をするだけです。

auPAYは、全国の様々なお店、サービスで使用できるQR決済サービスです。

WEBからの申し込みだけで実質6,000円分のキャッシュバックがもらえるので、お得なキャンペーンといえます。

終了日未定のキャンペーンのため、auでんきが気になる方は早めにWEBから申し込みましょう。

auでんきは、セット割引に加えてポイント還元や、お得なキャンペーンもあるため、北海道で電気とガスをまとめたい人におすすめです。

\6,000円分もらえる/

北海道のおすすめ電力会社の選び方

北海道でおすすめの電力会社の中から、実際に契約した場合、本当に安くなる電力会社を選ぶ方法をまとめました。

本当に安くなる!電力会社の選び方

  • 契約状況・電気使用量を把握する
  • ライフスタイルに合ったプランを選ぶ
  • 特典・割引・キャンペーン内容を確認する
  • 契約期間・違約金を確認する
  • 口コミ・評判を見る
  • 新電力会社のメリット・デメリットを理解する

ここまで紹介してきた電力会社の中から、本当に自分に合った電力会社を選ぶために参考にしてください。

契約状況・電気使用量を把握する

電力会社を選ぶ前に、まずは現在のご自身の契約状況と電気使用量をしっかりと把握することが大事です。

契約状況や電気使用量は、検針票または電力会社のマイページで確認できます。

【契約状況を確認できるマイページ例】

北海道電力マイページ例

分からない場合は、下記の世帯別目安を参考にしてください。

世帯契約アンペア電気使用量
一人暮らし20A・30A180~200kWh
二~三人暮らし30A・40A200~300kWh
四人以上ファミリー世帯40A・50A350~500kWh

契約アンペアを見直すことで、基本料金を安く抑えることができます。

あまり電気を使わない、家電を使わない人は、アンペア数を少なくすると安くなる可能性が高いです。

また、使用量を把握することで、電力量料金を安く抑えることが可能です。

電力会社の中には、電気使用量が多いほど安くなる料金設定をしているなど使用量に合わせて電気代に大きな影響が出るところもあるためです。

今回紹介した北海道の電力会社を、使用量別おすすめでまとめました。

北海道で電気使用量が少ない人におすすめの電力会社

  • HTBエナジー
  • Looopでんき
  • エネワンでんき(スタンダードプラン)
  • しろくま電力(ぱわー)
  • ネット電力

北海道で電気使用量が多い人におすすめの電力会社

  • HTBエナジー
  • Looopでんき
  • エネワンでんき(Lプラン、LLプラン)
  • ネット電力
  • TERASELでんき
  • Japan電力

電力会社を新規で契約する、乗り換える時は契約状況や使用量を見直すタイミングです。

ご家庭の契約状況と使用量を把握してから、電力会社探しを始めましょう。

ライフスタイルに合ったプランを選ぶ

電力会社を選ぶ際には、ライフスタイルに合ったプランがあるか確認することも大事です。

例えば、あまり家にいないなど電気使用量が少ない一人暮らしの方が、電気使用量が多いファミリー向けのプランを契約すると電気代は高くなってしまいます。

本記事で紹介した北海道でおすすめの電力会社をライフスタイル別にまとめました。

北海道で一人暮らしにおすすめの電力会社

  • HTBエナジー
  • Looopでんき
  • エネワンでんき
  • しろくま電力(ぱわー)

北海道でファミリー世帯におすすめの電力会社

  • HTBエナジー
  • Looopでんき
  • エネワンでんき(Lプラン、LLプラン)
  • ネット電力
  • TERASELでんき(超TERASELプラン)

基本的に一人暮らしに特化したプランを提供している会社は少ないため、一人暮らしの場合は、Looopでんきやネット電力のように基本料金0円の電力会社を選ぶのがおすすめです。

ファミリー世帯の場合は、エネワンでんきのようにファミリー向けのプランや、Japan電力のように電気使用量が多いほど安くなるプランを提供している電力会社がおすすめです。

割引・キャンペーン内容を確認する

電力会社を選ぶ際には、もらえる特典や割引、開催しているキャンペーンの内容を把握することも大事です。

自分が良く使うポイントを貯められる電力会社を選べば、電気代の支払いで効率よくポイントを貯めることができます。

ガスをはじめ、電気と契約をまとめることで受けられる割引がある電力会社では、光熱費をまとめて安くできたり、管理が楽になる可能性が高いです。

また、基本料金が無料になるなどお得なキャンペーンを開催している電力会社を選ぶことでお得に契約・乗り換えができるでしょう。

下記に、本記事で紹介している電力会社で受けられる特典と割引、開催中のキャンペーンをまとめました。

北海道の電力会社のポイント還元まとめ

本記事で紹介した北海道のおすすめ電力会社で、ポイント還元を行っている会社一覧です。

電力会社ポイント名内容還元率
エネワンでんきPontaポイント200円で1ポイント
auでんきPontaポイント8,000円未満:0.5%
8,000円以上:1%
TERASELでんき楽天ポイント200円で1ポイント

エネワンでんきとTERASELでんきは、電気代の支払い200円につき1ポイント貯まります。

エネワンでんきは、ガスとまとめた場合、電気とガスの総支払額に応じてPontaポイントが貯まります。

auでんきは、電気代が8000円未満の場合と8000円以上の場合で、還元率が変わります。

auPAYカードで支払うと、還元率が更に1%あがります。

北海道の電力会社のガス・セット割まとめ

本記事で紹介した北海道のおすすめ電力会社で、ガスやセット割引を行っている会社一覧です。

電力会社セット内容割引内容
エネワンでんきLPガス
都市ガス
灯油
ウォーターワン
LPガス:220円/月
都市ガス:121円/月
灯油:8~12円/ℓ
ウォーターサーバー:165円
auでんき都市ガスガス:2%割引
Pontaポイント:3%還元
idemituでんきガソリン車
電気自動車
ガソリン:2円/ℓ
電気料金:200円/月

エネワンでんきは、セットで契約するものが増えるほど割引額も大きくなります。

auでんきはガス料金割引に加え、Pontaポイントが3%還元されます。

idemituでんきは、ガソリン車または電気自動車を持っている場合、ガソリンや電気料金が割引になります。

北海道の電力会社で開催中のキャンペーンまとめ

本記事で紹介した北海道のおすすめ電力会社で、現在お得なキャンペーンを行っている会社一覧です。

電力会社キャンペーン内容キャンペーン期間
HTBエナジーベーシックプラン基本料金3ヶ月無料2024年4月30日(火)
auでんきauPAY
6,000円分
終了日未定
TERASELでんき①「選べる特典」の付与額が 2 倍(2000PT⇒4000PT)
2024年2月29日(木)まで

auでんきでは、WEBからの申し込みで6,000円相当分のau PAY残高がもらえるキャンペーンを行っています。

TERASELでんきは契約時に選べる特典の一部が2倍になるキャンペーンを行っています。

例えば、Amazonギフト券を選んだ場合、通常2000円が4000円分もらえるお得なキャンペーンです。

HTBエナジーでは、WEBからの申し込みでベーシックプランの基本料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを行っています。

一ヶ月以上基本料金がまるまる0円になるキャンペーンは珍しいです。

上記3社が気になる場合は、キャンペーン期間内に契約するのがおすすめです。

契約期間・違約金を確認する

電力会社を選ぶ際には、自分の契約したいプランに契約期間の縛りがないか、解約の際に違約金が発生しないかを確認しておくことが大事です。

基本的に違約金を設定していない会社の方が多いですが、1年以内の契約解除で違約金を設けている会社もあります。

また、通常プランにはなくとも、期間内に解約した場合は違約金がかかるプランもあります。

下記に、本記事で紹介している電力会社の違約金の有無をまとめました。

電力会社契約期間・違約金
HTBエナジー1年間/2,200円
Looopでんきなし
ネット電力なし
しろくま電力(ぱわー)なし
エネワンでんき1年間/3,300円
Japan電力なし
TERASELでんきなし
idemituでんきなし
auでんきなし

本記事で紹介した中では、エネワンでんきのみ契約から1年以内に解約すると解約金が発生します。

しかし、引っ越し先でも利用を続ける場合は解約金がかからないといった免除されるケースもあるため、契約前にしっかりと条件を確認しましょう。

解約金の相場は一般的に1,000〜2,000円ほどですが、決して安くはない金額の為、契約前に確認しておくことで余計な支払いを避けることができます。

口コミ・評判を見る

電力会社を選ぶ際には、その電力会社と実際に契約している・契約したことがある人の口コミや大まかな評判を見ることも大事です。

ネットでの評判は悪くとも、実際に契約している人は満足していたり、その逆もあり得るためです。

当サイトが調査した口コミを調べる際に利用する媒体で一番多かったのは、「口コミ・レビューサイト」でした。

生活インフラ×口コミに関する調査結果「口コミを確認する際に一番利用する媒体」

しかし、ネット上にあふれる口コミの中で、どの口コミを参考にするかも注意が必要です。

自分には当てはまらない口コミを鵜呑みにして、本当はお得な電力会社を見逃してしまわないために、専門家が口コミの見極め方を3つ紹介します。

  • ポイント1:家族構成やライフスタイルが重なる口コミ以外は参考程度にする
    生活インフラは家族構成やライフスタイルにより最適な会社が異なります。 口コミ投稿者の生活環境が不明な場合はあくまで参考程度に留めておきましょう。
  • ポイント2:主観的な口コミではないかをチェック
    人の感覚はさまざまなため、主観的な口コミを鵜呑みにするのは危険です。例えば、『対応が遅い』などといった口コミは実際にかかった日数や時間等まで言及されていない場合はあまり重視しない方が良いでしょう。
  • ポイント3:サービス名の表記ゆれにも考慮してリサーチを
    ネット上の口コミには“Looop電気”、“ループでんき”、“Loopでんき”など同じサービスでも表記ゆれして投稿されているケースが少なくありません。さまざまなキーワードで検索してみると多くの口コミを見ることができます。正式なサービス名で記載されている口コミの方が知識や経験が豊富で理解が深いユーザーの口コミである傾向が見られます。

口コミはあくまで参考程度として、そのまま鵜呑みにしないことが大事です。

自分と似た状況、環境にいる人の口コミを参考にして、電力会社を選ぶ基準の一つにすることがベストだといえるでしょう。

新電力会社のメリット・デメリットを理解する

新電力会社には、メリットも多くありますがデメリットもあります。

しかし、メリットとデメリットをしっかりと理解していれば、お得に利用できることがほとんどです。

新電力会社の主なデメリットとされているのは、下記の2点です。

新電力会社の主なデメリット

  • 市場連動型である
  • 独自の調整費がある

本記事でも紹介したLooopでんきは、市場連動型を採用しています。

市場連動型は市場に合わせて電力量料金単価が変わるため、季節や電気の需要によって価格が高くなることがあります。

安い時は安いものの価格が常に不安定であり、支払いの見通しもたてにくいというデメリットがあります。

そのため、Japan電力やTERASELでんきが採用している単価固定制の方が安心できるという人にはおすすめできません。

しかし、2023年1月〜9月までは、どの月もLooopでんきの方が北海道電力より格段に安くなっています。

また、朝昼など市場価格が安く電気代が安くなりやすい時間帯に利用することで、更に電気代を抑えることができます。

現状は、市場連動型におけるデメリットよりも、メリットの方が上回っているといえるでしょう。

また、本記事でも紹介したネット電力やしろくま電力(ぱわー)のように、独自の燃料調整費を設けている電力会社もあります。

独自の調整費は市場価格などによって毎月変動するもので使用量に応じて支払うため、価格高騰のリスクを負っているというデメリットがあります。

そのため、エネワンでんきのように大手と同額の燃料調整費を採用している電力会社の方が安心できるという人にはおすすめできません。

しかし、ネット電力やしろくま電力(ぱわー)は、元々の基本料金と電力量料金が格安に設定されているため、独自の調整費を加味しても北海道電力よりも安いです。

そのため、現状は独自燃調制度におけるデメリットよりもメリットが上回っているといえます。

市場連動型、独自の調整費=デメリットと決めつけるのではなく、メリットもあることを把握しつつ、自分に合っているか否かを考えて契約しましょう。

北海道で電力会社を契約する際のよくある質問

北海道で電力会社を契約する際のよくある質問をまとめました。

Q.北海道の電力会社と契約した際の電気代の内訳は?

電気料金内訳

北海道の電力会社と契約した際の電気代の内訳は、「基本料金」「電力量料金」「燃料調整費(または独自の調整費)」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の4つです。

算出方法は「基本料金+((電力料金単価×1ヶ月の使用電力量)±(燃料調整単価×1ヶ月の使用電力量))+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×1ヶ月の使用電力量)」となります。

電力量料金と再生可能エネルギー発電促進賦課金単価と燃料調整費は使った分だけ電気代に影響するため、電気代が高いと感じる場合は使用量を見直してみましょう。

Q.北海道の新電力に変えて電気の質は変わる?

北海道の新電力会社に変えることで、電気の質は変わりません。

新電力に切り替えた後も、ご家庭に電気が送られてくるのは北海道電力(⼀般送配電事業者)の送電網のため、電気の質はそのままです。

Q.北海道の電力会社を切り替える際に必要なものは?

北海道の電力会社を切り替える際に必要なものは、主に「供給地点特定番号」「お客さま番号」「契約名義」「支払い用クレジットカード/口座情報」の4点です。

「供給地点特定番号」「お客さま番号」は契約中の電力会社の検針票、またはマイページで確認することができます。

切り替える際は、乗り換え先の申し込みページに上記4つを入力して申し込みます。

解約手続きや切り替え作業は、新たに契約する乗り換え先の電力会社が行ってくれます。

そのため、契約中の会社に解約の連絡や手続きを行う必要はありません。

まとめ

ここまで、北海道でおすすめの電力会社を紹介してきました。

結論、北海道の電力会社で今一番おすすめ・一番安い電力会社は「HTBエナジー」です。

一人暮らしもファミリー世帯も、北海道電力よりもかなり安くなるため、おすすめです。

また、市場連動型ではない電力会社の中で一人暮らしにおすすめなのは、「エネワンでんき」です。

市場連動型ではない電力会社の中でファミリー世帯におすすめなのは、現在お得なキャンペーン中の「しろくま電力(ぱわー)」です。

本記事では、北海道電力よりも安くなる電力会社だけを紹介しています。

是非本記事を参考に自分に合った安い電力会社を見つけ、これから寒い季節を迎える北海道で、お部屋も懐も温かい冬を迎えてください。

\北海道でおすすめNo.1!/
藤沢太郎
執筆者
ライフラインアドバイザー

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。所有資格はネットワークスペシャリスト。ネットワーク全般に関する知識を証明する資格で、光回線のネットワーク設計や運用に関わる場合に役立っています。現在は電気通信主任技術者を勉強中。

…続きを表示

\【簡単】2ステップで一番お得な電気料金を診断/

無料シミュレーションで、あなたにピッタリな電気料金が分かる!

当サイトでは、「住所」「世帯人数」の2つを選ぶだけで、お得な電気料金を診断できます。

\利用者数5,000人突破!/

目次を見る
×