お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. auひかり
  5. auひかりの実際の評判は?2chで噂の速度や注意点など真相を徹底解明!
  6. auスマートバリューの適用条件は?解約したい場合や確認方法など全情報を徹底解説!
\ たった10秒! /
お得なネット回線が見つかる料金シミュレーション
ネット回線
加藤朗 2022年8月19日

auスマートバリューの適用条件は?解約したい場合や確認方法など全情報を徹底解説!

auスマートバリューの適用条件は?解約したい場合や確認方法など全情報を徹底解説!

月々のスマホ代が最大で1,100円割引される「auスマートバリュー」。

最大で10回線まで加入できますので、家族で利用すればかなりオトクになります。

今回は、そんなauスマートバリューについて、適用条件や割引金額、手続きの方法など、さまざまな角度から解説していきます。

  • auスマートバリューの対象や適用条件を知りたい
  • auスマートバリューの申し込み方法は?WiMAXでも使える?
  • auスマートバリューに入っているか調べる方法は

などなど、気になる質問にもお答えしていきます。

加藤朗
執筆者
生活インフラ(ネット・電気・ガス・水道)代理業歴10年のアドバイザー
加藤朗 プロフィール

大手家電量販店でネットや電気の相談業務に10年ほど携わる。Webマーケティング会社に就職し、web集客のノウハウを学んだ後に独立。前職の経験を活かし、時にwebコンサルタント、時に生活インフラに悩む人の悩みを解決するアドバイザーとして活動中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

この記事の目次

1
auスマートバリューとは?

auスマートバリューとは、auのスマホやタブレットと、特定の光回線にセットで契約することで、スマホの月額料金が割引されるサービスです。

くわしくは後述しますが、割引額も大きく、適用条件に当てはまる方であれば利用したほうが絶対にオトクです。

1-1
対象のネットとスマホをセットにするとスマホ料金が割引になる

上述もしましたが、auスマートバリューは対象のネット回線とスマホやタブレット回線をセットで契約することで、毎月の携帯電話料金が割り引かれるサービスです。

気になる割引金額については、「auスマートバリューの割引額は?」で掘り下げていますので、参照してみてください。

また、以下で解説するように、auスマートバリューは家族での適用も可能です。

1-2
auユーザーの家族も割引が適用される

auスマートバリューは、家族が利用しているスマホやタブレットにも適用されます。

適用可能な回線数は最大で10回線。割引の最大額は1,100円ですので、最高で毎月11,000円の割引が受けられるのです。

以下の表に、家族が使用している端末数に応じた割引金額(最大の場合)をまとめました。

家族の人数1ヶ月の割引金額1年(12ヶ月の割引金額)
1人1,100円13,200円
2人2,200円26,400円
3人3,300円39,600円
4人4,400円52,800円
5人5,500円66,000円
6人6,600円79,200円
7人7,700円92,400円
8人8,800円105,600円
9人9,900円118,800円
10人11,000円132,000円

たとえば4人家族で全員がauの端末を使っている場合は、月額で4,400円、1年間で52,800円もの割引額となります。

1人でも十分オトクですが、家族で利用するとより金額が大きくなり、家計の負担を減らすことができますよ。

離れて住んでいる家族も手続きをすれば割引適用に!

50歳以上の家族がauのスマホを利用している場合、契約者の住所以外に住んでいてもauスマートバリューが適用されます。

条件さえ満たせば、遠い場所に住んでいる両親や祖父母などでも適用できますので、さらにオトクに使えるといってよいでしょう。

2
auスマートバリューの割引額は?

ここからは、auスマートバリューの割引額について確認していきましょう。

2022年7月現在、auスマートバリューの割引額は1,100円と550円の2種類になっています。

それぞれの割引額に加えて、旧プランの割引額などを解説していきます。

2-1
使い放題MAXとタブレットプラン20は1100円割引

1,100円の割引を受けられるプランは、使い放題MAXシリーズとタブレットプラン20となっています。詳細は以下のリストを確認してください。

  • 使い放題MAX 5G ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G テレビパック
  • 使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G DAZNパック
  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G テレビパック
  • 使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G DAZNパック
  • 使い放題MAX 4G
  • タブレットプラン20

現在契約できるプランでは、上記が1,100円割引の適用対象です。

2-2
ピタットプランは550円割引

550円の割引適用になるのはピタットプランです。詳細は以下のリストを参照してください。

  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)

現在契約可能で、割引額が550円となるプランは以上となります。

2-3
現在終了している旧プランの割引額

現在受付が終了している対象プランを、以下のリストにまとめました。

まずは、1,100円の割引金額が適用されていたプランです。

  • データMAX 5G ALL STARパック
  • データMAX 5G テレビパック
  • データMAX 5G Netflixパック(P)
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G with Amazonプライム
  • データMAX 5G
  • データMAX 4G LTE テレビパック
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • データMAX 4G LTE
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン25 NetflixパックN
  • auフラットプラン20N
  • auフラットプラン7プラスN
  • auデータMAXプラン
  • auフラットプラン30
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • auフラットプラン20
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン5(学割専用)

次に、550円の割引が適用されていたプランの一覧です。

  • 新auピタットプラン
  • auピタットプランN(s)(2GBまで。2〜20GBまでは1,100円割引)
  • auピタットプラン(2GBまで。2〜20GBまでは1,100円割引)
  • auピタットプラン(s)(2GBまで。2〜20GBまでは1,100円割引)
  • データ定額1(3年目以降)

最後に、1,100円と550円以外の割引額が適用されていたプランの一覧を紹介します。

  • データ定額1(1,027円 / 2年間)
  • データ定額2/3(1,027円)
  • データ定額3cp(1,027円)
  • ジュニアスマートフォンプラン(1,027円)
  • シニアプラン(1,027円)
  • LTEフラットcp(1,027円)
  • U18データ定額20(1,551円)
  • データ定額5/8/20(1,551円 / 2年間)
  • データ定額5cp(1,551円 / 2年間)
  • LTEフラット(1,551円 / 2年間)
  • ISフラット(1,551円 / 2年間)
  • プランF(IS)シンプル(1,551円 / 2年間)
  • データ定額10/13/30(2,200円 / 2年間)
  • データ定額1(ケータイ)(1,027円 / 2年間)
  • データ定額2/3(ケータイ)(1,027円)
  • データ定額5/8(ケータイ)(1,551円 / 2年間)
  • データ定額10/13(ケータイ)(2,200円 / 2年間)
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)(1,027円)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)(1,100円)
  • LTEフラット for DATA(m)(1,551円 / 2年間)
  • LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)(1,551円 / 2年間)

以上が、現在契約できるauスマートバリューの対象プランと、過去のプランになります。自分がスマートバリューの対象プランに入っているかどうか確認したいときは、ぜひ活用してみてくださいね。

3
auスマートバリューの適用条件

auスマートバリューの適用条件は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • auのスマホやタブレットを利用していて、対象の料金プランに加入している
  • auスマートバリューが適用される光回線+ひかり電話を契約している(またはauが提供するホームルーターやWiMAXと契約している)
  • auスマートバリューに申し込む

3-1
auのスマホやタブレットを利用していて、対象の料金プランに加入している

auのスマホやタブレットを利用していて、対象の料金プランに加入していることが、第一の条件になります。

対象プランに関しては、先ほど解説した「auスマートバリューの割引額は?」に一覧がありますので、参照してください。

3-2
auの光回線+ひかり電話、またはホームルーターやWiMAXと契約している

auスマートバリューの適用条件として、光回線やホームルーターの利用が必要です。この条件は以下の2つに分けることができます。

  • auスマートバリューが適用される光回線+ひかり電話を契約している
  • auが提供するホームルーターやWiMAXと契約している

それぞれの条件の詳細を見ていきましょう。

auスマートバリューが適用される光回線+ひかり電話を契約している

auスマートバリューは、ネット回線に加えてひかり電話への加入が必要です。

ただし、一部のケーブルテレビ局では、ネット+テレビ、あるいはテレビ+電話でも対象になる場合があります。

対象となる光回線については、「【一覧表】auスマートバリュー対象の光回線はどこ?」で解説していますので、そちらを参照してください。

auが提供するホームルーターやWiMAXと契約している

auが提供している「auスマートポート」「auホームルーター」、または「WiMAX+5G」を利用していて、指定の料金プランに加入すれば、スマートバリューの適用対象になります。

「auスマートポート」の対象機種は以下のとおりです。

  • WiMAX HOME 01
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • Speed Wi-Fi HOME L01

対象プランは「ホームルータープラン」「WiMAX 2+ フラット for HOME(現在は受付終了)です。」

「auホームルーター」の適用機種は以下となります。

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11

対象プランは「ホームルータープラン 5G」です。

また、UQ WiMAXが提供している「WiMAX +5G」も対象となります。対象機種や対象料金プランは、契約する事業者によって異なります。くわしくは「WiMAX +5Gルーター」を参考にしてください。

3-3
auスマートバリューに申し込む

auスマートバリューは、対象条件を満たせば自動で適用されるわけではありません。

適用条件を満たしたら、自分で申し込む必要があります

申込みの方法に関しては、後述する「auスマートバリューを申し込む3つの方法」でわかりやすく解説していますので、そちらを参照ください。

4
【一覧表】auスマートバリュー対象の光回線はどこ?

auスマートバリューの対象となる光回線を、以下にまとめました。

  • auひかり(@nifty、@T COM(アットティーコム)、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net)
    ※auひかりの評判は「auひかりの評判は?速度や注意点なども解説」を参考にしてください。
  • auひかり ちゅら
  • コミュファ光
  • eo光
  • Pikara(ピカラ光)
  • メガエッグ
  • BBIQ
  • ひかりJ
  • ひかりゆいまーる
  • エディオンネット

ケーブルテレビに関しては、「対象となるご自宅のインターネット:auスマートバリュー」にある一覧を参照してください。

4-1
auスマートバリューはJ:COMとセットでも適用になる?

ケーブルテレビやネット、スマホや電気など、さまざまなサービスを展開しているJ:COMでも、auスマートバリューを利用することができます。

J:COMの対象サービスを利用し、auのスマホやケータイなどをお使いであれば、auスマートバリューの適用対象となります。対象サービスは以下のとおりです。

対象サービスプラン
J:COM TV(テレビ)スタンダードプラス
スタンダード
コンパクト
セレクト
My style地デジBSデジチューナーコース
J:COM In My RoomプランB
J:COM In My RoomプランBコンパクト
J:COM NET(ネット)全コース対象
J:COM PHONE(電話)J:COM PHONE プラス
J:COM PHONE-i

J:COM TV(テレビ)は、スタンダードプランでも91ch以上の番組が楽しめるサービスです。

J:COM NET(ネット)は、一般的な光回線と同じイメージで捉えていただいて構いません。全プランが対象です。

J:COM PHONEは、J:COMが提供しているIP電話サービスです。

注意点として、対象サービスには2サービス以上加入していないと適用条件になりません。

たとえば、J:COM NET(ネット)+「J:COM PHONEのように、2つ以上のサービス契約が必要となっています。

4-2
auスマートバリューはWiMAXでも適用される!

auスマートバリューはWiMAXでも適用されます。現在、もっともおすすめなのは最新の「WiMAX +5G」。旧サービスである「WiMAX2+」はすでに割引対象外となっていますので、実質一択であるともいえます。

「WiMAX +5G」は、UQ WiMAXやGMOとくとくBBなど、さまざまな事業者が提供しています。

対象機種や対象料金プランは、契約する事業者によって異なりますので、詳細は「WiMAX +5Gルーター」を参考にしてください。

auスマートバリューmineとは?

「auスマートバリューmine」とは、WiMAX 2+ 対応ルーターで対象のプランを契約すれば、auのスマホやケータイ代金が割引になるサービスのこと。

現在はWiMAX 2+からWiMAX +5Gへの切り替えが進んでいるため、au側の対象プランはすべて受付終了となっています。

WiMAXでauスマートバリューを利用したい方は、WiMAX +5Gでの契約を検討しましょう。

5
auスマートバリューを申し込む3つの方法

ここからは、実際にauスマートバリューを申し込む方法を解説していきます。

申込方法は、以下の3種類です。

  • KDDIお客さまセンターに電話する
  • auショップで手続きしてもらう
  • My auから自分で手続きする

各方法の詳細を見ていきましょう。

5-1
KDDIお客さまセンターに電話する

まずは電話での手続き方法です、問い合わせ先はKDDIお客さまセンターになります。

KDDIお客さまセンター

  • 電話番号:0077-7027(または0120-977-033)
  • 営業時間:9:00~20:00(年中無休)

ちなみに、電話は混雑していることが多く、繋がりにくい場合も多々あります。そんな時には、「混雑予想カレンダー」を参考にしてみてください。

5-2
auショップで手続きしてもらう

全国にあるauショップでも、auスマートバリューの手続きが可能です。

最寄りの店舗は「ショップ検索・来店予約」を活用するのが便利です。

ちなみに、申込みにはご本人さま確認書類(原本)と、必要に応じて家族関係証明書が求められます。

5-3
My auから自分で手続きする

3つのなかでもっともおすすめの方法は、「My au」から行う手続きです。

24時間受付であり、混雑もなく、出かける必要もありません。

My auにログインした後、「契約情報」のauスマートバリューの変更ページから申し込みができます。必要な情報は、契約者氏名とひかり電話の番号です。

ちなみに、eo光やBBIQなど、一部の事業者ではMy auで契約ができないケースもあります。その場合は、KDDIお客さまセンターに問い合わせてください。

5回線以上の申込みはau Style/auショップのみ

auスマートバリューに申し込む回線が5回線以上の場合は、au Style/auショップでの申込みとなります。

My auや電話での申込みは4回線までとなっていますので、注意してください。

6
auスマートバリューが適用されているか確認する方法

auスマートバリューが適用されているか確認する方法は、以下の2つです。

  • My auから確認
  • auショップで確認

いずれも簡単に確認できますので、「適用されているか」と心配になったら、ぜひ確認してみてくださいね。各方法を紹介していきます。

6-1
My auから確認することができる

My auから確認する方法は、まず「My au」にログインします。

ログインをしたら、「契約者情報」の項目にauスマートバリューが適用されているかどうかが記載されています。

ちなみに、割引額の確認は「料金内訳」のページから参照できます。

6-2
My auにログインできない場合はauショップでも確認可◎

何らかの理由でMy auにログインできない場合はauショップでも確認できます。

最寄りのauショップは「ショップ検索・来店予約」から検索をかけると便利です。

7
家族もauスマートバリューを適用させる方法

家族をauスマートバリューに適用させる方法は、「My au」、またはKDDIお客様センター、各auショップで行えます。

KDDIお客さまセンター

  • 電話番号:0077-7027(または0120-977-033)
  • 営業時間:9:00~20:00(年中無休)

My auの場合は、ログインをした後に「契約者情報」のauスマートバリューページで手続きをしましょう。その際は、以下の情報が必要になります。

  • 追加したい携帯電話番号
  • 暗証番号
  • 追加する家族の生年月日

電話またはauショップの場合は、オペレーターや店員さんの案内に従って進めていけば問題ないでしょう。必要な情報などは状況によって異なる可能性がありますので、事前に問い合わせをして確認しておくとスムーズです。

7-1
同棲やルームシェアでも同一住所であればauスマートバリューの適用対象

auスマートバリューは、同棲やルームシェアなど、家族関係を結んでいない場合でも「同一住所」であれば適用されます。

必要な書類は、姓が異なるケースでは、健康保険証あるいは発行日より3ヶ月以内の住民票です。

同性婚など、パートナーシップ関係を結んでいる場合では、地方自治体などで発行される、パートナーシップ関係が証明できる書類が必要になることも。

家族の場合と比べてやや煩雑にはなりますが、同一住所であれば割引が効きますので、対象の方は積極的に利用してみるのがおすすめですよ。

7-2
別住所でも50歳以上の家族であればauスマートバリューの適用対象

契約者とは別の住所に住んでいても、50歳以上の家族であれば、auスマートバリューの適用対象になります。

必要な書類はご本人さま確認書類と家族関係証明書になります。申告書は「家族関係申告書」からダウンロードできます。

なお、手続きはau Style/auショップになります。必要書類を用意・記入のうえ、手続きに赴くようにしましょう。

8
auスマートバリューにデメリットはある?

auスマートバリューは積極的に活用したい割引サービスですが、注意しておきたい点もいくつかあります。

本項目では、以下の3つの注意点を解説していきます。

  • 引越しする際は移転先で再度手続きが必要
  • スマホか光回線のどちらかを解約すると対象外に
  • auユーザーが自分だけだとあまりお得にならない可能性がある

各項目を以下で見ていきましょう。

8-1
引越しする際は移転先で再度手続きが必要

auスマートバリューを利用していて別住所に引っ越す場合は、移転先の住所で再度手続きが必要になります。

その際は、当然ながら契約者の住所がネット・スマホともに同一であることが条件です。

手続きは「My au」の住所・連絡先変更から行えます。

ちなみに、J:COMを利用している場合、引っ越しをするとauスマートバリューは解約となってしまいます。

引越し先でも利用したいならば、再度auの申込みが必要になります。

8-2
スマホか光回線のどちらかを解約すると対象外に

auスマートバリューの適用条件はスマホと光回線+ひかり電話など、複数のサービス契約が必要です。

契約条件になっているいずれかのサービスを、1つでも解約してしまうとサービス適用外になってしまいます。

たとえば、スマホと光回線+ひかり電話でauスマートバリューの適用を受けているとして、ひかり電話を解約すると適用外になります。

うっかりと解約してしまい後悔しないためにも、必ず覚えておきましょう。

8-3
auユーザーが自分だけだとあまりお得にならない可能性がある

auスマートバリューの割引額は最大1,100円となっています。

仮にauひかりと契約していたとしましょう。割引の適用条件であるひかり電話の月額基本料金は550円ですので、ひかり電話をまったく使わない方であれば、実質550円ほどの割引額となってしまいます。

これは他社でもそれほど異なりません。また後述するpovoなどは適用外ですので、1回線のみの利用はそれほどオトクではない可能性があります。

いっぽう、家族などで複数回線利用をするならば、かなりオトクなサービスといえます。

自分が利用することでどのくらいオトクになるのか? 他の割引サービスや低料金プランなどと比べてどうかなど、しっかり比較をして決めるのがおすすめです。

9
auスマートバリューはUQモバイルやpovoユーザーも適用される?

auと同じくKDDIが提供しているUQモバイルやpovoの場合は、それぞれ適用・非適用が異なります

それぞれについて、具体的な内容を以下で解説していきます。

とくにpovoは適用対象外となりますので、どちらを契約するか考えている方は必ず確認しましょう。

9-1
UQモバイルユーザーは自宅セット割が適用になる!

UQモバイルを利用している方は、「でんきコース」または「インターネットコース」にセットで加入することで、スマホの月額料金が割引になります。サービス名は「自宅セット割」です。

スマホの対象プランは「くりこしプラン +5G(S/M/L)」となっていて、S・Mは638円、Lは858円が毎月割引されます。

インターネットプランの対象は、ほぼauスマートバリューと変わりません。くわしくは「自宅セット割(対象となるご自宅のインターネット一覧)」を参考にしてください。

9-2
残念ながらpovoはauスマートバリューの対象外

KDDIの新料金プランである「povo」は、残念ながらauスマートバリューの適用対象外プランとなります。

とはいえ、料金プランとしては優秀ですので、auスマートバリューよりオトクになる場合も。割引を適用させた時に、どちらが安くなるかを考えて選ぶと間違いがありません。

10
auスマートバリューを解約したい場合

auスマートバリューを解約したい場合は、結論からいうと手続きは必要ありません

自動で解約されますが、ちょっとした注意点などもありますので、以下で補足していきます。

10-1
解約したい場合は手続き不要

前述したとおり、auスマートバリューを解約したい場合には、手続きは不要です。

auのスマホを解約したり、対象外のプランに変更したりするなど、適用外になれば自動的に解約扱いとなります。

そのため、auスマートバリューの適用対象となっているサービスを解約する場合は、しっかりと「適用外になる」と理解したうえで解約するようにしましょう。

11
auスマートバリューに関するよくある質問

ここからは、auスマートバリューに関するよくある質問にお答えします。

主なトピックは以下のとおりです。

  • auスマートバリューに加入しているか確認するには?
  • auスマートバリューを解約したい場合は?
  • auスマートバリューの「新規ご加入クーポン」は2022年も利用できる?
  • eo光はauスマートバリュー対象
  • auスマートバリューが適用されていない?そんな時に考えられる理由

いずれもよく訊かれるお悩みですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

11-1
auスマートバリューに加入しているか確認するには?

auスマートバリューに加入しているかどうかは、「My au」で確認が可能です。

くわしくは、「auスマートバリューが適用されているか確認する方法」を参照してください。

11-2
auスマートバリューを解約したい場合は?

auスマートバリューを解約したい場合は、とくに手続きの必要はありません

くわしくは、「auスマートバリューを解約したい場合」を参考にしてください。

11-3
auスマートバリューの「新規ご加入クーポン」は2022年も利用できる?

auひかりや他の事業者は、auスマートバリューに加入することで割引となる「新規ご加入クーポン」を配布していることがあります。

開催期間は事業者によって異なりますが、auひかりでは現在、auひかり「ずっとギガ得プラン(au one net)+ 電話」に新規申込みをして、auスマートバリューに申し込めば、最大で10,000円が還元されるキャンペーンを開催しています。

これらのキャンペーンやクーポンを利用すれば、よりオトクにauスマートバリューが使えますので、ぜひ調べてみてください。

11-4
eo光はauスマートバリュー対象

関西電力グループが提供しているeo光も、auスマートバリューの対象です。

eo光ネットとeo光電話を契約していて、auのスマホで対象プランに加入していれば、auスマートバリューが適用されます。

11-5
auスマートバリューが適用されていない?そんな時に考えられる理由

auスマートバリューが適用されていない時に考えられる理由としては、まず申し込み忘れが挙げられるでしょう。auスマートバリューは自分で申し込みをしないと加入できません

申込みは「My au」から行えます。電話、auショップでも手続き可能です。

また、加入しているサービスを解約したため、auスマートバリューの適用外になっているといった可能性も考えられます。自身が適用条件を満たしているかどうかを確認しましょう。

12
まとめ:auスマートバリューはauユーザーの家族が多ければ多いほどお得◎!

今回は、auスマートバリューについて、適用条件や割引額、申し込み方法など、さまざまなトピックを解説してきました。

auスマートバリューは、適用できる家族の回線が多ければ多いほどオトクになります。また同一住所に住んでいれば家族以外にも適用できますので、利用できる方は積極的に加入してみるのがおすすめです。

auスマートバリューのことでお悩みの際は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村