お役立ちコラム 検索
プランの閲覧履歴 最新0件を表示しております。

閲覧履歴がありません。

  1. TOP
  2. コラム
  3. ネット回線
  4. GMOとくとくBB光
  5. GMOとくとくBB光の評判って実際どうなの?口コミから見える料金や速度の真実を解説
\ たった10秒! /
お得なネット回線が見つかる料金シミュレーション
ネット回線
小西春 2022年9月1日

GMOとくとくBB光の評判って実際どうなの?口コミから見える料金や速度の真実を解説

GMOとくとくBB光の評判って実際どうなの?口コミから見える料金や速度の真実を解説

GMOとくとくBB光の口コミを見ると、速度が遅いと言われていたりキャンペーンの内容が分からなかったり料金面が本当に安いのか比較し辛かったり、と、沢山の疑問が出てきたのではないでしょうか?

この記事では

  • GMOとくとくBB光の料金
  • GMOとくとくBB光の契約期間
  • GMOとくとくBB光のキャンペーン内容
  • GMOとくとくBB光の開通までの流れ
  • GMOとくとくBB光の速度

など、光回線を比較中のあなたが気になるGMOとくとくBB光のすべてをご紹介致します。

現在、GMOとくとくBB光での契約を検討している方には大変有益な内容になっておりますので、是非最後までお読み下さい。

小西春
執筆者
小西春 プロフィール

伝えるならとことんしっかり!知識のない方にもわかりやすくという視点を忘れずに、光回線の記事を書いています。長年通信会社に勤務し、身に付けた膨大な知識をwebライターとして活用しています。プライベートでも光回線を利用し、オンラインゲームを一人暮らしの部屋で満喫中。
≫他の記事を読む

…続きを表示
藤沢太郎
監修者
ネット回線・新電力の専門家
藤沢太郎 プロフィール

福岡県出身。2013年に早稲田大学商学部を卒業後、大手通信会社に就職。ネット回線や携帯の販売員や販売企画戦略マネージャーを経験を活かし、ネット回線メディアや新電力メディアの運営に従事。記事を読んだ人が「最適な光回線を選べること」や「ネット環境が快適になる」ことを目標に日々執筆に励んでいる。
≫他の記事を読む

…続きを表示

1
結論!GMOとくとくBB光がおすすめなのはこんな人

結論、GMOとくとくBB光は大手のプロバイダの中でも基本金額の安さと縛りなしが強みのとてもお得な光回線です。

光回線選びをなるべく安く気軽に使用したい人におすすめの回線と言えるでしょう。

またキャンペーンなどは少ないですが、シンプルなプランで構成されていて光回線が初めての人でも使用しやすいかと思われます。

GMOとくとくBB光評判
料金ファミリータイプ 4,818円
マンションタイプ 3,773円
★★★★★
速度1Gbps★★★★☆
キャンペーンWi-Fiルーター0円でレンタル
(3年以上ご利用の場合は
そのままプレゼント)
工事費実質無料
★★★☆☆
エリア全国対応★★★★☆
サポート電話窓口
お問い合わせフォーム
AIチャット
★★★☆☆

因みにGMOとくとくBB光は元々GMO光アクセスという名前でサービス提供していましたが、途中で名前が変わりました。

公式サイトではどちらの名前も存在するような状態ですが、どちらも同じものを指すのでご安心ください。

2
GMOとくとくBB光は料金が安いって本当?

契約の際、やはり気になる料金面。GMOとくとくBB光は月額料金が安いです。

今回は大手の回線と契約期間の縛りがない縛りなしの2つで項目別にみていきたいと思います。

2-1
大手の光回線と比べて安い

戸建てマンションタイプ
GMOとくとくBB光4,378円3,773円
auひかり5,610円3,740円~
ドコモ光5,720円4,400円
NURO光5,200円2,090円~

GMOとくとくBB光は、光回線で主流なネット回線とプロバイダ(ネット回線と家のネットを繋ぐ事業者)がセットでの提供となるので、月額料金は上記以上に掛かることはありません

GMOとくとくBB光はauひかりやドコモ光など、他社で実施している大きな特典はないものの、シンプルに安く大手プロバイダが利用できるサービスと言えます。

口コミもこのようにプラス意見が多く、安心材料になりますね。

2-2
縛りなしの中でも平均的

最近増えてきた縛りなしの回線は月額が安いことが多いですが、その中で見るとGMOとくとくBBは平均的な印象です。

戸建てマンション
GMOとくとくBB光4,378円3,773円
おてがる光3,999円2,991円
enひかり4,620円3,520円
エキサイトMEC光4,428円3,355円

ただGMOという大手のサーバーを使用するという安心感平均通信速度に差があることを加味すれば妥当な料金なのではないでしょうか。

この速度の差についても次の章で見ていきましょう。

3
GMOとくとくBB光は速度が遅いという噂の真相は?

光回線で最低限の条件はやはり、回線速度。日常生活でストレスの内容に使用できるものを求めているはず。

口コミだとどちらもあるようですね。

速度の体感は使用用途にもよるかと思いますので、ここからは数値で見ていきましょう。

3-1
NTT回線で最大1Gbps

まずは最高速度から確認していきましょう。

GMOとくとくBB光は、NTTの回線を使用しているため、フレッツ光やソフトバンク光などの光コラボと同じ最大速度の使用が可能になっています。

最速値
GMOとくとくBB光1Gbps
ドコモ光1Gbps
auひかり1Gbps
NURO光2Gbps
おてがる光1Gbps

そのため、上記の表から確認できるように最大速度は他社と比べても平均的です。

NURO光など回線速度が速い回線は使用できる地域や建物なども限られるので、平均的な最速値という点は大きなマイナスなポイントにはならないかと思います。

3-2
平均速度も遅くない

ただ大切なのは最速値よりも平均値です。何故なら、日常、最速値で速度が維持されることはどのプロバイダもありえないことなので、普段使用している際の数値がより参考になるからです。

平均値上り下り
GMOとくとくBB光303Mbps352Mbps
ドコモ光217Mbps182Mbps
auひかり369Mbps315Mbps
NURO光459Mbps436Mbps
おてがる光133Mbps94Mbps

引用元:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBB光の速度平均は305Mbps~303Mbps平均値よりも少し速いという印象です。

縛りなしで金額が安いおてがる光と比べても圧倒的に実測値が速い結果となっています。

GMOとくとくBB光速度
出典:GMOとくとくBB光

日常生活で快適な速度は大体10Mbps(スマホは5Mbps)~100Mbps程度と言われているので、数値で見ても実際使用する上では問題ない数値かと思います。

数字にするとわかりやすいですが、GMOとくとくBB光が遅いという話はあるものの、多くの方が満足に利用できているような結果が出来ているので、ネガティブな噂はあくまで少数の意見かもしれませんね。

もちろん、回線を繋げる場所によっても差は出てきますが、このスピード感はメリットと言えるのではないでしょうか。

3-3
高速通信「V6プラス」が利用できる

GMOとくとくBB光のスピードが安定している秘密は「V6プラス」と言うオプションです。

このV6プラスはオプションとして無料で受けることが可能。申請なども必要なく、サービスを利用していると標準装備として利用ができます。

口コミでも人気のオプション。このオプションで何が変わるのか気になりますよね。

V6プラスは、速度を安定させるために通信の道筋をIPv4(PPPoE方式)からIPv6に切り変え、混雑を防ぐような働きをします。

GMOとくとくBB光IPv6
出典:GMOとくとくBB光

図で表すとこのようなイメージになります。

現在標準装備されているIPv4は、 通信量の増加により各地域の設備が混雑しているため、IPv6接続サービスの利用をすると地域や時間帯の影響が少ない快適なインターネットを使用できるという仕組みですね。

V6プラスを使用すれば、より便利で快適な回線環境でストレスがなくなりそうです。

3-4
ラグの要因「Ping値」も悪くない

オンラインゲームなどを使用する方はチェックが必須になる「Ping値」ですが、GMOとくとくBB光は数値として平均的で大きなラグは発生しずらいです。

Ping値
GMOとくとくBB光20.05ms
auひかり18.57ms
ドコモ光19.99ms
NURO光13.41ms
おてがる光24.79ms
enひかり22.16ms
エキサイトMEC光16.41ms

Ping値は低ければ低いほど、ラグが少なく快適に使用できます。

正直特別数値が低い!と言う訳ではありませんが、オンランゲームの応答速度の目安である30msは超えているので、生配信の視聴なども含め、使用感には問題ないかと思います。

3-5
大手GMOとくとくBBが提供

GMOとくとくBBはプロバイダー運営実績20年以上のGMOインターネットグループ株式会社が運営しているプロバイダになります。

GMOとくとくBB光顧客満足度
出典:GMOとくとくBB光

オリコンの顧客満足度で1位を取ったことのある企業というだけで安心感ありますよね。

因みにこの顧客満足度の評価の中には通信速度も含まれており、GMOとくとくBBはずっと良好な評価を受けています。

3-6結論:GMOとくとくBB光の速度は快適

様々な角度からGMOとくとくBB光の速度について確認してきましたが、ここまででGMOとくとくBB光の速度は快適に使用できることが分かりました。

速度をより快適に使用したいという方は、「V6オプション」も一緒に使用することをおすすめします。

NTTの回線を使用し、プロバイダはGMOとくとくBB

長年業界で活躍していた2つの業者のコラボが生んでいる安心感と、その安心感にそぐう実測値で快適なインターネット生活が期待できますね!

4
GMOとくとくBB光の評判から見えたメリット

GMOとくとくBB光は料金面や速度面にもお得なメリットがたくさんあります。 ここからは細かく内容を見ていきましょう。

4-1
いつでも解約違約金が0円

昨今増えてきた契約期間の指定がない縛りなしの回線ですが、GMOとくとくBB光も縛りなしの回線にあたります。

そのため、突然の引っ越しで解約せざるを得ないシチュエーションになったり、他の回線を試したいと他社への変更を考えるなど、どんなタイミングであっても違約金が掛かりません。

契約期間
GMOとくとくBB光縛りなし
ドコモ光2年
auひかり3~2年
NURO光3年
おてがる光縛りなし

他社との比較だとこのような結果になります。大体、2年くらい相場で違約金も10,000円以上かかることが多いので、長期契約までは考えてないという方にはおすすめです。

注意:解約違約金0円になる窓口はここだけ!

上記で説明した縛りなしですが、申し込みする際に必ず確認してもらいたいことがあります。

実はGMOとくとくBB光は公式の申し込みページがいくつかあり、サイトによっては2年間の契約期間が発生してしまうことがあります

申し込みフォームが違うだけで契約内容が変わってしまうなら絶対に縛りなしのほうが安心できますよね。

後ほど、申し込み方法と一緒にお得な申し込みフォームも紹介致しますので、お得に契約しちゃいましょう!

4-2
Wi-Fiルーターがもらえる

ここまで金額が安いとキャンペーンは殆どないのでは…と思われる方も多いと思いますが、GMOとくとくBB光のキャンペーンでは高スペックのWi-Fiが無料が期限なしで貸し出ししてもらえる上に、3年間以上の契約であればそのままプレゼントしてもらえます。

現在ルーターを持っている人でも新しいものでを使用が出来ますし、他社だと貸し出しは最初の1年だけと言うキャンペーンが多い中、三年間以上の契約であればそのままプレゼントしてもらえるなんて太っ腹ですよね。

気になるWi-Fiの種類は下記を参考にしてください。

BUFFALO製:WSR-2533DHP2 BUFFALO製:WSR-2533DHP3 NEC製:PA-WG2600HS
ELECOM製:WRC-2533GST2 NEC製:PA-WG2600HS2

3,300円でおかわりルーターも

ルーター一つ目は無料。家の広さからするともう一つくらい中継のルーターを買おうかな…なんて悩みが出てくることも。

そんな時に紹介したいのがGMOとくとくBB光のおかわりルーター制度。

3,300円でWi-Fiルーターがもう一つ借りられるというものです。

実際使用している人からも好評なようですね。一軒家の2階だと繋がり辛く困っているという方は是非、利用してみてください。

4-3
対応エリアは全国区

条件が気に入った光回線でいざ契約、と言うタイミングで自分の住んでいる地域は対象ではない、なんてこともあるものです。

GMOとくとくBB光はフレッツ光回線を使用している光コラボなので、フレッツ光が使用できる場所ならばどこでも使用ができます。

もちろん、フレッツ光は安心の全国対応。GMOとくとくBB光も同じく全国対応になります。

引っ越しなどで使用出来なくなると言うようなシチュエーションもなくなり安心ですね。

東西を跨ぐ引っ越しは継続不可

ここで1つ注意しなくてはいけないのが、フレッツ光を提供しているNTTコミニュケーションズは東日本と西日本で会社が異なるという部分です。

別会社故に、東日本から西日本への引っ越しやその逆のパターンの場合、そのまま継続して使用が出来ないことになっています。

引っ越し後、同じようにGMOとくとくBB光を使用したい場合は、一度解約手続きを済ませ、再度契約するという形になるので注意が必要です。

5
GMOとくとくBB光の評判から見えた注意点

ここまでGMOとくとくBBのおすすめ出来るポイントを説明していましたが、逆に契約するまでに注意し、確認してもらいたい内容をお伝えしたいと思います。

5-1
工事費は実質無料だけど…

契約の際、光回線を繋げる工事は必須になりますが、その際の工事費はどうなっていくのでしょうか。

ファミリータイプマンションタイプ
GMOとくとくBB光26,400円25,300円
ドコモ光19,800円16,500円
auひかり41,250円33,000円
NURO光44,000円44,000円
おてがる光19,800円19,800円

工事費はおおよそ平均の価格です。高いものでは倍ほどかかるので許容範囲というところでしょうか。

3年間使わないと無料にならない

GMOとくとくBB光では工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。毎月工事費の分割分、割引きされるというものです。

分割は36分割とされており、月どちらも700円前後になるのですが、注意してほしいのは36という数字です。

36(分割回数)÷12(1年の月)=3

計算すると工事費すべて払い終わるのは、3年もの年月がかかるのです。

途中で解約した場合、残金の支払いが必要となるので、折角縛りがなく違約金が掛からず解約が可能なのにも関わらず、残りの工事費を支払う負担が増えてしまいます。

以前は全額返済まで5年となっていましたので、より使いやすいサービスになったことは間違えありませんが、早い段階の解約も選択肢の中にある方はこの件も加味して検討することをおすすめします。

引っ越しの工事費は掛からない

工事費が掛かるのは実は最初だけではありません。

引っ越しなどでもう一度契約するという形になった場合もう一度工事費がかかってしまうかも、と不安に思われることもあると思いますが、GMOとくとくBB光では再工事費は基本無料です。

時間指定は追加料金がかかる

再工事は基本無料なのですが、追加料金が必要な場合もあります。

夜間深夜に工事を実施する場合NTT東日本NTT西日本
昼間(9:00-17:00)0円(時刻指定をする場合は+12,100円)
夜間(17:00-22:00)27,610円
深夜(22:00-8:30)44,210円
土日祝に工事を実施する場合3,300円

時間指定をした場合、日中でも追加料金が必要です。夜間や深夜の工事は通常の工事よりも金額が大きく変わるので気を付けてください。

また土日祝日などでも、工事費が掛かります。工事費の支払いが丸々必要な回線もあるため、この程度の規定は許容範囲だと感じます。

5-2
スマホセット割がない

光回線で重要視されがちなスマホの割引きですが、残念ながらGMOとくとくBB光ではセット割がありません

その分元の金額が安く提供できるというような面もあるので、別のプロバイダで契約した際の月額+スマートフォン代で考えてみるのも良いかもしれませんね。

5-3
申し込みから開通までは2週間~1ヶ月かかる

工事までの期間ですが、通常期間は2週間から1か月

早ければもちろん嬉しいですが、引っ越しと同時に使いたいなど、希望がある場合は時間がかかることも見越してなるべく早めに問い合わせることをおすすめします。

特に引っ越しシーズンと呼ばれる2月から4月は混雑が予想されるので早めの行動が吉となりそうです。

6
GMOとくとくBB光申し込みまでの流れを知りたい

ここまで読んでGMOとくとくBB光への加入を検討される方の中には、どのような流れで申し込みから開通まで進んでいくのか知りたいと言う声もあるのではないでしょうか。

実はGMOとくとくBB光には、代理店がありません。そのため、お得な申し込み窓口などは存在しないため、そのまま公式サイトから申し込みをしましょう。

それでは、公式サイトからの申し込みの流れを細かく説明致します。

6-1
WEBや電話で申し込み

開通までにはまず申し込みが必要です。WEBサイトや電話、どちらでも申し込み可能!

申し込みのサイトですが、序盤でお伝えした通り、申し込みフォームにてキャンペーンが変わってしまうので必ず確認してから申し込みしてくださいね!

おすすめの申し込みページはこちら

申し込みの際にお客様情報と工事の希望日を入力すると、2~3日以内にGMOとくとくBBからメールで確定した工事日の連絡が来るので当日まで待ちましょう。

6-2
ルーターが先に到着

工事日の約一週間前になるとルーターが先に発送されますので、工事より前に受け取りましょう!

高機能ルーターが家に来るといよいよ、開通が近くなっている感じがしてきますね。

6-3
開通工事スタート!

宅内工事が必要な場合は工事担当者が設置先の自宅に来てくれます。

NTT側の工事のみの場合は立会いは不要!開通完了のメールが到着すれば、自宅でインターネットの利用が可能です。

繋がっている状態だけだと有線でしか使用ができないので、次は先に届いていたWi-Fiルーターを繋いでみましょう。

無料レンタルのルーターの場合、接続ID・パスワードの設定は不要です。

あとは30分待てば、設置完了。快適なインターネット生活をお過ごしください!

7
GMOとくとくBB光よくある質問

それでは最後にGMOとくとくBB光で契約を検討している際、よく出る質問について解決していきます。

7-1
GMOとくとくBB光の利用者の評判は?

GMOとくとくBB光は基本金額の安さと縛りなしが強みのとてもお得な光回線です。 基本料金はファミリータイプ(4,818円)、マンションタイプ(3,773円)。最大速度も1Gbpsと安さと速度兼ね備えています。 GMOとくとくBB光についての詳しい情報は ▹結論!GMOとくとくBB光がおすすめなのはこんな人◃ からチェックしてくださいね!

7-2
GMOとくとくBB光は速度が遅い?

GMOとくとくBB光は最大速度1Gbpsで平均速度276.99Mbpsと日常生活では充分すぎるくらいの通信速度です。 他社との比較などの細かい情報は ▹GMOとくとくBB光は速度が遅いという噂の真相は?◃ をご確認ください。

7-3
GMOひかり電話オプションって何?

GMOひかり電話は光ファイバーを利用した固定電話のサービスです。

アナログ電話よりも月額料金や通話料金が安くお得なIP電話になります。

基本料金にプラスして別のオプションなども付けることが可能なので、光回線の変更と一緒に自宅で使用する様々な回線の見直しをするのも良いのではないでしょうか。

7-4
GMOひかりテレビオプションって何?

GMOひかりテレビは光ファイバーを利用して、テレビアンテナの代わりにするというサービスです。

使用することで地上デジタル放送やBSデジタル放送の視聴が可能になります。

こちらのオプションを使用する場合、別途で工事費がかかるので注意しましょう。

ひかりテレビ工事費
テレビ4台までの接続工事費21,780円
テレビ1台までの接続工事費7,150円
自分でテレビに接続する場合0円

工事費は上記の通りです。一括払いも分割も可能ですので、自分にあった支払方法を選んでくださいね。

7-5リモートサービスサポートって?

リモートサービスサポートでは遠隔で専用スタッフが操作行い、パソコンの操作方法やウイルス対策など様々な問題を解決してくれるという内容になっています。

年中無休で9時から~21時まで対応してくれているので、機械の扱いが苦手…という方も安心して使用ができます。

7-6
問い合わせ窓口は?

次に問い合わせのフォームについて説明します。

GMOとくとくBB光ではお問い合わせフォームとAIチャットが常駐しており、こちらは年中無休+24時間営業でいつでも質問したり、問い合わせをすることが可能です。

ただ細かい内容などはAIチャットでは解決できないため、問い合わせフォームを使用していくような形になります。その場合タイムラグは出てしまうのが少々難点です。

早急の対応を望む場合は、電話窓口の使用が最適かと思います。

電話対応もなんと年中無休!時間は10:00~19:00までになりますので、都合の良いタイミングで問い合わせしてみてください。

月曜日、金曜日は電話が込み合うことが多いそうなので、なるべく避けることをおすすめします。

7-8
解約方法は?

最後に解約手続きについてですが、GMOとくとくBB光は縛りがないので、解約金は必要ありませんが他社と同じように手続きが必要となります。

  • BB naviへログイン
  • 「サービス・オプションの削除・解約」をクリックして「解約」を選択しましょう
  • 表示される注意事項をチェックし、「解約」ボタンを押す
  • 解約手続き完了後、必要であれば機器の返却や撤去工事
  • 解約証明書を発行してもらう

以上で解約の手続きはすべて終了です。解約が成立後、翌月からネットサービスが使用できなくなりますので、必ず覚えておきましょう。

違約金がないので、解約のタイミングは自身で決められるのは本当に助かりますね。

8
まとめ

ここまでGMOとくとくBB光ついて詳しく説明してきましたが、最後は特におすすめな人をまとめていきます。

  • 光回線の支払いをなるべく安くしたい人
  • 契約期間の縛りがなく回線を使用したい人
  • キャンペーンなどシンプルなコースで使用しやすい回線を探している人

最初にお伝えした通り、GMOとくとくBB光は基本金額の圧倒的安さと縛りなしが強みです。

価格が安く、安定した通信速度の光回線を検討している方は「GMOとくとくBB光」を選ばれてはいかがでしょうか。

facebookでシェア

Twitterでツイート

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ ブログランキング参加中 /

人気ブログランキング / にほんブログ村